医薬品卸業者の薬剤師の求人

職業:薬剤師

54views

Red and pink capsules

 

医薬品卸業者の薬剤師の仕事内容

 他の小売業と同様に、医薬品も製薬企業から直接販売されるわけではなく、卸問屋を介して病院や診療所、薬局などに納入されます。医薬品卸業が他の製品の問屋と異なる点は、商品の流通だけでなく、情報の流通まで担うということです。特にMS(marketing specialist)による医薬品の安全性・有効性情報の提供は薬局における主な医薬品情報の入手先となっています。

 

 医薬品卸業者に勤務する管理薬剤師の業務内容は多岐に渡ります。日常業務としては、物流倉庫内の医薬品の出庫や入庫を行ったり、ロット番号や有効期限などの管理を行います。在庫のない医薬品の発注があった場合は、他の支店と連絡を取り都合をつけます。また、麻薬や向精神薬、覚せい剤原料などの特殊な医薬品の管理と出入庫、それに伴う文書管理、薬局や病院の医療従事者に配布するDIの作成といった仕事があります。さらに特殊な業務としては、MSへ薬物治療や薬事の教育を行ったり、新薬の市販直後調査(PMS)の情報収集を行い製薬企業に提供します。

 

  • 医薬品卸業者の薬剤師は在庫管理の日常業務からDIの作成などまで。

 

医薬品卸業者の薬剤師の給与・待遇

 医薬品卸業者の薬剤師の年収相場は350~550万円とされ、薬局に勤務している薬剤師と比べるとやや劣ります。近年は国策として、薬価を下げて差益を圧縮することで医薬品の過剰投与で儲からなくする仕組みができつつありますが、そのしわ寄せが医薬品卸業者にも来ていると言っても良いでしょう。業界全体の売り上げがやや右肩下がりであることは否めませんのでそのあたりも年収にある程度反映しています。

 

 医薬品卸業者の中には、地域密着型の小規模な卸業者だけでなく、上場しているような全国チェーンの卸業者もあります。どちらかと言えば、規模の大きい医薬品卸業者の方が年収が高くなる傾向にあるようです。就業時間は一定しており、ほとんど残業が発生することはありません。プライベートを充実させたい薬剤師の転職には向いている職種かもしれません。

 

  • 医薬品卸業者の薬剤師はそこまで年収は高くないが残業などは少ない。

 

医薬品卸業者の薬剤師の転職チャネル

 医薬品卸業者においては、各支店に管理薬剤師が1名ずつ配置されています(調剤薬局においても管理薬剤師という職位がありますが、実際に行う業務 はやや異なります)。医薬品卸業者に勤務している薬剤師は薬局や病院に勤務している薬剤師よりも数が非常に少なく、求人数も決して多いとは言えません。したがって、居住地域の医薬品卸業の薬剤師の求人を探すのは容易ではありません。

 

  医薬品卸業者の管理薬剤師に向いている人材は、病院や薬局よりもはるかに多くの医薬品の種類を扱うため、国内で販売されている数万という医薬品 の種類や規格、製造販売元や発売元、コプロモーション先などの知識があることです。適性があるとお考えで転職を希望する場合は、先述のとおり求人はそう多くないですが、根気をもって転職サイトで探してみましょう。別のチャネルとしては知り合いに医薬品卸業者のMSがいれば、薬剤師の募集が無いか聞いてみるのも一つの手です。

 

  • 転職チャネルとしては薬剤師の転職サイトに掲載されることがあるがそこまで多くはない。

 

本記事は2015/04/23の情報で、内容は薬剤師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!リクナビ薬剤師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する