総合病院の助産師の求人

職業:助産師

111views

SONY DSC

 

総合病院は求人数と募集人数が多い

 総合病院の助産師の求人は、産婦人科病棟の求人ではなく病院の看護師・助産師として求人となります。その為、比較的毎年大量に求人を募集しているところが多いですが、産婦人科に配属になるかは分からないので事前に確認が必要です。中途採用も、産婦人科がある総合病院なら常に助産師を募集しているところが多いですが、これも産婦人科への配属は不確実です。

 

 また、年間分娩件数に関わらず常に一定数助産師を募集しており、新卒・中途採用共に募集人数が多いです。理由としては、入退職者が流動的という点と、助産師としてではなく、NICU(新生児特定集中治療室)や他科への配属もある為、産婦人科で働く助産師が充足していても募集しているところが多い傾向にあります。

 

  • 求人数や募集人数は多い傾向にあるが、産婦人科へ配属できるかは分からない。

 

総合病院で求められるのはあらゆる経験

 助産師の中途採用の場合、求められるのはあらゆる経験です。総合病院は異常分娩も多いので、正常分娩の経験だけでなく異常分娩の経験やNICU(新生児特定集中治療室)、MFICU(母体胎児集中治療室)の経験があると有利です。

 

 さらに、総合病院は正常分娩の件数が少なく経験不足の助産師も多いため、正常分娩を一人で見ることが出来る経験があると、指導者としても分娩を任せられる存在としても重宝されます。

 

 また、産婦人科に力を入れている総合病院だと助産師外来や母乳外来をしている病院も多いので、それらの経験があると尚良いです。

 

  • 中途採用の場合は、正常分娩だけでなく、異常分娩、助産師外来など様々な経験があると有利。

 

総合病院で夜勤が出来ないと非正規雇用の場合も

 夜勤が出来なくても求人はありますが、正規雇用にはなれないことがほとんどです。時間数で働くパートか、日勤だけの非正規雇用になります。

 

  • 総合病院で正規雇用を希望する場合には、夜勤をしなければならない点を念頭に置きたい。

 

本記事は2015/11/18の情報で、内容は助産師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

助産師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!ナース人材バンクと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!助産師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  3. ディップ運営の「ナースではたらこ」!求人件数の多さは業界トップ級!人材業界での豊富な情報が強みのサイト

ページ上部へ移動する