Webデザイナーに求められる知識・スキル

職業:Webデザイナー

113views

imasia_9338848_M_R

 

Webデザイナーが知っておくべき知識

 Webデザイナーの仕事内容として、Webサイト制作、ランディングページの作成、広告用バナーの作成、更に場合によってはチラシの作成などWebに限らず紙媒体のデザインを任される時もあります。そのため、Webデザイナーにはあらゆる制作の知識、スキルはもちろん、計画力、センスなども問われてきます。

 

 まず必ず身に付けなければいけないのは、デザインをするためのソフトの使い方の修得と、描いたデザインをウェブ上で形にするためのマークアップ言語の理解、そしてCMSや企業それぞれの独自システムです。それに加えて、Web業界は移り変わりの早い業界です。日々アンテナを張り巡らせて貪欲に知識を吸収しなければすぐにトレンドについて行けなくなり、Webデザイナーをしているのが苦になってしまいます。

 

  • デザインソフトの使い方の習得やマークアップ言語の理解はもちろん、新しい知識を吸収し、日々学ぶ意欲が必要。

 

制作に必要なデザイン知識

 Webデザイナーの必須知識としては、デザインをするためにアドビ系のソフトを使います。フォトショップやイラストレーター、ファイアーワークスなどです。ファイアーワークスはWebデザインをするのに特化したソフトで、フォトショップは画像を編集するのに適しており、イラストレーターは印刷用のデザインをするのによく使われます。

 

 どのソフトもそれぞれ特化した機能がありますが、決まりは特にありません。会社によって、Webデザインをファイアーワークスでするところもあれば、フォトショップでするところもあります。少ないですがイラストレーターでWebデザインをするところあります。自分が良いデザインをするために正解はありませんので、柔軟に対応しましょう。

 

 また、アドビ系のソフトは値段が張ります。フリーソフトでも画像編集やWebデザインができるソフトはありますが、大概の企業ではアドビソフトでデザインをしていることが多いので、Web業界では必須アイテムです。

 

  • 思い描いた通りのデザインをするために、アドビ系のソフトを使いこなせることが必須。

 

制作に必要なコーディング知識

 Webサイトのデザインが決まったら、次は作ったデザインをWeb上に表示させるためにマークアップ言語のHTMLやCSSを使ったコーディング作業を行っていきます。これは、パソコンにどんな表示をさせるかを命令するための言語で、Webデザイナーには必須の言語です。

 

 このコーディングの時、どのようなサイトを作ろうと、どの企業から依頼されようと、必ず同じように書かなければいけない部分がたくさん出てきます。効率よくサイトを構築するためにも、同じようにコーディングする部分はテンプート化してコーディングの際に役立てると良いです。場合によってはWebデザイナーは簡単なプログラムを理解しなければいけない時もあります。エントリーフォームやCMSなどを扱う時は、PHPやpythonもWebデザイナーが扱えるようにしておきたい言語です。

 

  • コーディングでは特にマークアップ言語やプログラムに関する知識が必要となる。手間を惜しまず習得すべき。

 

本記事は2015/10/15の情報で、内容はWebデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する