美容師の採用先の分類

職業:美容師

20views

imasia_6263441_M

 

ヘアスタイル関連の専門店

 美容師免許を取得して就職を考える際、美容院への就職しかないわけではありません。その他にもカット専門店、カラー専門店、ヘアセット専門店、エクステ専門店など一つのジャンルに特化した仕事もあります。

 

 このような場所に勤務する理由は、その分野が特に好き、能力がある、一つのことに集中して仕事がしたいなどさまざまですが、一度美容院への就職を経験してから転職するケースが多いです。

 

 美容院ではすべての工程を施術、経験できるので、「この施術が好きだからずっとやっていたい」「この施術が苦手なのでやらずに済む職場に行きたい」など個々が感じて職場を探した結果、専門店に転職するということがあります。専門店ですので特定の能力において秀でた技術を手に入れることができます。

 

  • 美容院への就職を経て、カットやカラーなどの専門店に転職する人もいる。

 

ネイル、メイク関連

 美容院でも店舗によってネイルやメイクができる店があり、その数は年々増加しています。店によっては美容師でもメイクの技術が必要なところもあるので、美容師を続けながらでも必然的に勉強はできます。

 

 しかしそこからメイクにのめり込み、専門にしていきたいという思いが出て、メイクの仕事に就くことも多いです。最近だとまつげエクステの流行からまつげエクステ専門店などの職場も人気になっています。

 

  • ヘアスタイル関連以外にもネイルやメイク、まつげエクステなどの専門店もある。

 

販売員、教員関連

 美容師としてお客さんに「美」を提供する以外にも仕事はあります。美容学校の教員、美容ディーラー、ウィッグアドバイザー、美容部員などが挙げられます。

 

 美容学校の教員は名前の通り学校の先生です。人に物事を教えるのが好きな人に向いています。美容院でも後輩ができると指導することになるので、その経験から教員になりたいと思うことがあります。

 

 美容ディーラーとは美容院をお客さんとする仕事で、各メーカーからのシャンプーやトリートメント剤、カラーリング剤などの商品を美容院に紹介して導入してもらう仕事です。分かりやすく言うと営業マンです。美容の技術よりも商品の知識、営業力などが重要になってきます。こちらも美容師からの転職者が多いです。

 

 ウィッグアドバイザーや美容部員は技術を売るのではなく商品を売る仕事です。もちろん接客業なので営業力や知識も必要になり、美容師免許を持っていると強い肩書きになります。

 

  • 技術ではなく商品を売る販売系の仕事もある。

 

本記事は2015/04/21の情報で、内容は美容師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する