塾講師転職時の志望動機

職業:塾講師

1377views

imasia_9331577_M

 

運営している企業をよく知る

 学習塾業界は、個人事業主から中規模の企業、上場企業など運営している会社の規模が非常に幅広い業界です。一般的に大手の求人サイトに広告を出している学習塾は運営企業が中規模以上です。その際は、必ず企業のホームページなどを調べ、企業理念や教育理念を十分に確認し、自分に合った企業なのかを事前に吟味する必要があります。

 

 学習塾業界は、非常に教育熱心な会社が多く、志望動機なども理念への共鳴があるかをよく見ています。ですから、転職する本人にとっても、企業側にとっても相思相愛であるかを確認する事が大切です。

 

  • 教育熱心な会社が多く、志望動機で理念への共鳴があるかをよく見られる傾向。

 

明確な志望動機を持とう

 学習塾業界は厳しい業界です。面接官はその中を何年も渡り歩いてきた業界のプロですから、なぜこの厳しい業界に飛び込んで来ようとするのか、その理由に大きな関心があります。中途半端な気持ちの人は続かないとわかっているからです。

 

 志望動機は人それぞれですが、自分の中で明確な理由を持っていなければ必ず見破られます。履歴書に志望動機を書く際は、面接で質問されてもしっかりと受け答え出来る内容になっているかまで、何度も再考してから記入したい所です。

 

  • 志望動機は質問に受け答え出来る様に、何度も再考しよう。

 

どんな志望動機が好まれるのか

 学習塾の講師は、子供の学力を向上させ合格に導くのが仕事です。しかし、その根底には子供に対する愛情がなければできない仕事と言えます。つまり「子供が好き」というのは塾講師をする上で、非常に重要な資質となるのでここは押さえておく必要があります。

 

 また、個別指導の教室長であれば、生徒の成長と合わせて、アルバイト講師の育成も大きな仕事の一つとなってきますので、「人材を育成できる仕事がしたい」という事は、生徒、講師の両方の育成に繋がるため好印象を与えるはずです。

 

  • まずは「子供が好き」という点が、塾講師をする上で非常に重要な資質。

 

本記事は2015/02/03の情報で、内容は塾講師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する