巫女の階級

職業:巫女

810views

imasia_13978994_M_R

 

巫女の上下関係と階級

 巫女に明確な階級はほとんどありません。神職には資格により階級がありますが、巫女に資格はなく年功序列という社風です。給与上の階級はありますが、通常の勤務でその階級を意識することはありません。

 

 そして巫女の先輩はいつまでたっても先輩であり、上下関係が変わることはありません。しかし、厳しい上下関係があるわけではなく、先輩巫女は新人巫女から学ぶ姿勢も大切にしています。例えば長年巫女でいると初心の気持ちが薄れてきますし、舞は稽古をしていないと形が崩れてきます。そういった形で稽古したての新人巫女から吸収することも多いのです。

 

  • 年功序列となり給与上の階級はあるが、明確な階級はほとんどない。

 

複数の同期生と巫女長

 巫女に同期生が多数いる場合、業務効率の差が出ないように巫女長が指導します。しかし、得意不得意もありますので、多少の差が出てきてしまうことはよくあります。

 

 基本的に巫女は巫女長1人とその他大勢の巫女であり、年長者となるまでは同期生が何人いても同じ処遇です。勤続年数が最年長になったときに巫女長となるのは、同期生の中で仕事が出来る人が選ばれることが多いです。

 

  • 年長者となるまでは同期生が何人いても同じ処遇。仕事が出来る人が巫女長になれる傾向。

 

巫女長の役割

 巫女の最年長者が巫女長となり、巫女長は全体の仕事バランスを見て指示をしたり、アルバイトへの連絡や奉仕日の調整、シフト調整などを行います。また、新人の指導や神職への報告などを巫女長から行う場合もあります。作業の進捗状況を各巫女が神職に報告するのではなく、巫女長から報告することで神職や巫女長は仕事全体の把握ができます。

 

 その他にも巫女長は各巫女の仕事割り振りを決めます。巫女長の雰囲気や仕事の仕方によって、他の巫女たちのモチベーションや奉仕への姿勢も変わります。巫女長は巫女にとって非常に影響力のある存在なのです。

 

  • 巫女長は巫女にとって非常に影響力のある存在。

 

本記事は2015/11/20の情報で、内容は巫女としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する