CROへの薬剤師転職のポイント

職業:薬剤師

45views

imasia_13851806_M

 

 

CRO・CRAとは?

 CRO(Contract Research Organization)とは、「医薬品開発受託機関」のことを指します

 

 1990年代の中ごろより、製薬企業が行う臨床試験において、自社で全ての業務を行うのではなく、外部委託できる臨床試験業務は専門業者にアウトソーシングするという流れが確立されました。この受け皿となったのが、CRO(医薬品開発受託機関)と呼ばれる企業と言う訳です。

 

 CRO(医薬品開発受託機関)では従来の製薬企業の臨床開発部で行われてきた、治験のデザインから、実施医療機関におけるモニタリング、治験データの管理や、薬事申請など大部分の業務を請け負うようになっています。

 

 

 また、CRO(医薬品開発受託機関)に在籍している、CRA(Clinical Research Associate)は、臨床開発モニターのことを指しています。CRA(臨床開発モニター)は、製薬会社と医療現場の橋渡しをする役割を担っており、新薬が開発されるタイミングで必要不可欠な、「治験(臨床開発試験)」が、適正に行われているか監視・チェックをするポジションの職種です。

 

 ちなみに、どちらも治験を支援する組織である、CRO(医薬品開発受託機関)とSMO(治験施設支援機関)は、似て非なるものとなり立ち位置は大きく違います。CRO(医薬品開発受託機関)は製薬会社がクライアントとなり、製薬会社サイドの立場で業務を遂行し、SMO(治験施設支援機関)は医療機関がクライアントとなり、医療機関の現場で業務を遂行します。

 

 さらに、CRO(医薬品開発受託機関)はCRA(臨床開発モニター)が在籍し、SMO(治験施設支援機関)では、CRC(治験コーディネーター)が在籍しています。

 

参考CROとCRAについて具体的に教えてください

CRO業界とCRAという職業について、具体的に教えてください。

現在化粧品メーカーで営業職に就いています。 会社の業績や今後の人生プランを考え、転職したいと考えています。先日転職エージェントを利用しキャリアアドバイザーさんと面談を行いました。 ...

 

CRAの薬剤師の業務内容

 CRA(臨床開発モニター)は新薬をいち早くリリースに結びつける役割を担っています

 

 新薬をリリースするためには、実際の効果や影響など安全性のチェックが不可欠となり、それがなければ市場にリリースすることはできません。実際に薬の効果や影響などを調べるのは製薬会社の専門職であったりはしますが、そのためには、治験結果を適正に担当へと伝えるCRA(臨床開発モニター)の存在は必要不可欠となるのです。

 

 CRA(臨床開発モニター)の主な業務内容は、クライアントである製薬会社から委託された臨床試験を、不正がなく円滑に実施するうえで必要なモニタリングを行っていきます。具体的には、実施医療機関や責任医師がGCPに合致しているか調査を行い、実施医療機関への治験依頼や契約手続きを行います。

 

 

 また、治験開始後には治験薬を交付したり、被験者登録の進捗状況の確認や、計画書通りにプロトコールが進んでいるかの確認を行います。プロトコールが終了したら治験薬を回収したり、症例報告書の回収やチェック、治験の終了手続などの業務を行います。

 

 CRC(治験コーディネーター)が主に被験者に関わるのとは対照的に、CRA(臨床開発モニター)においては治験医師や医療機関との関わりが強くなります

 

CRAの薬剤師の年収や働き方

 CRA(臨床開発モニター)として働いている薬剤師は、一度病院や薬局などに就職して現場経験を積んだ後で、CRAに転職するケースが多いです。

 

 

 CRA未経験で病院や薬局などの医療機関から転職する場合には、年収相場が350~500万円と決して高いものではありません。ただし、CRA(臨床開発モニター)としての経験を積んで転職をした場合には、年収相場が500~1200万円と高額にな事例もあります(高年収の事例は管理職や外資系など)。まれに、製薬会社にヘッドハントされる場合もあります。

 

 働き方としてはCRO(医薬品開発受託機関)から製薬会社へ派遣されて勤務することになりますので、製薬会社側の人間として、臨床試験に関わることになります。基本的には、医療機関を訪問する外回りが中心の業務となりますので、時間の管理がしっかりできないと、残業が発生しやすい職種の一つであると言えます

 

CROへの薬剤師の転職

 CRO(医薬品開発受託機関)へ薬剤師が転職する場合、CRA(臨床開発モニター)とDM(データマネジメント)2つの職種があります。その求人の多くがCRA(臨床開発モニター)と言えるでしょう。

 

 CRA(臨床開発モニター)職は、薬剤師や看護師などで医療機関の勤務歴がある人が主に担うため、CRO(医薬品開発受託機関)やCRA(臨床開発モニター)専門の転職求人サイトをはじめ、薬剤師転職サイトにもある程度の求人が掲載されています。もちろん一般の大手転職サイトに、CRA(臨床開発モニター)の求人が掲載されていたりもします。

 

 

 CRO(医薬品開発受託機関)が、薬剤師でもあるCRA(臨床開発モニター)に求めているのは、実施医療機関の医師やスタッフと円滑にコミュニケーションを図れる人材であり、またGCPなどの臨床試験の実施基準に関する知識が豊富で、担当するプロトコールを熟知していることが望まれます。

 

 近年では、国際共同試験が行われることも多いため、TOEICの一定の点数を採用条件として設けている職場もあります。

 

 一方でDM(データマネジメント)職は、CRAが集めたデータを解析・報告をする役割であり、薬学知識とデータ処理能力が求められる専門度の高い職種です。 事務作業が中心となるので、コミュニケーションが得意でなかったり、事務作業が好きな薬剤師に向いているでしょう。

 

参考CRO業界への転職には資格が必要?

