薬剤師の転職と年齢制限(年齢別の転職事例もあり)

職業:薬剤師

249views

 

目次

 

薬剤師の転職の年齢制限は「ない」ようで「ある」?

 薬剤師の求人では一部を除いては明確な年齢制限を設けられることは稀です。ここで言う「一部」とは公務員の薬剤師のことを指します。例えば、国家公務員1種の薬剤師の場合、33歳までの年齢制限があります。保健所や県立病院などの地方公務員においても年齢制限を設けている場合があります。これらの公務員薬剤師や例外的なものを除けば、薬剤師の雇用に年齢はさほど関係ないと言えます。

 

 ただし、薬剤師募集の求人表では年齢不問となっていても、建て前と本音は異なることが多いのが薬剤師の雇用年齢の実情です。これは薬剤師を雇用する側の実際問題として、年齢の高い薬剤師を雇うことにはメリットが少ないという点があります。確かに薬局や病院、製薬企業など様々な職場で多くの経験を積んでこられた薬剤師を活かして、職場の業務内容を改善して業績を向上させるという意味では重宝される場合もあるかもしれません。しかし、年齢を重ねて様々な経験を積んでいると、自分のやり方に固執して新しい職場のやり方に馴染めないことは良くあります。特にレセプトコンピュータや調剤システムにはパソコン入力のスキルが必要とされる場合があり、年齢の高い中高年の薬剤師が苦手とすることが多いかもしれません。また、年齢が高いとそれだけ持病を抱えている人が多くなり、安定的にシフトを組めなくなる危険性があります。

 

参考転職で年齢を気にする薬剤師は多い

40代薬剤師の転職、年齢はデメリットになりますか?

私は40代の薬剤師です。都内の某私立薬学部を卒業後、北関東へ戻り地元の病院薬剤師として20年ほど勤めてまいりました。このたび、親の介護の関係での転居にともない転職を考えております。現在、私の勤...

 例えばですが、保険薬局における業務を考えてみましょう。外来患者の多い総合病院の門前薬局においては、薬学的観点からの管理指導よりも、いかにして処方を間違いなく素早く捌くかに重点が置かれる傾向があります。この場合、経験や年齢はあまり関係がありません。そうなると、賃金が安くて長く働いてもらえる若い薬剤師を採用するのが、会社側にとっては得策となります。そういった理由から、特に50代以降の薬剤師の転職はそう簡単にはいかない可能性があります。ただし、薬剤師の絶対数が不足している地方においては、現在はあまりそのような傾向は見られていません

 

参考田舎は薬剤師が不足していることがわかります

薬剤師の田舎(地方都市・僻地など)での求人事情・年収事情

【※記事を読む前に】転職エージェント登録がまだの方へ このページでは田舎(地方都市・僻地など)の薬剤師求人事情について、都会の薬剤師求人事情などと比較しながら現状を解説していきます。記事をお読...

 

薬剤師の転職年齢と男女差の話。女性の方が高齢でも有利

 

 実際に、薬剤師が転職する際の年齢制限は何歳くらいを目途にすればよいのかという疑問が浮かびます。その答えは、同じ薬剤師でも男性と女性で異なります。結論から先に言えば、女性の薬剤師の方が年齢を重ねても転職はしやすい傾向にあります

 

 男性の薬剤師の場合、転職がしやすい年齢は30代半ばまでを一つ目安にしましょう。40歳を過ぎると、結婚して子供もいることが多く、家計を支えるため一定以上の年収や待遇が必要となります。男性薬剤師でパートで雇用しにくいというのもあります。雇用者側から見れば、40代の薬剤師に高い賃金を支払うよりも、若手の薬剤師を低賃金で雇ってバリバリ働いてもらう方が、コスト的にも会社の若返りという観点でもメリットが多いのです。

 

 女性の薬剤師の場合は、30代から40代にかけて子育てが一段落したところでパートとして、復帰することがあります。女性のパート薬剤師の場合、コストが抑えられるということと、子育て中のブランクがある分、自分のやり方に固執することが無いため、採用されやすい傾向にあります。女性の方がパートという選択肢も選びやすい分、年齢がいっても採用されやすい傾向にあります。

 

参考45歳の女性薬剤師の転職相談

45歳薬剤師、勤務時間を増やしたい。社員かパート掛け持ちか?

