アルバイト・派遣のWebデザイナーの求人

職業:Webデザイナー

51views

SONY DSC

 

Webデザイナーのアルバイトの求人事情

 アルバイトのWebデザイナーとして入社すると、正社員のアシストとしてWebサイトのデバッグやサイトの動作確認、文章の誤字脱字のチェック、広告用バナーの制作など、そのほか庶務的な役割を行うことが多いです。しかし、アルバイトとして入社しても熱意や技術によっては正社員になれることもあります。面接の際に正社員登用されるかを確認しておくことが望ましいのですが、会社との相性や自分のスキルアップ次第で正社員登用の可能性も高まります。

 

 将来的に正社員になれる見込みがある場合、通常のアルバイトよりは、深く濃い業務内容が求められます。自分1人でWebサイトを作れるのはもちろん、サーバーへのアップや更新、クライアントとの打ち合わせといった正社員とほぼ同じような仕事を任されることもあります。アルバイト雇用の場合は未経験者も広く受け入れている企業も多いので、まずはアルバイトから始めて自分がWebデザイナーに適しているかを見極めるのも良いです。

 

  • アルバイトは正社員のサポートや庶務的な役割が多いが、やる気次第で正社員登用もあり。

 

アルバイトとして働くメリット

 Webデザイナーがアルバイトとして働くメリットは様々ありますが、ひとつは絶対に残業をしたくない場合に有効な雇用形態です。時給制なので厳しい締め切りを設けにくく、精神的にも楽な部分があります。また、正社員で働いていた人が結婚して別の企業アルバイトとして入社し、家庭と仕事を両立するケースもたくさんあります。雇用側と働き手の利害関係が一致している良いパターンです。

 

 また、フリーランスのWebデザイナーがアルバイトとして企業に入社し、生計を立てている人もいます。さらに前述の通り、Webデザイナーのアルバイトは正社員の近道でもあります。未経験者はアルバイトも検討してみると良いです。アルバイトは雇用形態が不安定ではありますが、自分の生活に見合うならうまく活用すべきです。

 

  • アルバイトは不安定な雇用形態だが、Webデザイナー未経験者や勤務時間に制約があるなど人がうまく利用すればメリットも大きい。

 

Webデザイナーの派遣社員の求人事情

 大手から中小まで多くの派遣会社がWebデザイナーの派遣を行っています。業務内容は実力によって変わり、庶務やアシスタントのポジションから、即戦力としてバリバリWeb制作をこなすパターンもあります。

 

 派遣社員はやはり雇用形態が不安定で、ボーナスがなかったり雇用期間に制限があったりなど何かと不本意なことが発生しやすいです。大手派遣会社やWeb専門の派遣会社ならば次々と新しい企業を紹介してバックアップしてくれるので、1人で転職活動をするよりは心強いです。

 

本記事は2015/10/23の情報で、内容はWebデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する