Webデザイナーの転職と年齢

職業:Webデザイナー

508views

imasia_8245789_M

 

Webデザイナーの平均年齢

 Webデザイナーは比較的若い世代が多いです。Webサイトの作り手としては20代から30代が最も多く、40代、50代は作り手としては徐々に少なくなり、才能があれば管理職等に回ることが多いです。Web制作はたくさんの知識やセンスが必要になり、トレンドや技術も目まぐるしい勢いで変わります。またWeb制作という職種は裁量労働制をとる企業も多いので、制作が行き詰れば夜遅くまで残るというのはよくある話です。こういったことからも、Webデザイナーは体力勝負的な一面を持ち合わせているのが分かります。

 

 若い業界だからといって、おしゃれなオフィスでミーティングをして、華麗に素敵なデザインを作り上げるというのは現実とは違います。若い世代が多いWebデザイナーだからこそ、体力的なことも含めて将来の人生設計をしっかりと考えなければなりません。一生Webデザイナーでは体力的にも無理が出てくるのです。

 

  • Webデザイナーの平均年齢は低め。自分の年齢を考慮し、Webサイトの作り手と管理職との切り替えを考える。

 

未経験のWebデザイナーの転職は何歳までか

 Webデザイナーの求人は、年齢制限が設けられているものも少なくありません。28歳まで、30歳まで、35歳までというものがよく見られます。Webデザイナー未経験の場合、転職は20代までが限界だと考える人もいますが、30代の未経験者でもWebデザイナーへの転職に成功したという人はたくさんいます。

 

 Webデザイナーの転職ではスキルはもちろん必須ですが、それと同様に大事なのが、これまでの経験を新たな職種であるWebデザイナーでどのように活かすかということです。若さ溢れる20代と30代では、体力的には30代が劣ってしまうかもしれませんが、人生経験が勝っている分、異業種で培った知識と経験をWebデザイナーとして活かすことができます。

 

 また、たとえ年齢制限が設けられていて自分が該当しなかったとしても、すぐに諦めてしまうのは大変もったいないことです。募集の基準が設けられていたとしても、問い合わせてみると意外と応募させてくれる企業は多いものなので、気になる求人情報があればどんどん問い合わせをしてチャンスを手に入れるべきです。

 

  • 求人の年齢制限を気にしすぎず、自分が何ができるかをしっかりアピールすることが大事。

 

年齢に応じた将来設計を考える

 何歳で転職したとしても、自分のためにも必ず考えておきたいのが将来の人生設計です。Webデザイナーを求めている企業は様々で、企業によってキャリアプランが大きく異なってきます。キャリアを考えた時、企業の専属のWebデザイナーはあまりお勧めできません。中小企業の場合、一般事務などと同様に扱われて出世とは程遠くなる可能性が高いからです。

 

 Web業界で一生働いていきたいと考えるならば、Web関連企業やIT関連企業に就職し、作り手としてコツコツと働く一方、一定の年齢になったら知識やノウハウを活かしてディレクターや管理職になるのも一つのキャリアプランであり、成功しやすい事例の一つです。また、Webデザイナーに転職して経験を積んだら、さらにまた別の業種でWebデザイナーの経験を活かしたキャリアプランを練るというのも一つの手です。

 

  • 業種によってWebデザイナーのキャリアプランが変わるので、年齢も含めてしっかりと計画を立てておく。

 

本記事は2015/10/09の情報で、内容はWebデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する