Webデザイナーの適性(向き・不向き)

職業:Webデザイナー

834views

SONY DSC

 

Webデザイナーの適性を知るには

 Webデザイナーになりたいと思ったら、Webサイトの作り方の本を1冊読んでみると良いです。そこで自分の向き不向きが分かります。難しそう、大変そうと感じて簡単に諦めるようなら時間を無駄にしなくて済みます。難しそうだけれどチャレンジしたいと思い、好奇心を持って取り組めそうな人ならばWebデザイナーに向いている可能性があります。

 

Webデザイナーに向いている人

 Webデザイナーはパソコンのスキルが必要不可欠です。デザインは好きだけれどパソコンに苦手意識があるという人はやや厳しいです。また、Web業界は移り変わりがとても早く、情報量も多いです。本当にWebデザインが好きな人でないと情報収集や学ぶことが苦になります。新しい情報や知識を学ぶことが好きな人ほど向いている職種です。

 

 また、Webデザインやバナー作成の際には専用ソフトでデザインをしますが、1㎜以下のマス目の彩色を気にしなければならない時があります。緻密な作業や細かい部分にこだわることができる人こそ、センスの良いデザインをすることができます。さらに、アルゴリズムを理解することが重要なので、全体の構成を考えたりマークアップしたり、デザインの裏側を扱う上でも、理論的な人は向いています。

 

 また、Webサイトを作っていくと必ず分からないことが発生して壁にぶつかりますが、その時に自分で本やWeb上で解決策を見つけられるということも大事になってきます。

 

  • Webデザイナーに向いているのは、細かい作業も正確にこなし、理論的な性格で、学ぶことに貪欲な人。

 

Webデザイナーに向いていない人

 まず、飽きっぽい人と忍耐力がない人はWebデザイナーには向いていません。Webデザイナーには集中力が必要不可欠ですから、仕事が粗く、大雑把な人も向いていません。Webデザイナーの仕事は単調な業務も多いですが、だからといって単調な作業だけを好む人も向いていません。クリエイティブな仕事のため、自分のセンスが必要です。アイデア次第で人の目を引くデザインを生み出すことができます。単調な作業ばかりを好み創意工夫が苦手な人はWebデザイナーになるのは難しいです。

 

 また、若い世代が多い業界で、まだまだ転換の余地がある職種です。長年Webデザイナーを勤めていると必ず変革の時が訪れますが、変化を恐れて安定を望む人もWebデザイナーには不向きです。Webデザイナーが現実的にどのような職種なのかをしっかりと見て、自分の性格とよく向き合い、判断することが大切です。

 

  • アイデアやセンス、創意工夫に欠け、変化を恐れる安定志向の人は向いていない可能性。

 

本記事は2015/10/23の情報で、内容はWebデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する