未経験から塾講師へ転職

職業:塾講師

381views

imasia_13851477_M

 

未経験でも出来る塾講師

 塾講師というと専門性を求められる仕事に思われがちですが、転職して塾講師になった人は意外と異業種からが多いです。新卒でこの業界に入る人も出身学部は教育学部に限らず、工学部、農学部、経済学部などと様々です。予備校講師ともなると相当な学歴と、指導実績を問われますが、集団塾、特に個別指導の教室長であれば逆に業界に染まっていない未経験者を優遇している場合もあります。

 

 未経験でも、各塾で授業を行う前に研修やロールプレイングなど教育体系が整っている場合が多いです。なぜなら、その人の授業が塾の商品だからです。質の低い商品を出してお客様を裏切る事は、学習塾にとっては致命傷になりかねません。裏を返せばそれだけ、講師の教育には力を入れているのです。

 

  • 集団塾や個別指導の教室長であれば未経験者を優遇している場合も。

 

未経験者の強み

 未経験者の方は、当然授業をするレベルは経験者よりも最初は低いはずです。しかし、それは経験を重ねなければ上達しない問題で雇用する側の塾も分かっています。未経験者の強みは、他業種での幅広い経験です。塾講師は単に教えるだけでなく、授業中や面談で人生経験を語ったり、生徒の相談に乗ったりする場面が出てきます。そういったときに前職の経験や学生時代のアルバイトなどの経験は必ず役に立つはずです。

 

 雇用する塾側からすると、未経験者には授業も自己流ではなく、真っ白な状態からその塾に合った授業の流れで指導できるという利点があります。下手に前の塾の授業をされるよりも経験がない方が指導しやすいという訳です。

 

 個別指導の教室長の場合、異業種からの転職に関して積極的です。なぜなら個別指導の教室長に必要な能力は、マネジメント力、営業力、コミュニケーション能力だからです。生徒に教えた経験がなくても十分に通用するのです。

 

  • 他業種での幅広い経験が、未経験者の強みとなる。

 

未経験者が陥りやすい思い込み

 未経験者は、「自分はこの業界が短いから」「合格実績をだしたことがないから」ということで自分の価値を下げがちですが、そうではありません。

 

 もちろん、受験の知識や指導の力量は経験した講師よりも最初は劣ります。しかし、生徒の立場からするとそこは大きな問題ではありません。必要なのは「生徒の成績を上げてやる」「絶対に合格させてあげたい」という、一人一人の生徒に対する情熱です。

 

  • 必要なのは、一人一人の生徒に対する情熱。

 

本記事は2015/02/03の情報で、内容は塾講師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する