45歳の主婦薬剤師です。高校生と中学生の娘がいます。食事など自分たちである程度のことはできるようになっているので、これまでは扶養内パートで働いていたのを、社会保険をかけてもらえるくらいに勤務時間を増や...

 

年齢制限なしの薬剤師求人を探す方法

 

 上記で説明した通り、年齢が高くなればなるほど薬剤師の転職は難しくなっていきます。例えば、定年後など60歳以上の年齢の高い薬剤師が、「年齢制限なし」の薬剤師求人をできるだけスムーズに探すにはどうしたらよいのでしょうか。

 

(引用:厚生労働省

 

 現在、上記のように厚生労働省発表の雇用対策法で年齢制限の禁止が義務化され定められていますが、これは建前上の部分もあり、やはり若い方が仕事を変えるのには有利であるのは既に説明した通りです。薬剤師の求人を「年齢制限なし」や「年齢不問」で実際に転職エージェントで検索してみるとどうでしょうか?「60歳以上可」の条件を設けている薬剤師転職サイト「日経DIキャリア」で、全国、60歳以上可の薬剤師求人を検索すると、下記のように1044件のヒットがあります。

 


(参照:薬剤師転職サイト日経DIキャリア ※全国、60歳以上可の検索結果)

 

 60歳以上可の薬剤師求人の職場は、調剤薬局が7割近くを占めており、次いでドラッグストアなどのOTCが2割ほど、病院と製薬会社を合わせて1割ほどが見られます。

 

(参照:薬剤師転職サイト日経DIキャリア ※全国、60歳以上可、正社員の検索結果)

 

 また、60歳以上可の薬剤師求人の雇用形態は、正社員がもっとも多く8割ほどにも上ります。

 

 さらに、他のサイトでも検索してみましょう。薬剤師求人・転職・募集・派遣サイトの「ファルマスタッフ」で、全国、60歳以上可の薬剤師求人を検索したところ、118件の薬剤師求人がヒットしました。「ファルマスタッフ」は、薬局運営の「日本調剤グループ」が提供する薬剤師転職サイトということで、転職・就業ノウハウがあり安心です。派遣に強いので、まずは派遣で働いてみたい、紹介予定派遣で雇用されたいという薬剤師の方におすすめです。

 


(参照:薬剤師求人・転職・募集・派遣サイト ファルマスタッフ ※全国、60歳以上可の検索結果)

 

 具体的な求人をいくつかみてみましょう。下記は在宅に特化した調剤薬局の薬剤師求人で60歳以上も応募可です。雇用形態は正社員で、年収は500万円~700万円までの幅があり、在宅未経験でもOKというのがうれしいポイントです。

 


(参照:薬剤師求人・転職・募集・派遣サイト ファルマスタッフ ※求人の詳細情報)

 

 他の求人も見てみます。下記は調剤薬局の薬剤師求人で60歳以上も応募可。雇用形態はパートで時給は2000円~3000円までの幅があり、比較的高時給です。土日は完全に休み、週2回勤務から応相談と、無理なく働きたい方にもありがたい職場です。

 


(参照:薬剤師求人・転職・募集・派遣サイト ファルマスタッフ ※求人の詳細情報)

 

 こちらの地方の調剤薬局の薬剤師求人は60歳以上も応募可。雇用形態はパートで時給は2000円~3000円までの幅があり、比較的高時給です。土日は完全に休み、週2回勤務から応相談と、無理なく働きたい方にもありがたい職場です。

 

 

 上記のように年齢の高い薬剤師が年齢制限なし、年齢不問の薬剤師求人を探す場合には、薬剤師転職エージェントを利用するのが近道となるでしょう。前述した「ファルマスタッフ」など、まずは大手の薬剤師転職エージェントを利用することが一番ですが、さらに候補を広げたかったりする場合は、無料なので複数サイトの登録をする人も多いです。薬剤師専門の転職エージェントに自分の経験や知識が生かせる薬剤師求人を紹介してもらいながら、転職活動を進める方法がもっとも効率的ですし、中には転職エージェントに公開されていない非公開求人を内々に紹介してもらえることもあります。

