Webデザイナーの勤務時間・休日

職業:Webデザイナー

210views

closeup holiday wording stack on calendar, reminder vacation concept and idea

 

Webデザイナーの勤務時間と休日

 企業の制作部門やメーカー勤めのWebデザイナーの勤務時間はその企業に準じますが、Web関係やIT企業などは出勤時間がやや遅めで9:30や10:00、もっと遅い企業では11:00始業のところもあり、8時間勤務の企業が多いので帰宅時間もその分遅くなります。制作をする場合は朝よりも夜の方が捗る人が多かったり、ベンチャー企業なら社長が夜型であったりといった理由が多いです。

 

 少し大きい企業になるとフレックス制を導入しているところもあります。通常は9時間拘束で1時間の昼休憩をとりますが、時間を決めていない場合が多く各々自由に休憩をとることができます。タイムカードがない場合、休憩時間を多少過ぎても大目に見てもらえますが、残業時間を把握せずに残業代未払いの会社も中にはあります。

 

 休日については、Webデザイナーという職種の場合は土日休みの企業がほとんどですが、ハードな職場で仕事が終わらなければ休日出勤の可能性もあります。しかし、そこまでひどい企業でなければ大抵は休日はしっかりとらせてくれます。Web関連の企業はベンチャー企業も多く、労働環境が良くないところもあるので注意が必要です。

 

  • 企業によっては、始業時間が遅いために帰りも遅くなることがある。休日は大抵カレンダー通り。

 

Webデザイナーの有給消化

 Webデザイナーの有給は、企業によって取得しやすさが変わります。有給消化を推進している企業や、社長や上司が進んで休みを取る場合は、社員も自分で仕事の予定を立てて有給を取得しやすくなります。反対に有給が取りづらく休日出勤もある企業も存在するので、面接時に有給取得率を聞いてみるのも良いです。

 

 誰でもオンとオフの切り替えがしっかりしている企業が良いと思うのは当然で、面接時に福利厚生や待遇のことを聞くのは不利にはなりませんが、あまりにそればかり聞くとやる気がない人だと思われてしまうので程々にしておきましょう。

 

本記事は2015/10/26の情報で、内容はWebデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する