薬剤師の仕事内容

職業:薬剤師

8views

imasia_7114031_M

 

 薬剤師の仕事内容は業種によって異なりますが、共通する考え方は「医薬品を通じて、患者さんやお客様の健康に貢献する」ということです。そして薬剤師の業種、つまり薬剤師が働く職場は医療現場から行政まで様々です。その中でも中途採用の求人件数が多いのは調剤薬局、病院、ドラッグストアです。

 

薬剤師の仕事内容を職場別に3つに分類

  • 調剤薬局における仕事内容

 調剤薬局における薬剤師の主な仕事は「外来患者に対する保険調剤」です。医療機関から発行される院外処方箋を応需し、それに基づいて医療用医薬品を調剤します。調剤薬局は病院やクリニックのすぐ隣に出店することが多いため、門前薬局と呼ばれ、隣接した医療機関の処方箋をほとんど一手に引き受けることになります。

 

 一昔前までは散薬や水剤を配合したり、生薬を煎じたりするような調剤が多かったですが、最近はほとんどの医療用医薬品が錠剤やカプセル剤となり、必要数を棚から取り出したり、自動錠剤分包機で一包化するなど効率的な調剤が可能となりました。したがって、薬を作るというよりは、薬歴やお薬手帳に基づいた処方内容の監査と投薬時の患者さんへの服薬指導に重点が置かれるようになっています。

 

 新しい業務として、お薬を患者さんのお宅まで届けて、服用状況や副作用の発現状況などをチェックする「在宅業務」を行っている調剤薬局もあります。

 

  • 病院における仕事内容

 病院における薬剤師の主な仕事は「入院患者への調剤と薬学的管理」です。入院患者さんに対しては内服や外用剤だけでなく、輸液などの注射剤などの薬物治療が行われます。注射剤を取り扱うのは病院特有の仕事であり、特に抗癌剤や免疫抑制剤などの毒性が高い医薬品や、高カロリー輸液など無菌的に取り扱う必要がある医薬品は薬剤師による混注や調製が行われます。

 

 入院患者さんへお薬が処方された場合、服薬指導はベッドサイドで行います。病院ではカルテから検査結果やバイタルなどの患者さんの状況を確認できるため、副作用の早期発見に繋げたり、医師や看護師と一緒に治療方法を検討することもあります。

 

 最近では病棟に薬剤師を常駐させて、持参薬を調べて院内処方の切り替え案を作成したり、ハイリスク薬の投薬状況を確認するなどと言った「病棟業務」を行う病院が増えたため、病院薬剤師の求人が増加しています。

 

  • ドラッグストアにおける仕事内容

 ドラッグストアにおける薬剤師の主な仕事は「お客様の健康相談対応と一般用医薬品の販売」です。以前はドラッグストアの医薬品販売は全て薬剤師が行っていましたが、2009年に登録販売者制度が開始してから副作用の少ない2類と3類に分類される一般用医薬品は主に登録販売者が販売するようになっています。したがって、お客様から風邪薬や目薬、漢方薬の相談などで登録販売者が対応できない場合に、薬剤師が登場することが多くなっています。

 

 また、薬剤師が販売を担う1類医薬品は医療用医薬品から転用されたものもあり、副作用の発現頻度が高かったり、適正使用が重要となるものが多く、必ず文書を用いて説明を行います。近年では保険調剤を併設したドラッグストアが増加しています。調剤薬局の「門前」スタイルとは対照的に、ドラッグストアには広域な医療機関の処方箋を受け付ける「面分業」という側面も持っています。

 

本記事は2015/04/17の情報で、内容は薬剤師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!ファルマスタッフと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する