製薬会社の薬剤師の求人事情!学術や臨床開発職など様々な仕事内容も解説

職業:薬剤師

175views

imasia_13949402_M

 

 

 製薬会社ではいくつかの職種があり、職種によって薬剤師の仕事内容は大きく変わってきます。製薬会社の職種には、医薬品の安全性などを確認したり、薬事の申請業務を専門で行う「臨床開発職(品質管理担当/薬事担当など)」、医薬品の在庫管理や品質管理をする「管理薬剤師(学術職のDI業務を兼任の場合も)」、医薬品に関する情報収集・管理や医薬品の問い合わせ対応を行う「学術職(DI業務)」、営業職として医療関係者に医薬品の製品情報を提供する「MR」、新薬を開発する「研究職」などが挙げられます。ここでは、製薬会社の仕事内容や年収、求人事情などを各職種別に詳しくご紹介していきます。

 

製薬会社の臨床開発職

 

製薬会社の臨床開発職の仕事内容・年収

 臨床開発職の業務を簡単にお伝えすると、前臨床試験をクリアした物質を人に投与する臨床試験(治験)を企画・運営し、その結果をもとにPMDA(医薬品医療機器総合機構)に医薬品としての申請を行い、上市させることが最終目標となります。

 

 近年では、海外で実績がある医薬品の場合、ブリッジングを行う例も多く国内の治験の症例数を抑えている場合もあります。複数の国で同時に国際共同試験として同じプロトコールの治験を行う事例も増加しています。これらから言えることは、他国の担当者と連絡を取り合ったり国際共同試験のプロトコールを読み解くためには、少なくとも英語の知識が必須であるということです。さらに、内容によっては海外に赴任する必要が生じることもあります。

 

 

 製薬会社の臨床開発職として、薬剤師の資格が重視されるのは、「品質管理担当(QC)」「薬事担当(メディカルライティング)」でしょう。

 

 「品質管理担当(QC)」においては、治験が薬事法やGCPに基づいて実施されているか、治験計画書からのずれが無いかなどの監査を行う業務になります。「薬事担当」は、治験結果の論文を執筆したり、医薬品医療機器総合機構(PMDA)に提出する申請書類を作成したりする業務が中心です。

 

 その他、薬剤師が活躍できる臨床開発職としては、以前は治験医療機関に出向いて治験の進捗状況を管理するモニター職がありましたが、近年では医薬品開発受託機関(CRO)の登場によって、製薬会社内でモニター職の採用は減少し、現在では医薬品開発受託機関(CRO)から臨床開発モニター(CRA)が派遣されることが多い傾向にあります。

 

 また、医薬品開発受託機関(CRO)や実施医療機関、被験者などの関係先が多く、臨床開発モニター(CRA)や治験コーディネーター(CRC)、治験実施医師など様々な職種と関わりがある仕事となります。業務自体も忙しく、夜遅くまで働くことも多いと言われていますので、ワークライフバランスを重視する人にはあまり向かないかもしれません

 

 臨床開発職の年収相場は400~800万円程と言われています。年収に開きがありますがやはり企業規模の大小によったり、内資系や外資系の違いによる給与に対するスタンスの違いとして現れていると言えるでしょう。

 

参考開発薬事への転職のポイントは?

医薬品開発部門のCRAです。開発薬事への転職のポイントは?

CRA8年目になりますが、開発薬事に興味があるものの、現在の会社ではCRAとして働くことを求められており、社内公募などもないので薬事に異動することが難しそうです。薬事未経験のCRAから他社の薬事に...

参考CROの臨床開発モニターと製薬メーカーの臨床開発モニターの違い

CROの臨床開発モニターと製薬メーカーの臨床開発モニターの違い

CROの臨床開発モニターと製薬メーカーの臨床開発モニターはどう違いますか?業界経験者の方お願いします。...

 

製薬会社の臨床開発職の求人事情

 薬剤師が製薬会社の臨床開発職に就くためには、製薬会社で学術や研究職としての経験を積んでから異動するという方法や、製薬会社の臨床開発実務のアウトソーシング先となるCRO(医薬品開発受託機関)でCRA(臨床開発モニター)の経験を積んでから転職するという方法などがあります。

 

 薬局や病院などの薬剤師からの転職は容易いものではありませんが、少なくとも一般的に行われる薬物治療について熟知しているということや医薬品を取り扱う現場を経験しているという観点では、重宝される可能性があります。

 

 実際に大手転職サイト「DODA」で、製薬会社の臨床開発職の求人を検索すると、39件のヒットと求人は多くはありません。

 


DODA ※検索結果)

 

 「DODA」で製薬会社の臨床開発職の各求人を見ていくと、臨床開発業務をはじめ、医薬品開発の統計解析業務や薬事業務、安全性情報管理業務、臨床データマネジメント業務など臨床開発職でも様々な仕事内容や役割での募集があることがわかります(薬剤師の資格不問の求人も含む)。

 

 臨床開発職の年収については前述したように製薬会社の規模によっても変わってきますが、400万円~600万円程を提示している企業が多い傾向にあります。

 

参考製薬会社の臨床開発部門へ転職した人の声

製薬企業の臨床開発部門で同業他社への転職!