 

 薬剤師の転職エージェント(無料)に登録すれば、求人情報の提供や条件交渉などでの転職活動の負担軽減や、面接の合格率向上にもつながります。

 

 

年齢別の転職事例:20代

 ここからは実際に転職をした薬剤師の転職事例を年齢別に紹介していきます。20代、30代、40代、50代と各年齢ごとに掲載していますのでご参考ください。

 

 

製薬企業MRから、大学病院の薬剤部の病院薬剤師へ(27歳 神奈川県在住)

 

男性(20代)

 6年制大学を卒業後、新卒で外資系製薬企業へ就職しました。先輩MRに同行するなど半年間の初期研修の後、MR認定試験に合格し、主に都市圏の大学病院や500床を超える大規模病院の感染症領域を担当することになりました。生活習慣病領域や認知症領域等と異なり、新しい感染症治療薬においては耐性菌の発生を防止する必要があるため、積極的なプロモーションができないなどで、上司から与えられた売り上げ目標の達成が困難な状況になったことがあり、3年目で退職を決めました。

 

 ただ約3年間のMR人生の中で、お得意先である医学部の感染症学の教授に顔を覚えて頂き、また大学病院の薬剤部長とも繋がりを持つことができました。専門とする感染症領域は、ただ新薬の売り上げを増やせば良いというものではなく、適正に使用されなければ耐性菌発生という折角の臨床開発が水の泡になってしまう状況を招きかねないです。そのような思いから、それまで営業でお世話になった大学病院の薬剤部に転職することになりました。現在は、感染症チームの一員として抗菌薬のTDMやサーベイランスなどのICT(infection control team)活動に携わっています

 

CROのCRAから製薬企業のメディカルライティングへ(29歳 東京都在住)

 

女性(20代)

 6年制大学の研究室で治験の品質管理や統計学を研究していたことが縁となり、新卒で大手医薬品開発受託機関(CRO)の臨床開発モニター(CRA)として就職しました。1年目は医療機関の勤務歴が長い看護師の資格を持った先輩CRAの元で業務内容を学びました。多くのCRAが医療機関における勤務歴があり、新卒であり医療従事者としての勤務歴が無いことにハンデキャップを感じつつも、治験責任医師や医療機関との関わり方やGCPへの適合確認など、様々なノウハウを先輩から学ぶことができました。

 

 勤続5年目に入り、治験データの管理や薬事申請の一部作成も委託元より依頼されるようになり、その業務も担うようになりました。そんな中で、委託元の製薬企業の開発部長より、メディカルライティングの業務を任せられる人材を探しており、是非とも我が社に入社してほしいと申し出があり、現在は、国内中堅製薬企業の開発部に転職し、薬事申請の業務を行っています。

 

大手チェーンのドラッグストア薬剤師から保険薬局の薬剤師へ(28歳 福岡県在住)

 

女性(20代)

 6年制大学を卒業後、薬剤師国家試験に不合格となってしまいました。失意の元、地元のドラッグストアに薬学士として就職して、次年度の国家試験を目指すことになりました。仕事をしていた間は、約8か月の勤務の間、接客や商品配置、原価率、市販薬の製品の特長や医薬品の規制区分などについて理解を深めることができました。その後、国家試験の勉強に集中するために一度退職をすることになりました。国家試験に合格したのち、晴れてそのドラッグストアに返り咲きを果たすことに。ただ薬剤師としてOTC販売をするうちに、糖尿病の患者が血糖を下げるための市販薬や健康食品を買い求めに訪れたり、軽度の肺炎症状を呈したお客様が訪れたりするなどの経験を通じて、市販薬にできることの限界を感じるようになりました。

 

 ドラッグストアに再就職して3年目の冬に、知り合いの調剤薬局で薬剤師が募集されていることを知り、転職を決意しました。転職の際は薬剤師転職サイトに登録したり色々な情報収集はしました。現在は、医療用医薬品の調剤を行いながらも、ドラッグストアで培ったOTCの知識を活かして、製品数は少ないながらも対面販売も行っています。

年齢別の転職事例:30代

 