CRO業界への転職には資格が必要?

ニュースを見ていると、最近色々な医薬品が開発されており、よく話題に上がっていたために、調べていたところ、臨床試験を専門に扱うCROという業界があることがわかりました。薬の開発は製薬会社だけが行うものと...

参考CRO業界の魅力

臨床開発モニター(CRA)の魅力とやりがい

臨床開発モニターはやりがいの大きい仕事 臨床開発モニターの仕事は、非常に多くの魅力とやりがいがあります。そのため、臨床開発モニターの次の職種であるCTLやLMを望むのでなく、臨...

 

CROの求人

 続いて、CRO(医薬品開発受託機関)で薬剤師が転職時に就く職種と言われている、CRA(臨床開発モニター)とDM(データマネジメント)の求人について、詳しく見ていきましょう。今回、「CRO」の求人数が多い各社求人サイトをご紹介します。

 

CRAばんく

 CRO(医薬品開発受託機関)の求人数が2160件と最多だったのが、CRA(臨床開発モニター)・CROの求人・転職に特化した求人サイト「CRAばんく」です。

 

 

CRAばんく ※CROの検索結果)

 

 CRA(臨床開発モニター)の求人数は1090件、DM(データマネジメント)の求人数は388件と、どちらについても求人の掲載があります。

 

 さらに全国47都道府県に対応しており、大手CRO、中小CRO、製薬企業の求人までカバーされています。登録すると、専任コンサルタントが転職サポートをしてくれます。

 

マイナビエージェント

 続いて、CRO(医薬品開発受託機関)の公開求人数が142件と2番目に多かったのが、大手の転職サイト「マイナビエージェント」です。

 

マイナビエージェント ※CROの検索結果)

 

 この様な一般的な大手転職サイトの中では、「マイナビエージェント」が1番、CRO(医薬品開発受託機関)求人の数が多かったです。ちなみにCROの非公開求人は474件と記載があります。エージェントサービス利用の場合(無料登録)、コンサルタントが非公開求人の紹介などを行ってくれたりと、転職をサポートしてくれますので登録をおすすめしたいです。

 

DODA

 引き続き、CRO(医薬品開発受託機関)の公開求人数が112件と3番目に多かったのが、大手の転職サイト「DODA」です。

DODA ※CROの検索結果)

 

 「マイナビエージェント」に引き続き、「DODA」にもCROの求人がありました。こちらもエージェントサービス利用の場合、キャリアコンサルタントが、非公開求人の紹介など、転職をサポートしてくれますので、合わせて登録をするのがよいでしょう。

 

 このように、CRO企業のCRA(臨床開発モニター)やDM(データマネジメント)の求人を探す場合には、CRAに特化した専門の求人サイトはもちろん、「マイナビエージェント」や「DODA」等、大手の転職サイトで探していくことをおすすめしたいです。さらに無料登録をすると、キャリアコンサルタントが非公開求人や自分にマッチした求人を紹介してくれたりもしますので、まずは無料登録をして情報収集をはじめて行きましょう。

 

CRO業界の大手企業

 ここではCRO業界と言えばでおなじみのCRO企業についてご紹介します。CRA(臨床開発モニター)やDM(データマネジメント)に転職を考えている方は、ぜひご参考ください。

 

シミック

日本で初めてのCRO事業をスタートしたパイオニアの企業。グループで6000名を超える大企業でもあり、医薬品開発支援、医薬品製造支援、医薬品営業支援と幅広い範囲でのビジネスを展開しています。さらに、国内では約8割の新薬に携わっていると言われています。

イーピーエス

癌をはじめ、循環器領域や中枢神経領域に強い企業。グループの総合力で、製薬会社と医療機器会社の開発をフルサポートできる体制も整っています。また、働きやすさを日々追及されている企業でもあります。

 

IQVIAサービシーズジャパン 日本でグローバルCRO・グローバルCSOとして業界を牽引している外資系の企業。製薬会社の臨床開発に国際的な視野を持って貢献。グループで世界約100カ国・36000名以上の社員が働く大企業であり、医薬品開発から営業支援・市販後調査など総合的なサービスを提供をされています。
パレクセル・インターナショナル

アメリカに本社があるグローバルCRO企業(外資系)。グループで世界51カ国・18000名程の社員が在籍し、医薬品や医療機器等の開発における臨床試験をサポートしています。

 CRO業界を代表する企業を4社ご紹介しました。上記以外にも、CRO企業は存在しています。自分が希望する条件にあったCRO企業を見つけていきましょう。

 

本記事は2018/07/09の情報で、内容は薬剤師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!リクナビ薬剤師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する