助産師の苦労とストレス

職業:助産師

604views

imasia_14702235_M_R

 

長時間勤務や夜間対応が多い

 助産師の苦労とストレスは、なんといっても時間に制限がないことです。病院勤務なら、ある程度勤務時間が終わればそれで勤務は終了ですが、分娩を途中で放って帰るわけにはいかないので残業はつきものとなります。

 

 また、夜間の呼び出しで緊急帝王切開に立ち会ったり、分娩応援に入ったりすることもある為、長時間勤務が多くなることが助産師の苦労であり、ストレスのもとになっています。夜間に忙しいという特性も女性である助産師にとっては、ホルモンバランスを崩したり、体調を崩したりする要因になっています。

 

  • 長時間勤務が多くなることが助産師の苦労であり、ストレスのもと。

 

常に緊張が続いている

 分娩は急性期であるという特徴も、助産師のストレスの一つとなっています。常に生死と向き合う現場で働く助産師は、気持ちが疲労しやすいです。体力もかなり使う為、しっかり休息とストレス緩和ができないと倒れてしまうケースもあります。

 

 時間的な制限がないこと、常に生死と関わる現場で働かなくてはいけないということが、助産師にとって最大の苦労でありストレスです。特に助産師は自分が疲労していることや、ストレスが溜まっていることに気付かずオーバーワークなる人が多いです。

 

  • 常に生死と向き合う現場で働く助産師は、気持ちが疲労しやすい。

 

助産師のストレス対処と課題

 助産師のストレス緩和は現場でも大きな課題となっています。助産師一人ひとりが自分の体と心のメンテナンスがきちんとできるよう、ストレス対処の方法を新人の頃から培う練習をしているところもあります。ストレスや苦労をきちんと対処できてこそ一人前の助産師とも言えます。

 

 また、周りがきちんとフォローできる環境が整っている病院こそ、良い病院といえます。現在では、助産師の苦労やストレスを緩和する働きとして、務改善に努める病院が増えています。時間になれば即座に勤務交代、申し送り業務など細かい業務の短縮、さらにリフレッシュ休暇の充実などです。

 

  • 助産師の苦労やストレスを緩和する働きとして、業務改善に努める病院が増えている。

 

本記事は2015/11/19の情報で、内容は助産師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

助産師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!ナース人材バンクと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!助産師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

ページ上部へ移動する