Webデザイナーの独立・フリーランス

職業:Webデザイナー

107views

imasia_9757890_M_R

 

Webデザイナーが独立やフリーランスを選ぶ背景

 一昔前に比べるとフリーランスのWebデザイナーはとても増えてきました。多くのメディアがフリーランスやSOHOといった雇用形態に縛られない自由な仕事形態をもてはやしたのも理由の一つですが、フリーランスになっても生活していけるような基盤ができていることも大きな理由です。

 

 実際に、Webデザイナーとして独立し、自宅やカフェ、海外にいながら仕事をするなど、絵に描いたようなフリーランスの生活を送っている人も大勢います。その一方で、独立してから収入が大幅に減って困っている人もたくさんいます。独立やフリーランスの理想だけにとらわれず、安易な独立には危険が多く潜んでいることも常に頭に入れておかなければなりません。

 

 Webデザイナーが独立やフリーランスを考える背景は様々です。未経験者でWebデザイナーを目指す場合、就職先がなかなか決まらず最初からフリーランスとして働く人もいます。この場合は実績もないのですぐに仕事の依頼が来ることはなく、未経験可能なWebデザイナーのアルバイトを掛け持ちして収入を得たりします。

 

 数年Webデザイナーを経験してフリーランスを考える人もいます。勤め先やクライアントなどにフリーランスになったことを知らせておくと仕事を依頼してくれる場合があり、ここから継続的な依頼に発展することが多いです。しかし最初のうちはやはり安定した収入を得るのが難しく、Webデザインのアルバイトなどをしながら生計を立てる場合が多いです。

 

  • フリーランスのWebデザイナーや独立する人は増えつつあるが、綿密な準備が必要。

 

独立・フリーランスの準備

 フリーランスになることを考えた時、まずは自分のパソコンでクリエイティブ類を作れる環境を準備することが必要です。デザインをするならフォトショップやイラストレーターでの制作を求める企業がほとんどで、もしもフリーソフトを使うなら保存できる形式を調べておかなければなりません。自前パソコンに制作環境が整えば、自宅で仕事をしようが気分を変えて外で仕事をしようが思いのままです。

 

 一番大事なのは仕事をどのように見つけるかです。元企業勤めのWebデザイナーならば前職やクライアントに仕事の依頼をお願いしてみるのも効果的ですし、未経験者でも企業に営業活動をするのも一つの手です。クライアントとWebデザイナーを繋ぐポータルサイトやクラウドソーシングなどを利用する方法もあります。公募的な要素が強く、未経験者でも応募できるので実力をつけるのには良い機会ですが、そればかりに気を取られてしまうと収入が得られず時間だけを食いつぶしてしまうことにもなりかねないので注意が必要です。

 

 Webデザイナーが起業する場合は、どれくらいの規模にするかなどの明確なビジョンが必要になってきます。1人でも会社設立は可能ですが、ゆくゆく人を雇用する場合などは、しっかりと経営計画を立てておかなければ給料が支払えない事態に陥る可能性もあります。営業活動をして安定した収入を得ることが最初の難関になります。

 

  • デザインソフトなどPC環境を整えたら、まずは仕事を見つけること。

 

独立やフリーランスのメリットとデメリット

 Webデザイナーが独立したりフリーランスになることの最大のメリットは、時間を自由に使えるということです。仕事の予定も遊びの時間も全て自分次第です。急な用事でも自分の裁量でどうにかできてしまうのは大きなメリットです。また、売れっ子のWebデザイナーになれたなら、企業に属するよりも確実に利回りは良くなります。営業もマネジメントも、もちろん制作も全て自分の思いのままになります。

 

 一方でデメリットは、こういったマネジメントや営業に関する全てを自分1人で担わなければならないということです。制作は得意でも営業は苦手という人はたくさんいます。また、経験者でも未経験者でも、最初は収入が不安定になりりがちです。時間が自由に使えても、その莫大な時間をどう使えばいいのか不安になるという人もいます。

 

 定期的な仕事が確実に入るとは限らないということがフリーランスの最大のデメリットです。あらゆることがメリットにもデメリットにもなり得るということを理解しておかなければなりません。

 

  • 独立のメリットとデメリットは紙一重。よく考えてから行動すべき。

 

Webデザイナーの独立・フリーランスの現実とこれから

 独立、フリーランスとなったデザイナーが安定した生活を送るにはたいてい数年はかかります。経験に関わらず、まずはどのようにクライアントをつかむかが鍵となります。フリーになってすぐにクライントがついてくれるというのは稀で、余ってしまった時間で企業の常駐アルバイトをして生活の足しにする人もいます。独立後も片手間に何かをしているという人は大勢いるのです。

 

 また、フリーランスはずっと1人で仕事をしなければいけませんから、独立して成功したけれどやはり企業勤めがしたいと考えて再度就職する人もいます。手に職があり潰しが効くという意味では、Webデザイナーという職業は強いです。

 

 独立して起業した場合は、どのように会社を継続し、拡大させるかが課題となります。経営の主軸をWebから路線変更して全く別のサービスを手掛けて会社を運営していくなど、経営者としての手腕が問われます。一方フリーランスでは、安定した収入を得られるようになったとしても、WebデザインからWebディレクション、営業から経営管理まで全て自分1人でこなさなければなりません。いつまで、どこまでフリーランスとして頑張るか、将来の貯蓄はどうするかなども考える必要が出てきます。

 

  • フリーランスも独立も、必要な課題を把握しておき、将来のビジョンをしっかりと見据えることが大事。

 

本記事は2015/10/26の情報で、内容はWebデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する