教育・販売関連の美容師の求人

職業:美容師

13views

imasia_12616616_M

 

専門学校の先生

 美容師免許、経験を活かして美容学校の先生になることもできます。人に何かを教えることが好きな人に向いています。美容師よりはハードワークでないことが多いです。

 

 ただし先生になるには条件があり、美容免許を持っている、美容院の勤務経験が3年以上ある、教員センターで教員資格をとる必要があります。年齢に制限はないのでいつでも転職することができます。仕事内容は主に美容学生の国家試験対策です。

 

  • 人に教えることが好きなら、美容師資格を活かして先生になる道も。

 

美容ディーラー

 シャンプーやトリートメント、カラー剤などの美容商品を美容院に紹介する美容ディーラーへの転職もあります。美容ディーラーのお客さんは美容院、美容師です。接客とはまた別の営業力が必要になります。

 

 講習会のお知らせや新商品の紹介などをするために担当の美容院を駆け回り、美容院の営業後などに訪問することもありますが、体力的には美容師に比べると比較的楽なことが多いです。サラリーマンなので安定した収入を受けることもできます。

 

  • 美容師からの転職者も多い。営業スキルと商品知識が必要。

 

美容師が希望する転職先は?

 他にも美容師が希望する転職先として下記のようなものがあります。

 

  • 美容部員

 美容部員は特別な資格などは必要ないので美容師免許がなくても転職できますが、美容師の経験や肩書きを活かせば、転職の際も、仕事においても安心感を与えることができます。

 

 美容部員として働くには、派遣会社に登録し各地のデパートなどに仕事に行くか、企業に美容部員として雇ってもらうかになります。商品の説明をしたり実際にお客さんにメイクをするので、接客技術は必須です。商品知識やメイクの技術も当然必要なので、美容師と同じように経験や練習をすることがスキルアップにつながります。

 

  • 化粧品メーカー

 美容師はカラー剤やパーマ剤、トリートメントなどで髪の毛をさまざまに変化させます。この原理を知りたいという気持ちから化粧品メーカーを希望する美容師もいます。ただし、特に美容師向けへの求人が出されていたり美容師が優遇されるわけではないので、自ら行動して転職しなければなりません。

 

本記事は2015/04/21の情報で、内容は美容師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する