Webデザイナーの悩み・苦労

職業:Webデザイナー

179views

imasia_2189631_M_R

 

技術面の悩み・苦労

 Webデザイナーは業務が幅広く覚えることが多いので、慣れるまではとても大変です。あまりに覚えることが多すぎてすぐに退職してしまう人もいますが、確かな技術と知識は自分への自信に繋がるので、最低でも自分1人でWebサイトを1つ作れるようになりたいものです。

 

 また、Webデザインにはその時のトレンドがあり、世界中で日々新しい情報が発信されるので、情報収集を怠るとあっという間についていけなくなってしまいます。さらに、Webデザインにはセンスも必要なので、優れたデザインをする人のところに仕事が集まりやすく、自分のやりたい仕事が他の人に回されてしまう場合もあり、ライバルが多いというのも悩みの種になりやすいです。

 

  • Webデザイナーは技術や専門知識など要求されるものが膨大で、さらにセンスも求められる。

 

待遇面や労働環境の悩み・苦労

 Webデザイナーには残業が付きもので、制作物の締め切りが重なると残業時間が長くなることもあります。ベンチャー企業や中小企業が多いため残業代が出なかったり、みなし残業として最初から給料に含まれている場合も多いので、収入面で不満に思うことも少なくありません。裁量労働制でいくら仕事をしても終わらず、さらに休日出勤せざるを得ない会社もあります。

 

 ある企業では、会社の徒歩圏内に引っ越しをすると住宅費をいくらか負担してくれる制度がありますが、終電を気にしなくて良い一方でエンドレスの残業が待っている可能性もあるので、残業事情を事前に調べておいた方が自分のためです。

 

 また、頻繁に飲み会を行ったり、全員参加の社員旅行を実施する会社もあり、待遇が良いとも言えますが仕事以外の付き合いが苦手な人は苦労する場面です。若い世代が多い業界のため、その雰囲気についていけないという人も中にはいますし、年齢を重ねるにつれて応募できる企業が少なくなるのも悩みどころです。

 

  • 労働時間と給料が見合わず不満を感じる人も多い。家賃補助など社員のための福利厚生が、実際は企業に都合良くできているケースも。

 

人間関係の悩み・苦労

 例えば企業内や中小規模の広告代理店勤務のWebデザイナーの場合、Web制作に関する知識を持つ人が周りにおらず、相談できる人がいなくて苦労することがあります。担当が自分1人だと自由に制作できる分、孤独に陥りやすいのも悩みの種です。

 

 また、ベンチャーの広告代理店などの場合、知識が全くない営業がWebディレクターを兼ねる可能性も高く、業務に支障が出たり、説明もなく丸投げされてストレスに感じる場面も多いです。またWeb制作会社はクライアントありきの業種のため、わがままなクライアントでも付き合わなければなりません。デザインを全く気に入ってもらえず何度もやり直しをしたり、言うことがころころ変わってなかなか仕事が進まないこともあります。Webデザインには正解がないので、人の気分次第でゴールが決まってしまうのも苦労する点です。

 

  • Web制作に詳しくない人の元での制作や、クライアントの理不尽な要求に振り回されるのが苦痛になることも。

 

本記事は2015/10/26の情報で、内容はWebデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する