大学での研究を活かせる製薬企業へ就職するが、長時間労働・残業未払いの会社に不信感を抱くようになる。結婚を機にワークライフバランス・中長期的にキャリアを積むことができる会社へ転職することを決め、リクルートエージェント・製薬業界専門エージェントに登録しよりよい環境を求め・・・

 

製薬会社の学術職(DI業務)

製薬会社の学術職(DI業務)の仕事内容・年収

 製薬会社の学術職(DI業務)の主な仕事内容は、医師や薬剤師、看護師などの医療従事者や、MRやMSなどの営業職からの医薬品に関する問い合わせに対して回答するという業務を中心とします。その他には、学術講演会や病院などに出向いて医師や薬剤師に対して製品案内を行ったり、安全性情報や有効性情報などをまとめた資料を作成したりする仕事などがあります。

 

 学術職(DI業務)の仕事は、残業が発生することが少なく、職場もオフィスワークが中心となるため職場環境としては良好です。特に学術職(DI業務)は、女性薬剤師が家事や子育てをしながら働くのには向いていると言われます。企業側もその点に配慮して託児所を設けている場合が多いです。

 

 学術職の年収相場は400~550万円程度とされますが、アルバイト・パートの場合であれば時給制で週2~3日程度で募集されることもあり、時給は2000~3000円が相場となっています。

 

製薬会社の学術職(DI業務)の求人事情

 製薬会社の学術職(DI業務)では、現場で起こる「困ったこと」や「わからないこと」をよく理解した上で対応できるような人材、つまり薬局や病院などで実務を積んでいる人材を求めるため、積極的に現場上がりの薬剤師を学術職として採用しています。薬剤師以外の人材としては、4年制大学の理系学部を卒業した人が多い傾向にあります。

 

 冒頭で述べたように、製薬会社の研究職、臨床開発職、MR職などは、薬剤師の転職サイトに求人情報が少ない傾向にありますが、学術職(DI業務)については薬剤師の転職サイトにも求人が掲載されていることがあります。これは、現場を経験したことのある薬剤師が望まれるためです。

 

 


マイナビ薬剤師 ※検索結果)

 

 実際に上記の薬剤師専門の転職サイト「マイナビ薬剤師」で、学術職(管理薬剤師含む)の求人を検索すると、135件のヒットがあるなど、薬剤師専門の転職サイトに掲載されていることがわかります。

DODA ※検索結果)

 

 一般的な大手転職サイトにも求人が無いわけではありません。大手転職サイト「DODA」で学術職を検索すると38件のヒットがありました。

 

製薬会社のMR職

 

imasia_1077811_M

 

 製薬企業のMR(医薬情報担当者)においては必ずしも薬剤師である必要はありません。国内に約6万人いると言われているMRのうち半数以上は文系大学の卒業者が占めており、薬剤師の資格を持つMRは1割程度と言われています。ただし、薬学部が6年制へ移行してからMRを志望する薬剤師はやや増加傾向にあります。

 

MRの仕事内容・年収

 MRの主な仕事内容は医師や薬剤師など医療従事者に対する、医薬品の安全性情報や有効性情報の提供や、医療現場で発生した医薬品の副作用などの問題に関する情報収集です。MRは欧米では医療職の一つとして見なされています。

 

 しかし、日本におけるMRは、実際のところ営業職としての色合いの方が濃く、売り上げ目標の達成状況により給与額や賞与額が決まる厳しい世界です。

 

 MRは、医師に対する接待や講演会・情報交換会のセッティングなど、深夜にまで業務が及ぶことも少なくありません。医療職であり、営業であるという二面性のために、時にはジレンマを抱えることも多いとされます。薬剤師の資格保有者がMRを希望する傾向が増えているのは先述の通りです。

 

 

 MRになるためには、製薬会社に就職して実務を半年経験したのち、年に1回行われるMR認定試験を合格することで、その資格を手に入れることができます。薬剤師の国家資格を持っている場合、試験の一部科目(病態生理や薬事関連法規など)が免除されるため、合格しやすくなります。

 

 ちなみにMR認定試験の合格者選定方法は、一定の点数のラインが決められるものではなく、成績の良い順に約80%の受験生が合格するという方式で選定されると言われます。それだけに、一部科目の免除は合格率向上に寄与します。

 

 MRに転職した場合の年収相場は400~1000万円程度であり、会社の規模や個人の業績によって大きく差が出ます。

 

参考MRの仕事内容を詳しく教えて下さい

MRの仕事内容を詳しく教えて下さい

高収入と言われる製薬MRについて情報収集中です。仕事内容を詳しく教えて下さい。...

