ドラッグストア(OTC含)の薬剤師の求人

職業:薬剤師

39views

imasia_533831_M

 

 

 一昔前はOTC薬(一般用医薬品)を購入できるお店と言えば、いわゆる「薬局・薬店」を思い浮かべる人が多かったですが、近年はドラッグストアが増加しています。ドラッグストア業界においては、OTC薬や健康食品、生理用品だけでなく、日用雑貨や食料品、お酒まで幅広い品目の商品扱うことで、またはプライベートブランド(PB)を立ち上げて食品から医薬品まで安価で提供することで、「薬局・薬店」と差別化することに成功したのです。ここではドラッグストア薬剤師について解説します。

 

ドラッグストア(OTC含)の登録販売者と薬剤師

 ドラッグストアで働く薬剤師のターニングポイントとも言えるのは、2009年の登録販売者制度の開始です。それにより、副作用のリスクが比較的高い第一類医薬品を販売しない限りは、ドラッグストアに薬剤師を配置する必要は無くなりました。

 

 

 一部の育毛剤やむくみ改善薬を除いては、第一類医薬品は医療用から一般用に転用されたいわゆる「スイッチOTC」がほとんどです。逆に言えば、それらはドラッグストアで購入しなくても病院を受診すれば健康保険を用いて処方してもらうことができます。それゆえに第一類医薬品を取り扱わないドラッグストアが増加してきています。

 

 2009年以降、ドラッグストア各社が競って登録販売者の養成に乗り出したため登録販売者は増加し、ドラッグストアで対面販売を行う薬剤師は減少傾向にあります

 

参考ドラッグストアの薬剤師ですが、登録販売者ってどのくらい仕事してくれる?

ドラッグストアの薬剤師ですが、登録販売者ってどのくらい仕事してくれる?

ドラッグストアで勤務している薬剤師です。ドラッグストアと言えば、薬剤師の他に登録販売者の方もいると思いますが、みなさんの勤務しているお店の登録販売者の方は、どの程度薬のカウンセリング販売をしてくれます...

 

ドラッグストア(OTC含)で働く薬剤師の仕事内容は?

 ドラッグストアにおける薬剤師の主な仕事内容は対面販売です。

 

 お客様から病気や症状の相談を受けて、その症状や病気に合ったOTC薬や健康食品を選択してお勧めしたり、第一類医薬品を販売する際にはそのお客様が適応するかどうかを判断し、書面を用いて服用方法や副作用、注意点などを説明します。

 

 そういったことからからドラッグストアに向いている薬剤師は、一般用医薬品や健康食品、生理用品などの知識を持ち、適切にお客様に商品をお勧めできる提案力とプレゼン能力を持っている人と言えるでしょう。

 

 

 また最近は、保険調剤を併設したドラッグストアも徐々に増加しています。その場合、原則として対面販売は登録販売者が担い、薬剤師は調剤を中心に行いながら、第一類医薬品の説明や相談応需の時だけ調剤室を出て対応するというパターンが多いとされます。

 

 ドラッグストアには薬剤師や登録販売者だけでなく、店長や正社員、パート職員など多くのスタッフが働いていますが、店舗によってはスタッフ数を少なくして人件費を抑えているドラッグストアもあります。その場合、薬剤師は対面業務や調剤だけでなく、商品出しやレジ打ちなどの業務も行う必要が生じることもあります。

 

 また、薬剤師が店長やエリアマネージャーに昇格すると、売り上げ管理やマーケティング戦略の立案などに携わる場合もあります。また、プライベートブランドの製品開発に関わる場合もあります。

 

ドラッグストア(OTC含)の薬剤師の給与・待遇は?

 ドラッグストアへ中途採用で転職する場合、年収相場は400~750万円程が一般的です。750万円というのは薬剤師店長に昇格したり、エリアマネージャーなどの管理職に就いた場合の年収となります。ドラッグストアの薬剤師は、第一類医薬品の販売を唯一行える職種ということで、ドラッグストア内の他の職種よりも圧倒的に給与面では厚遇されています。

 

 また、一般用医薬品や健康食品の原価率は低い場合が多く、売り上げが多いドラッグストアにおいては、それなりに利益が出るという点も薬剤師の給与面にはプラスに働きます。非薬剤師の店長よりも給与面で優遇されていることがほとんどなので、店長から僻まれるというのはよく聞く話です。

 

 以下は転職ステーション内の「薬剤師のリアルな給与明細調査」に寄せられた、実際の年収例です。

 

 

 都内のOTC専門ドラッグストアで勤務している、20代後半の女性薬剤師の給料明細です。都内勤務で約540万円ほどの年収を得ていますが、「他のドラッグストアの方が、年収が高く昇給をしやすい」とのコメントがあり、現状の給与に不満をもたれているようです。

 

参考ドラッグストアは給料が高いけど、ブラック企業というのは本当?

ドラッグストアは給料が高いけど、ブラック企業というのは本当?

私は国家試験に合格して調剤薬局に勤め始めたのですが、すでにドラッグストアへの転職を考えています。その一番の理由は、給料面です。 私は、地方の私学の薬学部に通い、6年で卒業するところを7年かかり、その上...

