保健行政の薬剤師の求人

職業:薬剤師

49views

imasia_12834780_M

 

 都道府県の地方公務員として、薬剤師が毎年若干名募集されています。その多くが、公立病院の病院薬剤師であることが多いのですが、一部は保健所をはじめとした保健行政の勤務になる場合もあります。保健行政の薬剤師の役割は、管轄地域の衛生を司ることで地域住民の健康を守るということです。

 

 収入面や雇用面が安定しており、非常にやりがいのある仕事ですが、最新の薬物治療や医学に触れる機会や、患者さんと直接話をする機会が減少することなどがデメリットとして挙げられます。どちらかと言えば医薬品や薬物治療に関わる知識よりも、公衆衛生に関する知識が要求されます。ただし、定年まで行政職を続けられる可能性は低く、公立病院の薬剤師に異動になることも多いようです。

 

保健行政の薬剤師の業務内容

 各保健所には薬務係として薬剤師が1名配置されています。その主な業務内容としては、薬事衛生と食品衛生に関わることです。

 

 薬事衛生においては、薬事法やその他の医薬品に関わる法律に基づいて、医療機関や薬局などが適正に医薬品の取り扱いを行っているかを定期的に立ち入り検査します。また、薬局が開業する際にはその相談にのったり、薬剤師会などと連携して地域住民に対する健康教室を開いたり、薬剤師に対する講習会を行ったりします。

 

 食品衛生においては、飲食店が開業する際に調理や食品の取り扱いについての相談を受けたり、飲食店に対して衛生管理に関する立ち入り検査を定期的に行います。食中毒が発生した時には店舗や患者の調査を行い、原因の究明と被害の拡大を防ぎます。

 

  • 保健所には薬務係として薬剤師が必要。仕事内容は薬事衛生と食品衛生に大分される。

 

保健行政の薬剤師になるには

 保健行政の薬剤師は地方公務員に該当するため、通常の薬剤師の転職サイトには求人の掲載はほとんどありません。都道府県のホームページや新聞広告などで募集される場合が多いようです。地方公務員は一般的に狭き門と言われていますが、薬剤師の場合は他の地方公務員よりも倍率が低いため、比較的合格しやすいと言われています。

 

 また、国公立大学の薬学部や私立薬科大学に対して、その都道府県の保健行政職の求人情報が届けられることがあります。もし大学時代の恩師と繋がりがあるなら、その方にお願いして紹介してもらうという方法もあります。そのような繋がりを利用して受験した場合は、さらに採用されやすい傾向にあるようです。

 

  • 保健行政の薬剤師は一般的な薬剤師転職マーケットに求人が出ることはほぼない。

 

保健行政の薬剤師の給与・待遇

 保健行政の薬剤師は地方公務員であるため、年収は都道府県の俸給表に従って決められます。年収相場は350~600万円といったところです。年功序列となるため、30代までの年収は薬局や病院の薬剤師よりもやや低め、40代で追いついた後は、高めの水準を維持できます。保健行政の薬剤師は残業が発生することはほとんどなく、比較的働きやすい環境にあると言えます。年収や職場環境に加えて、退職金や福利厚生などまで考慮すると、公務員の方に分があると言えるかも知れません。

 

  • 保健行政の薬剤師は公務員なので給与安定・福利厚生充実・残業少なめなどメリットがある。

 

本記事は2015/04/23の情報で、内容は薬剤師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!リクナビ薬剤師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する