薬科大学助教から、結婚退職、その後調剤薬局のパート薬剤師へ(31歳 兵庫県在住)

 

女性(30代)

 新設薬科大学の4年制学科を卒業後、同学の修士課程に進学し薬局管理学を学び、2年間の課程を修了後、母校で講師を務めることになりました。学内では助教として、主に学部生に対する長期実務実習の事前講義やコミュニケーション論の講義を担当すしました。また、学会への参加や論文執筆などの研究活動だけでなく、学内の庶務や学生の評価、関係機関への挨拶回りなど様々な業務もやりました。大学講師となってからの6年間は、ほとんど休みも取れないほどの激務で、薬学部という狭い世界で働くことに嫌気がさし、直接患者さんと向き合えるような仕事に憧れを抱くようになりました。30歳の時に結婚をし、それを機に大学を退職しました。

 

 結婚後しばらくは家事手伝いをしていたのですが、徐々に復職を考えるようになり、アカデミックな場よりも臨床に近いところで働きたいという従前からの思いは変わらず、自宅からほど近い調剤薬局で午前中のみのパートをすることにしました。大学で教鞭をとっていただけあり、教科書的なことには詳しいのですが、実臨床の知識をこれから増やしていきたいと考えています。

 

国立病院機構の病院薬剤師から中規模病院の病院薬剤師へ(33歳 石川県在住)

 

男性(30代)

 4年次の実習でお世話になった繋がりもあり、4年制大学の薬学部を卒業後、国立病院機構へ就職することになりました(当初は地元に近い病院での勤務を希望し、実家からの自動車通勤で通うことに)。就職してから3年経過したのち、他県の病院に異動となり、さらに3年周期で合計3か所の国立病院を経験しました。それぞれの病院で、治験業務に携わったり、外来化学療法のケアに携わったり、緩和ケア病棟の専属の薬剤師としても業務にあたり、さまざまな経験をすることができました。

 

 実は妻も医療従事者として近隣の医療法人で働いていて、この春より他県の病院への異動辞令が交付されました。妻は退職しないことになり、子供も小さいので妻は単身赴任ができず、一家で他県へ引っ越しをして、私がやむなく片道2時間半を自動車で通勤することにしました。異動後は、朝の5時過ぎに自宅を出て帰宅は10時過ぎとなり、家族と触れある時間が取れなくなってしまったことから転職を決意しました。

 

 異動の無い民間の医療法人を転職サイトで探したところ、自宅から自動車で15分くらいの中規模の総合病院の求人があり、そこに主任薬剤師候補として就職しました。給与も公務員時代からすると若干アップし、国立病院時代の知識や経験を活かして働くことができ、家族と会話したり一緒にご飯を食べる時間が十分に取れるようになり、大変満足しています。

 

中規模病院の薬剤師から精神科病院の薬剤師へ(34歳 京都府在住)

 

男性(30代)

 大学を卒業後、地元に戻り中規模の総合病院で病院薬剤師として勤務することになりました。その病院には消化器内科、糖尿病内科、神経内科、消化器外科、泌尿器科、産婦人科などほとんどの内科系・外科系の医師が在籍しており、様々な患者の調剤や薬剤管理指導が行える環境でした。約10年間の勤務の中で、神経内科病棟や外科病棟など様々な病棟に勤務し、臨床知識や患者指導のスキルが身に付きました。また、病院薬剤師会が認定するがん認定薬剤師や感染症専門薬剤師などの資格も取得し、薬剤部では薬剤主任へ昇格し、薬剤師のみならず医師や看護師からも信頼を勝ち取っていったと思います。

 

 転機が訪れたのは33歳の時で、他院から、統合失調症の患者の消化器手術を受け入れた際に、術前の休薬により精神症状が増悪して手術困難となった事例に遭遇し、精神科領域こそ医薬品の担う責任が重く、薬剤師の能力が必要とされる領域であると認知するようになりました。

 

 勤務先に精神科や心療内科の医師がいないため、近隣にある精神科病院に転職することにしました(今思えばやや突発的な動機でしたが)。精神・神経領域の薬物治療は今まで学んだことが無かったため、転職後は毎日新しい発見があり、非常にやりがいを感じるようになりました。精神科病院の中では内科系の疾患を診ることもあり、今までの総合病院に勤務した経験などから精神科医師に処方提案もすることができ、充実した日々を送っています。

