信用金庫の採用職種の分類

業界:信用金庫

2063views

imasia_10321674_M

 

信用金庫は「総合職」か「一般職」で採用される

 信用金庫では、すべての業務を経験する総合職と内部事務のみを担当する一般職とに分類され採用されることが一般的です。

 

 総合職と一般職とに区分する機関では、給与体系や昇格昇進に違いが表れるのが通常ですが、一部では、採用の際に区別をせず、本人の適性や能力次第で昇格昇進していく形態であるとか、希望や推薦によりコースの転換を認める制度を設けている機関もあり、近年は多様化が進んできています。

 

 

採用職種(1) 総合職

 営業店では総体的な内部事務を習得したのち、地域の企業や個人の顧客に資産運用や融資の提案をするスペシャリストとして、本部においては様々な部署における業務を通じて本部運営者として、本人の営業成績や能力に応じた昇格昇進により将来は経営の中枢を担っていく職種です。総合的な能力を求められる業務ですので、実際の経験と共にファイナンシャルプランナー、宅地建物取引業者、中小企業診断士などの資格の保有は採用の重要なポイントとなります。

 

 信用金庫オンラインシステムの保守改善には欠かせない知識や技術を持ったエンジニアやプログラマーも総合職として採用する機関が多いです。

 

  • 信用金庫の中枢を担う人材へと成長していく「総合職」。営業だけでなく技術系職種も総合職採用が多い。

 

採用職種(2) 一般職

 営業店では預金・融資・投資信託等の窓口業務や後方事務、本部では内部事務を担当します。営業店における職員の人数配分は銀行や地銀と比較しても少なく、信用金庫の一般職はオールマイティな事務処理を求められます。中でも、来店されたお客様と信用金庫の顔としてコミュニケーションをとる窓口係はコンピュータを自ら操作しながらの接客となるため、金融商品だけでなく為替・税金収納・相続処理などの知識や処理能力の高さも重要なポイントとなります。

 

 採用においては、ファイナンシャルプランナー、証券外務員、金融窓口セールス技能士などの資格保有者は有利といえます。

 

  • いわゆる窓口業務などをこなす「一般職」。窓口以外でも支店の後方事務・本部では内部事務などもこなしていく。

 

 

本記事は2015/02/04の情報で、内容は信用金庫での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!



「転職サイト」ならこちらをチェック

「転職サイト」で圧倒的なシェアを持つリクナビNEXT。「転職エージェント」利用の前に「転職サイト」で求人を検索したい方にはこちらがおすすめ。スカウト機能の利用も可能です。


ページ上部へ移動する