Webデザイナーのキャリアプラン

職業:Webデザイナー

267views

imasia_15784107_M

 

Webデザイナーのキャリアプラン

 Webデザイナーの一般的なキャリアプランは、まずはWebデザイナーとしてWeb制作における知識や技術を身に付けます。最初のうちは小さなプロジェクトしか任せてもらえなくても、経験を積んで腕を磨けば大きくて知名度の高いプロジェクトに関われるようになってきます。目安は20代から30代で、このあたりでWebデザイナーのやりがいや楽しさを感じられると良いです。

 

 Web制作は集中力を要する仕事で、夜遅くまで残ることも多いです。体力的に限界を感じる40代から50代になったら、今まで経験してきた知識やノウハウを活かしてWeb制作のプロジェクトを取りまとめるWebディレクターに転向するという傾向があります。しかし、Webディレクターに転向してもやはり制作が好きで、片手間でも作り手として働く人もいます。また、WebデザイナーやWebディレクターをある程度経験すると、今度は自分のWeb制作会社などを設立する人も多くいます。

 

  • 40代を過ぎた頃、WebデザイナーかWebディレクターになるかの分岐点がやってくる。その後会社を立ち上げる人もいる。

 

海外勤務を希望する

 Webデザイナー を日本で経験して、海外で新たにWebデザイナーとして再出発する人もいます。渡航先として一番多いのがやはりWeb大国であるアメリカです。海外のWebデザイナーに転向する場合、実務経験は必須です。未経験ではかなり難しいと思っておくべきです。もちろん英会話が必須となりますが、英語が得意ではないけれど海外で仕事をしたいと考えている人はアメリカの日系企業を探すと良いです。もちろんゆくゆくは英語を学ばなければなりません。

 

 Webに関する技術の最新情報は英語で公開されることがほとんどで、Webデザインの技術を真髄まで極めたいという人は海外も視野に入れています。ただ、アメリカのWebデザイナーと日本のWebデザイナーでは、技術力も業務範囲も違います。もちろんアメリカの方がユーザーの見る目も厳しいですし、例え入社できたとしても戦力にならないと分かれば仕事が回ってきません。無事入社できて仕事をこなすようになれば、日本のWebデザイナーの2~2.5倍の収入が見込めますが、並大抵の覚悟では務まりません。

 

  • 狭き門だが、Webデザインを極めたいなら海外で働く道も。

 

本記事は2015/10/26の情報で、内容はWebデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する