 

年齢別の転職事例:40代

 

内資系製薬企業から外資系製薬企業のプロモーション部へ(43歳 東京都在住)

 

女性(40代)

 4年生薬科大学と卒業し、修士課程2年間を終了後、中堅の内資系製薬企業の製品開発部に就職。そこでは臨床試験のデータ管理やメディカルライティングなどの業務を歴任しました。その後、CROの誕生により開発部の社員は移動や出向などにより縮小していきました。就職12年目で営業部に異動になり、異動後は開発部時代の知識や能力が活かせるよう、プライマリーケアを中心に開業医や中小病院の医師に対して新薬の営業を行い、MR資格も取得しました。

 

 仕事に熱中したため婚期が遅れてしまったのですが、2年前に結婚しました。接待や講演会などで仕事が夜中にわたることも多いため、結婚に伴い家庭の仕事と両立できるよう内勤希望を出しました。しかし受理されず、結局、転職活動を行うことになりました。最終的に大手外資系企業の販売促進部に転職が決まり、現在は、新しい医薬品または系列会社のジェネリック医薬品の販売促進や情報提供の方法について協議・検討する業務を行っています。勤務時間は9時から17時までとなり、家庭との両立が図れるようになりました。

 

大学病院の病院薬剤師から、私立大学の教官へ(42歳 神奈川県在住)

 

男性(40代)

 某地方国立大学の薬学部4年制過程を卒業後、修士課程2年間、博士課程3年間を修了し、大学病院の薬剤部へ入局。最初の2年間は研修生として過ごし、3年目より正職員として雇用されました。最初の数年間は製剤課で院内製剤の調製を行っていましたが、その後大学病院における抗菌薬のPK/PD研究が盛んとなったため、それに従事することになりました。感染制御認定・専門薬剤師の制度の立ち上げに参加し、自身もその資格を取得。化学療法学会や環境感染学会などの関連学会においても活動を重ねました。

 

 1年前に、某私立大学の薬学部長より病院薬学に関する新しい研究室の立ち上げに誘われ、大学病院を退職して私立大学の薬学部の准教授となりました。現在は大学で教壇を取りながら、週1回のみ附属病院の薬剤部における勤務を行っています。

 

大手調剤チェーン薬剤師から、エリアマネージャーを経由して、個人経営の調剤薬局の薬剤師へ(41歳 東京都在住)

 

男性(40代)

 大学を卒業後、大手調剤薬局チェーンへ就職しました。最初の赴任先は地方都市の中規模病院の門前薬局であり、そこで2年間一般薬剤師として勤務した後、管理薬剤師に昇格しました。その調剤薬局において、お薬手帳増進活動やかかりつけ薬局推進、在宅業務推進などの活動を企画立案し実行し、その結果、お薬手帳普及率が40%から70%へ増加、1日あたりの処方箋枚数が40%アップ、集中率が97%から68%に低下し、薬局の売り上げ向上と規模拡大に貢献できました。本部においてその業績が認められ、33歳の時にエリアマネージャーに昇格し、昇格後は、管轄下にある約30店舗の人事、売り上げなどを管理し、定期的に店舗に出向いて運営状況のチェックを行ったり、臨時休暇の発生した薬剤師の代わりに出勤するなどの日々が続きました。

 

 40歳の時に父が病死し、母親も糖尿病を患っているため、実家へと戻る決意をしました。勤務する会社には勤務地希望制度もあったのですが、現在のエリアマネージャーという立場上、地元だけに留まるのは難しく、そのため調剤チェーンを退職することにしました。転職エージェントを通じて、実家から2駅の個人経営の調剤薬局を紹介され、そこで管理薬剤師として勤務することになり、現在は、週休2日で残業もほとんど無く、家族との時間も大切にできています。

 

年齢別の転職事例:50代

 

医薬品配置業の薬剤師から地域密着型ドラッグストアの薬剤師へ(51歳 富山県在住)

 

男性(50代)

