塾講師転職時の履歴書について

職業:塾講師

398views

imasia_13347403_M

 

履歴書は評価の対象になるのか

 答えはYESと言って良いです。特に採用側の企業が注視している点は3つです。

 

 まずは、前職でどのような仕事をしてきたかという点と、転職の回数は多いかという点です。転職の回数については、どの業種への転職でも見られる所ですが、回数が多い事はあまり好まれない傾向にあります。

 

 次に、なぜ塾業界を選びこの会社を受けようと思ったかです。学習塾業界は、時間的にも仕事内容的にも厳しい仕事であることは間違いないです。中途半端な気持ちでは務まらない事を、面接官は身をもって体験しているからです。

 

 最後に、履歴書の筆跡も面接官は注意して見ています。学習塾は教育業ですから、字は上手な方が好まれます。黒板の板書や保護者への手紙などプラスの面が多いからです。

 

  • 履歴書は十分な評価対象となり、3つのポイントを注視している。

 

評価の高い履歴書の書き方

 学習塾は全国に約5万教室あると言われています。その中で転職者の求人を出している学習塾も、上場企業から個人塾まで幅広く存在しています。

 

 大手企業であれば、当然企業理念や教育理念などを作っていますから、この理念に共感でいているかという点は評価の対象になります。また、自分自身の経歴や性格などを客観的に分析出来ているかという点も重要です。

 

  • 大手企業の場合、理念に共感でいているかという点が評価対象になり得る。

 

転職の理由についてはしっかりと

 面接官は、転職の理由について非常に興味を持っています。なぜ、辞めたのかという理由ははっきりと正しく理解しておきたいものです。それは、学習塾業界自体が転職を繰り返す人が多い傾向にあるからとも言えます。

 

 そこで、転職の理由に関しては出来るだけ正直に伝えることをお勧めします。なぜなら、最近では前職調査を行う学習塾も増えていますし、もし再就職してから違う理由だったと分かる方が、本人にとってのマイナスが大きいからです。

 

  • 面接官は転職の理由について非常に興味を持っている。

 

本記事は2015/02/03の情報で、内容は塾講師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!



「転職サイト」ならこちらをチェック

「転職サイト」で圧倒的なシェアを持つリクナビNEXT。「転職エージェント」利用の前に「転職サイト」で求人を検索したい方にはこちらがおすすめ。スカウト機能の利用も可能です。


ページ上部へ移動する