薬剤師の転職チャネル

職業:薬剤師

16views

imasia_1185427_M

 

転職サイトに出ない「変わった」薬剤師求人を探すには

 薬剤師の転職においては転職サイトを利用することが多いですが、それ以外にも転職チャネルが存在します。転職サイトの求人内容が市中の薬局や病院を中心としているため、それ以外の稀な就職先においては転職サイトに求人が出ること自体が少ないとされています。他人とは一味違った薬剤師の仕事をしてみたい方は転職サイト以外の転職チャネルを利用した転職を考えてみるのも一つの手かもしれません。ここでは、よくある転職事例とその転職チャネルを紹介していきます。

 

  • MRやMSを通じて行う転職活動

 働いてみたい薬局やドラッグストア、病院などが存在するのに、その施設・企業の薬剤師の募集が転職サイトに掲載されていない場合は多々あります。そんな時には、懇意にしている製薬企業のMR(医薬品情報担当者)や医薬品卸業者のMS(マーケティングスペシャリスト)がいれば、その方にお願いして、その施設・企業に薬剤師の求人を行っているかどうか確認してもらえることがあります。

 

 MRやMSは担当エリアでは幅広く営業活動を行っていますし、担当外の地域であっても何らかのコネクションを持っていることが多いものです。実際に、MRやMSから紹介されて転職先を決めた薬剤師も少なからず存在すると言われています。

 

  • ハローワークを通じて行う転職活動

 特に地方において言えることですが、転職サイトへの掲載が無い場合でも地域のハローワークには求人が出ていることがあります。採用担当者の視点では、求人サイトや薬剤師の派遣業者に求人を依頼すると高額な手数料を取られるため、まずは地域のハローワークに求人情報を出す場合が多いとされます。同じ地域内での転職を考えるのであれば、まずは最寄りのハローワークに出向いてみるのも良いかもしれません。

 

  • 大学の恩師から仕事を紹介してもらう転職活動

 薬科大学や薬学部を卒業していざ薬剤師として働き始めると、出身大学の研究室の教官とは疎遠になっていくことが多いかもしれません。しかし、特に地方公務員の薬剤師の求人などは、薬学部に対して学生の斡旋などの打診がある場合があります。したがって、公務員を目指している場合は大学の恩師との繋がりを保っておくのが良いでしょう。

 

  • セミナーや講演会を通じた転職活動

 薬剤師会が行う研修会や製薬企業が行う講演会など、研修を通して他施設の薬剤師と顔見知りになる機会は意外と多いものです。そこで調剤薬局の社長やクリニックや病院の医師などと、積極的に交流し、そのような場における出会いがきっかけとなり、調剤薬局の社長にスカウトされたり、医師が新しくクリニックを開業する際に門前薬局を開業しないか持ちかけられるような機会もゼロではないです。実際にそのようにして転職または開業した薬剤師もいますので、あらゆる場面で人との繋がりを大切にすることが重要です。

 

本記事は2015/04/17の情報で、内容は薬剤師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!リクナビ薬剤師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する