カーライフアドバイザー(自動車営業)経験者・未経験者の転職事情

職業:カーライフアドバイザー(自動車営業)

158views

imasia_8991156_M

 

全くの未経験でもOK

 カーライフアドバイザーの求人はほとんどが未経験者OKです。経験者なら優遇されますが、絶対必要条件ではありません。カーライフアドバイザーは一種のサービス業なので、どんな職種からもチャレンジできます。新卒入社で長年勤務を続けるケースが多いですが、転職者のほとんどは全くの未経験や異業種からやってきた人たちです。稼げるイメージがあるので高収入を得たいという理由で転職してくる人もいます。

 

 ただ基本的に、採用側はサービス業経験者を想定しています。中途採用の基本でもありますが、会社としては即戦力になる人材を求めているからです。最初から堂々とショールームに立ち、お客様のお相手ができるくらいの接客能力は絶対必要です。ブランド力が高いカーディーラーだと「社会人経験3年以上」などの規定がある場合もあります。

 

 そのため転職者も、同じサービス業や接客業からの人が多い傾向にあります。アパレルメーカーやホテル勤務を経て、もっと高いものを売ってみたいと考えたり、もっと社会的地位のある人に対して商売をしてみたいと考えて、カーライフアドバイザーを目指す人もいます。

 

 ただ、どんな職業からの転職でも、転職に至った理由を明確に話すことができ、採用担当者にカーライフアドバイザーとしての素質があると思わせることができさえすれば良いのです。やる気と体力と精神力があれば、比較的入りやすいです。

 

  • 未経験でも問題ないが、ある程度の社会人経験と接客スキルは問われることがある。

 

経験者は優遇

 もし一度でもクルマの販売という仕事をやったことがあるならば、カーライフアドバイザーへの転職はかなり有利になります。3年以上の勤続経験があればなおのことです。たとえそれがどんなに小さな販売店だったとしても、クルマを売っていたという経験は優遇されます。販売実績に自信のある人は具体的な台数も積極的にアピールすると良いです。

 

 以前取り扱っていたクルマと比べて、これから取り扱うクルマのランクが高い場合、例えば軽自動車専売メーカーから普通車販売が主流のメーカーへ転職するといった時は、なぜそのメーカーなのか、そこでなければいけない理由や、そこでどのようなスキルアップを目指しているのかが問われます。販売するクルマが変わるということは客層が変わるということですから、これまでの経験を活かしつつ、新しいお客様にどのようにアピールしていくのか、入念な準備が必要です。

 

  • クルマ販売の経験者は非常に有利。ただし、取り扱うクルマのランクが変わる場合は、そのメーカを選んだ明確な理由が問われる。

 

本記事は2015/11/06の情報で、内容はカーライフアドバイザー(自動車営業)としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する