 

ドラッグストア(OTC含)を展開している大手企業

 M&Aや新規出店などでドラッグストア業界には近年業績を伸ばしている企業が多数あります。そんなドラッグストアチェーンを下記一覧でご紹介します。当サイトに寄せられた各社の勤務経験者による口コミへのリンクも入れておりますので、合わせてご参考ください。

 

マツモトキヨシ

マツキヨの愛称で知られる言わずと知れた大手ドラッグストアチェーンであり、マツモトキヨシグループの中枢を担う存在。20年以上に渡り売上高が業界トップだったが、2017年には3位に転落している。
マツモトキヨシの勤務経験者による口コミ

ウエルシア

イオングループの大手ドラッグストアチェーン。「現場の意見を尊重する」という社風を掲げており、2017年の売上高は業界トップを誇る。
ウエルシアHDの勤務経験者による口コミ

ツルハドラッグ 北海道に本社を置く、西日本最大規模の調剤薬局・ドラッグストアチェーンであり、2017年の売上高は業界2位。介護サービスにも取り組んでいる。
ツルハHDの詳細
サンドラッグ 業界トップクラスの規模のドラッグストアチェーン。店舗内で。医薬品業務部門と店舗経営部門、業務をふたつに分け、専門業務を分担するという「1店舗2ライン制」を導入している。
サンドラッグの勤務経験者による口コミ
ディスカウント ドラッグコスモス

九州を中心に店舗展開をしているドラッグストアチェーンで、西日本エリアで売上高1位を誇る。コンビニエンスストアに近いスタイルも持ち合わせたドラッグストアも展開している。
コスモス薬品の勤務経験者による口コミ

スギドラッグ(スギ薬局)

「地域医療対応型ドラッグストア」を展開しているドラッグストアチェーン。調剤併設型ドラッグストアというスタイルを徹底している。
スギ薬局の勤務経験者による口コミ

ココカラファイン

全国約1400店舗を展開しており、店舗数と処方箋応需店舗数が業界トップクラスのドラッグストアチェーン。
ココカラファインの勤務経験者による口コミ

カワチ薬品

栃木県に本社を置く、大手ドラッグストアチェーン。メガドラッグストアと呼ばれる郊外の大型店舗を多数展開している。
カワチ薬品の勤務経験者による口コミ

クスリのアオキ

明治2年創業の老舗ドラッグストアチェーン。中部地方を中心に展開している。近年では、調剤併設型ドラッグストアに力を入れている。
クスリのアオキの勤務経験者による口コミ

アインズ

2017年の売上高・店舗数は調剤薬局業界でトップクラスを誇る、調剤薬局業界のリーディングカンパニー。調剤薬局の成長が著しく展開はそちらが中心となり、ドラッグストアは全体の1割ほど。
アインHDの勤務経験者による口コミ

クリエイト

神奈川県に本社を置く、大手の調剤薬局・ドラッグストアチェーン。地盤の神奈川をはじめ、関東・東海を中心に店舗展開をしている。近年では、調剤併設店舗に力を入れており、住宅街店舗が多い。
クリエイトSDの詳細

ウェルパーク

「いなげや」を親会社に持つ、大手ドラッグストアチェーン。という活気で溢れています。ドラッグストアを基盤として首都圏を中心に店舗展開しており、地域の方々の健康をサポートすることを目標に掲げている。
ウェルパークの勤務経験者による口コミ

ドラッグセイムス

さまざまなビジネスモデルを持つ複合型医薬品企業。ドラッグストア・調剤薬局チェーンの一方で、製薬会社でもある。
富士薬品の勤務経験者による口コミ

 ドラッグストアを展開している大手企業を中心にご紹介しました。上記以外にも、まだまだ日本国内にはたくさんのドラッグストアが存在しています。ドラッグストア業界は年々成長を続ける小売市場であり、各社を合わせた店舗数はコンビニを猛追しています。

 

ドラッグストア(OTC含)の薬剤師の求人

 続いて、ドラッグストアの薬剤師の求人について見ていきましょう。

 

 今回、ドラッグストアの薬剤師求人の求人数を調査する為に、大手の各社薬剤師転職サイトで、「東京都」+「正社員」+「ドラッグストア」と言う条件で検索を試みました。今回6社の転職サイトで調査をしたのですが、求人数が多い順に3社ご紹介します。

 

1位マイナビ薬剤師

 まず、ドラッグストアの薬剤師求人が1番多く掲載されていたのが「マイナビ薬剤師」です。前述した条件での求人数は1471件にも上りました。

 


マイナビ薬剤師 ※検索結果)

 

 ちなみに、正社員だけでなく全ての雇用形態にチェックを入れた場合には1759件のヒットがあり、正社員での求人が多いことがわかります。

 

2位リクナビ薬剤師

 2番目に多かったのが「リクナビ薬剤師」で、1288件のヒットがありました。

 


リクナビ薬剤師 ※検索結果)

 

 正社員だけでなく、アルバイト・パートを含めて検索を試みた結果、1312件とマイナビ薬剤師と同様に正社員での求人が大半であることがわかります。

 

3位ファルマスタッフ

 3番手は「ファルマスタッフ」で、703件のヒットがありました。

 


ファルマスタッフ ※検索結果)

 

 正社員以外の雇用形態を全て含めて検索をした結果、1302件のヒットがあり、こちらは正社員以外の雇用形態にも強いということがわかります。

 

薬剤師がドラッグストアへの転職を成功させる方法

  ドラッグストアの薬剤師求人は、比較的多い傾向にあります。ゆえに、自分に合った転職先を見つけ辛い場合も多々あるでしょう。そういった際には、自分に合った職場を薬剤師専門の転職エージェントに紹介してもらいながら、転職活動を進める方が効率的です。

 

 また、中にはドラッグストアの非公開求人があったりもします。転職エージェントでは、条件がマッチするなどした場合にそんなドラッグストアの非公開求人を紹介してもらえることもありますし、条件交渉などでの転職活動の負担軽減や、面接の合格率向上にもつながって行きます。

 

 まずは、人気の転職エージェント(登録無料) で気軽に情報収集をはじめることをおすすめしたいです。

 

本記事は2018/06/21の情報で、内容は薬剤師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!リクナビ薬剤師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する