参考第二新卒でMRに転職した人の体験談

第二新卒!MRとして更なる飛躍を求め転職

大学卒業後、就活中に目指していた製薬会社営業(MR)に内定する。年功序列で女性は結婚後離職してしまうという職が環境に不満が募り、同業他社で女性が活躍できる企業を探し転職活動。育休、産休、有給が取りやすく、成績を正当に評価してくれる外資系企業を友人に紹介され・・・

参考MRで複数回の転職をした人の体験談

MRで2度目の転職。働きやすく風通しの良い職場へ!

製薬会社の医療情報担当者(MR)として中小・大手と2社に勤務するも、ノルマに対する上司の締め付けに疑問を抱き、風通しが良く正当に評価してくれる職場への転職を希望し、働きながら転職活動を開始し・・・

 

MRの求人事情

 MRの求人は、通常の薬剤師専門の求人サイトに掲載されることはほとんどありません。MR・製薬業界専門の転職サイトや一般的な大手転職サイトを利用して転職する場合が圧倒的に多いです

 

 薬剤師の場合は最初からMR採用でなくても、製薬企業に学術部の社員として採用されたのち、異動によってMRになるなどのMRへの転職事例も少ないながらあります。これは、薬剤師資格を活かしたMRへの転職方法の1つと言えるでしょう。

 

 また、MRになる場合の雇用形態ですが、製薬企業の正社員として就職できる場合と、CSO(医薬品営業業務受託機関)の派遣社員として採用される2パターンがあり、前者の方が給与や待遇など優遇されますが、狭き門となることが多い傾向にあります。ちなみにCSOの派遣社員は、正社員雇用ではあることが多く、製薬会社のMR不足を補てんするようなイメージです。

 

 実際に製薬会社のMRを調査すると、やはり薬剤師専門の求人サイトには掲載があまりなく、「DODA」など一般的な大手転職サイトの方が求人数があります。非公開求人も多いと言われている職種でもあるので、転職エージェントなどを利用して、情報収集して行きたいところです。

 


DODA ※検索結果)

 

 また、「MR BiZ」などMR専門の転職サイトにも求人が出ていますので、そちらも合わせてチェックして行きましょう。

 

参考薬局薬剤師から製薬会社のMRになれる?

薬局薬剤師から製薬会社のMRになれるでしょうか?

今は調剤併設型ドラッグストの薬局部門で働いている者です。新卒で今の会社に10年くらい勤務しており、今年で35歳になります。OTC経験はお手伝い程度で、基本的には調剤をしています。私の大...

 

製薬会社の売上高ランキング

 数ある製薬会社の求人の中でどの企業を選べば良いのか、応募について迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、ここでは当サイト内で公開している製薬会社の売上ランキング(2017年調べ)や、各企業の詳細と勤務経験者による口コミを合わせてご紹介します。求人へ応募する際の参考になれば幸いです。

 

1位

武田薬品工業
武田薬品工業の詳細・勤務経験者による口コミ

2位

アステラス製薬株式会社
アステラス製薬の詳細・勤務経験者による口コミ

3位大塚ホールディングス
大塚ホールディングスの詳細・勤務経験者による口コミ
4位第一三共
第一三共の詳細・勤務経験者による口コミ
5位

エーザイ
エーザイの勤務経験者による口コミ

6位

中外製薬
中外製薬の詳細・勤務経験者による口コミ

7位

田辺三菱製薬
田辺三菱製薬の詳細・勤務経験者による口コミ

8位

大日本住友製薬
大日本住友製薬の詳細・勤務経験者による口コミ

9位

協和発酵キリン
協和発酵キリンの詳細・勤務経験者による口コミ

10位

塩野義製薬
塩野義製薬の詳細・勤務経験者による口コミ

 製薬会社の売上ランキングの11位以降はこちらでご確認頂けます。

 

薬剤師が製薬会社への転職を成功させる方法

 上記からわかるように製薬会社の求人は製薬業界専門の転職サイトや一般的な大手転職サイトに掲載されることが多く、薬剤師の転職サイトを見ると求人情報が少ない傾向にあります。しかし、一部の職種については薬剤師専門の転職サイトに掲載されていることもありますので、合わせてチェックしていきましょう

 

人気の一般転職エージェント
人気1位リクルートエージェント
人気2位マイナビエージェント
人気3位DODAエージェントサービス
人気の薬剤師転職エージェント
人気1位ファルマスタッフ
人気2位リクナビ薬剤師
人気3位マイナビ薬剤師

 また、中にはやはり非公開求人で募集を出している製薬会社もあるでしょう。転職エージェントでは、条件がマッチした場合にそういった製薬会社の非公開求人を紹介してもらえることもありますし、条件交渉などでの転職活動の負担軽減や、コンサルタントのサポートなどで面接の合格率向上にもつながります。

 

 まずは、一般転職エージェント薬剤師専門の転職エージェントで情報収集をはじめて行きましょう。

本記事は2018/06/25の情報で、内容は薬剤師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!リクナビ薬剤師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する