Webデザイナーの魅力とやりがい

職業:Webデザイナー

534views

SONY DSC

 

WEBデザイナーの魅力

 Webデザイナーには多様な知識と技術が求められ、たくさんのことを学ばなければなりません。つまり誰にでもできる仕事ではないということです。そのため、一般事務職などと比べると給料設定を高めにしている企業が多いです。

 

 また、Webデザイナーとして企業に勤めると必要なソフトやツールがしっかり揃っていて、自由に使わせてもらえるのも魅力的です。Webサイトを作る際のレイアウトチェック用に携帯やタブレット端末が揃っていることが多いのも、Webデザイナーならではです。

 

 大企業や堅い業種だとパソコンの設定やWebサイトの閲覧、ソフトのダウンロードに規制をかけていることがほとんどですが、Web業界は大概パソコンを個人の自由に使わせてくれるので、日中も自由にパソコンを使いこなすことができます。自由度が高いという意味ではとても魅力的な職種です。

 

  • Webデザイナーは大変だが、自由度が高いという点は大きな魅力。

 

Webデザイナーのやりがい

 20代、30代の若い世代が活躍している業界ですから、たとえ未経験者でも、学歴がなかったとしても、実力次第では実務経験の年数に関わらず重要なポジションに就くことができたり、グループリーダーになれたりもします。もちろん企業にもよりますが、実力がものをいう世界なので、自分のやる気と発想次第でスピード出世したり年収アップすることが可能です。これはモチベーションを上げる絶好のポイントとなるはずです。

 

 また、Webサイト制作には必ずクライアントが存在します。Webデザイナーの立場からたくさんの業界を垣間見てその世界に触れることは、自分の視野や世界が広がるきっかけにもなります。例えばECサイト制作に特化した企業なら新商品の情報も入りやすく、流行に敏感であるべきWebデザイナーにはぴったりです。

 

 日本にはまだまだWebやITに関するリテラシーが低い企業がたくさんありますが、Web業界は先進的な側面を持ち合わせているので、その中でWebデザイナーをしているというのは自分への自信にも繋がります。

 

  • 経験年数が浅い若手でも、実力があれば昇進や給与アップが期待できる。Web制作を通して多様な業界に触れられるのもやりがいの一つ。

 

Webデザイナーを長く続けるために

 Webデザイナーという職種は非常に人の入れ替わりが早く、早ければ1ヵ月から3ヵ月程度で辞めてしまう人もいます。Webデザイナー自体の敷居は比較的低いですが、向き不向きは顕著なのです。そういった人は早くに見切りを付けられるので良いのですが、2~3年続けてから辞めてしまう人も多く、これは非常にもったいないです。

 

 長く続けるためには、Webデザイナーの仕事の魅力や自分なりのやりがいを早いうちに見つけることです。もちろん職場環境や人間関係に恵まれるのが大前提です。Webデザイナーとしてある程度の力が付いてきたら、ディレクターなどに転向するのもWeb業界での綺麗な継続の仕方です。

 

 また、どうしても別業種へ転職することになった時は、Web制作のノウハウやそれらに付随するマーケティングの知識を身に付けておけば他の職種でも役立つことが多いです。Webデザイン以外の転職の幅を広げられるというのもWebデザイナーの魅力の一つです。

 

本記事は2015/10/15の情報で、内容はWebデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する