 私立薬科大学の4年制の製薬学科を卒業後、地元に帰り某医薬品配置業の営業所の管理薬剤師として就職しました。就職したころは個人経営の薬局・薬店が医薬品販売チャネルの主なものでしたが、15年程前より全国展開のドラッグストアが台頭しはじめ、医薬品配置業も右肩下がりの経営へとシフトしていきましたね。ちょうどその頃、企業戦略部へ異動となり配置業の全国展開へのプロモーション戦略の企画立案へ従事することになりました。

 

 転機が訪れたのは6年前です。全国展開している医薬品配置業のうち、西日本では競合他社が多いため撤退を余儀なくされ、それに伴い本部・支店ともに早期退職の勧奨が行われました。薬剤師の資格を持っていることから、将来性を考慮すると肩を叩かれる前に自己都合退職で転職するのがベターと思いました。保険調剤や病院薬剤師などの経験が無かったため、転職活動は難航が予想されたが、もともと会社で常備薬や市販薬を取り扱う仕事をしていたため、地域密着型ドラッグストアの薬剤師としての就職がなんとか決まりました。医薬品配置業の管理業務では得ることができなった対面販売の面白みを実感しつつ、安定した勤務時間と収入を得ることができ、満足しています。

 

中規模病院の薬剤科長からドクターに誘われて新規診療所の薬剤師へ(53歳 愛知県在住)

 

男性(50代)

 大学を卒業後、地元にある一次医療を担う中規模総合病院に就職し、就職してから30年間にわたり、一貫してその病院で薬剤師として勤務してきました。12年目からは薬剤科長に就任し、常に患者さんを中心とした医療、とりわけ薬物治療ができるよう心掛けてきたつもりで、院長・副院長をはじめとして、医師たちや総看護師長、看護師長たちとも十分にお互いのことを理解しており、病院内の薬剤業務やコミュニケーションは非常に円滑にできていたと思います。そんな中、内科医である副院長が独立開業をするに当たって、診療所内の調剤や医薬品管理を任せたいので一緒に頑張ってみないかと誘いを受けたのです。薬剤科の方も40代の主任薬剤師が成長してきており、薬剤科を任せられると判断し、また、副院長の人当たりがよく固定患者も比較的多いため、独立しても一定数の患者数は見込めると判断しました。

 

 53歳で長年勤めた病院を離れることにはなったのですが、新しく開業した診療所の常任理事兼薬局長として新しいスタートを切ることになりました。調剤システムの導入や業務手順、採用薬においては、前院の内容や機器類を踏襲し、ストレスなく働くことができています。外来患者数も安定して1日30人程度来ていることから、今後は在宅業務に向けて内科医と看護師、事務職と協働で動いているところです。

 

保険薬局の薬剤師から地元の医薬品卸業の薬剤師へ(54歳 青森県在住)

 

女性(50代)

 大学卒業後は都内で調剤薬局の薬剤師として就職し、チェーン展開をしている企業で数年ごとに店舗の異動があったため、小児科、耳鼻咽喉科、産婦人科、神経内科、循環器科、呼吸器内科、消化器科など様々なクリニックや病院の処方箋を扱ってきました。50歳になり管理薬剤師として若手の育成に力を入れていましたが、夫の母親が脳卒中で倒れたのを機に退職し、夫とともに地元(青森)に戻ることにしました。夫は定年退職を前倒しして母親の介護に当たり、私は薬剤師として働きながら食事や洗濯などの家事を行うこととなりました。

 

 地元では薬剤師不足が深刻であり、調剤薬局や病院には求人はたくさんあるものの、正社員で残業が無い施設はほとんど見つけることができずにいて、唯一、地元に展開している医薬品卸業の管理薬剤師の仕事は、給与はそこまで高くないものの安定した勤務時間でした。そこで、医薬品卸業に就職することにしました。

 

 現在は倉庫内の医薬品のロットや使用期限などを確認したり、医療機関や調剤薬局向けに医薬品情報誌を作成するなどの仕事を行っています。忙しい調剤薬局時代とは異なり、精神的にも肉体的にも余裕が出てきており、17時の退勤後、夕食の支度や義母の介助の手伝いなど精力的に家事を行っています。

 

本記事は2018/06/07の情報で、内容は薬剤師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!リクナビ薬剤師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する