信用金庫の年収相場

業界:信用金庫

8287views

imasia_7708409_L

 

>信用金庫の年収アップの裏ワザ<

 

総合職の年収相場

 信用金庫の経営状態によって若干の開きがありますが、総合職の初任給は18万円から22万円程度(月給)といわれています。20代では350万円~450万円、30代では500万以上、40代では600~800万円、50代では700万~1000万程度といわれています。

 

 総合職という仕事柄、役職に就く前は渉外活動による残業手当の支給によって個人差が生じてきますし、昇格や昇進に伴って本人の実力次第で年収が上がっていく傾向があります。昇格や昇進には、業務実績だけでなく、銀行業務検定などの合格や資格の取得なども重要な査定ポイントになりますので、日々の業務に合わせて自己啓発も必要です。

 

 また、営業店勤務で役席に就いている場合は、営業店での実績がボーナスの支給額に大きく影響される傾向がありますので、営業成績や人事管理などの能力も問われます。総合職は期待に応えた分がそのまま報酬となって表れるといって良いでしょう。

 

  • 初任給は月給20万円程度からスタート。実力次第では年収1,000万円超えに昇給していくこともあり。

 

一般職の年収相場

 一般職の初任給は、16万円~19万円程度といわれます。信用金庫の経営状態によって若干の開きがあります。年収に換算すると、20代では300万前後、30代では400万円~500万円、40代では400万~600万程度が一般的です。

 

 役職に就き、昇格昇進が望める総合職と違って、業務が限定されている一般職の年収は一定の年齢に達すると頭打ちとなる信用金庫が多いです。一般職の昇給は各信用金庫の給与規定により様々ですので、40代での年収には開きが生じる可能性があります。

 

 業務に有用な資格の保有者には諸手当の支給があったり、営業実績に応じてボーナスの支給額が加算されたり、と近年では一般職であっても能力評価が重視されている傾向にあります。一部では短時間労働者の時給にも単価を段階的に設定、能力に応じた支給をしている信用金庫もあります。

 

  • 総合職より待遇は低い。昇給も一定で頭打ちになる傾向。信用金庫によっては諸手当の支給なども。

 

本記事は2015/02/04の情報で、内容は信用金庫での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する