巫女と現代社会との関わり

職業:巫女

81views

imasia_5540169_M_R

 

大きな神社でも現代社会と隔たりがある

 神社職員は、組織という点では企業にある人間関係の縮図と大差はないと思われます。しかし、他業種との関わりが少なかったり、神道という一本道であり新しい道を作れない点において現代社会での多様性やイノベーションとは大きな隔たりがあるといえます。

 

  • 現代社会での多様性やイノベーションとは大きな隔たりがある。

 

経済との関わりは

 一般的に企業は景気が良くなると利益増加、給与アップとなります。しかし神社では景気が良い時が必ずしも社入金増加になるとは言い切れません。景気が良くなると七五三などお祝いごとで使うお金は増えるかもしれません。しかし、今の環境に感謝したりする気持ちはなくなり驕りがででくることもあります。そうなるとお賽銭が減ったり厄除祈願の減少もあります。

 

 逆に不景気の時には参拝者が増えます。近年起きたパワースポットブームなど、不景気には神頼みを思い浮かべる人が多いのです。

 

  • 神社では景気が良い時が必ずしも社入金増加になるとは言い切れない。

 

歴史の一部である神社の現在

 神社では、数百年後の歴史的価値を考えて、今もなお紙での記録を大切に保管しています。現代では数百年前の巻物などを貴重な記録だと判断し資料館などで保管されますが、これから先の未来でも同様の考え方かはわかりません。それでも神社は数千年から数百年続いているお社が多く、今までの歴史的記録を途絶えさせてはならないという思いがあるのです。

 

 記念大祭などで奉仕する時には奉仕者の名前が記録されます。今までの記念大祭で記録された奉仕者の後に続くことは、自分も歴史の一部として後世に伝わることをしたのだと、感慨深い気持ちになります。神社のお祭りの様式は昔からほとんど変わっていませんし、これから先も変わることはないです。と言うことは、過去、現在、未来のお祭りが全て同じことになります。社会の中で永遠を感じることは少ないですが、神社には不変の事柄がいくつもあるのです。

 

  • 神社には不変の事柄がいくつもある。

 

本記事は2015/11/20の情報で、内容は巫女としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する