薬剤師の求人倍率

職業:薬剤師

27views

imasia_4757291_M

 

全体的な薬剤師の求人倍率は高め

 世間一般では薬学部卒の就職率の高さがここ最近注目されており、自分の子供を薬学部に出したいという親御さんも増えてきているようです。実際のところ、2015年現在の薬剤師の求人倍率は約3~5倍とされており、売り手市場であることに間違いはありません。ただし、薬剤師の中でも人気のある職種や地域によっては求職者が相対的に多いために、就職試験や面接で不採用となることも多いようです。

 

 (※注:求人倍率とは仕事を探している人1につき求人が何件あるかを示す数字。求人倍率が高い方が薬剤師からすると職が見つかりやすく売り手市場になる。)

 

薬剤師の職種別の求人倍率

 薬剤師の求人倍率は職種ごとに異なります。例えば、製薬企業における研究職の求人は非常に狭い門となっており、薬局や病院などからの転職を受け付けることはほとんどありません。また、薬局やドラッグストアにおいては全体的に見れば薬剤師不足となっていますが、人気のある全国チェーンの薬局やドラッグストアでは志望者が多いために求人倍率は低下します。病院においても、大学病院や病床の多い大規模病院などの人気のある施設では、求人数が若干名しかない割に多くの志望者が集まるため不採用となる確率は上がります。

 

 ここで気を付けないといけないことは、必ずしも給料が高くて待遇の良い職種の人気が高いというわけではないということです。むしろ人気が高い職種の方が、低賃金であったり待遇が悪い場合がもあります。

 

 また地域性によっても求人倍率は変化します。特に薬科大学や大学の薬学部が無い地方の県においては、薬剤師の絶対数が少ないことにより求人倍率は高くなる傾向にあります。その場合、薬剤師を集めるための手段として給与を釣り上げることも多いです。ただし、地方で働く場合は、給与だけでなく生活環境が悪化するリスクも天秤にかける必要があります。

 

 求人倍率や給与などの指標は確かに参考にはなりますが、1つ言えるのは、転職の際は将来の自分のために今就くべき仕事を慎重に選択することを一番に考えるべきです。どういったことを学んで、どのような業務に活かしたいのか、将来的にはどんな仕事に就きたいのかなどのキャリアプランを考えて転職活動をすることを前提に。「求人倍率にとらわれない」転職活動をされることをお勧めします。

 

  • 売り手市場の薬剤師の転職業界の中でも製薬企業・大手薬局・大手ドラッグストアなどは志望者が多く求人倍率は下がる傾向にある。転職活動の際は求人倍率にとらわれない本質的な転職活動をすることが第一!

 

本記事は2015/04/17の情報で、内容は薬剤師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!ファルマスタッフと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する