Webデザイナーの転職時の心構え・自己PR

職業:Webデザイナー

348views

imasia_6414120_M

 

Webデザイナーの転職時の心構え

 Webデザイナー経験者ならば、給料面や職場環境をより良くするために転職する人も多いです。その一方で、未経験者の場合はWebデザイナーを「パソコンを優雅に使いこなす華やかな職種」とイメージし、憧れを抱いて転職を考える人も多いです。また、様々なソフトを使いこなすことで手に職が付くと考え、将来を見据えて転職活動をする人もいます。

 

 もちろん、経験者の方が優遇される傾向にはありますが、未経験者でもWebデザイナーへの転職の準備をしっかりと行えば必ず採用への道は開けます。自分の将来の姿がはっきりとビジョン化されている人は転職活動もうまくいきます。採用されるためには、自分がなぜWebデザイナーになりたいのか、自分のスキルは何があるのか、何が足りないのか、応募する企業で自分がWebデザイナーとして働いている姿がしっかりと想像できるかが重要となってきます。

 

 また、Web業界は移り変わりが早いのも特徴的で、憧れを抱く人でも向き不向きがあるのが現実です。Web業界とはどんな業界なのか、Webデザイナーとして働くにはどのような業種があるのか、しっかりと将来のビジョンを立ててからでも転職は遅くはありません。Webデザイナーの仕事内容、責任の重さは、業種によって様々です。多種多様な企業がWebデザイナーの人材を求めている中、自分がどのようなWebデザイナーになりたいかを考えることは転職の第一歩です。

 

  • Webデザイナーとして転職するなら、まずはWeb業界や仕事内容を知る。漠然と転職するのではなく、自分の将来のビジョンもしっかりと視野に入れる。

 

Webデザイナーの転職と自己PR

 Webデザイナーになるために必ず必要なのはWeb制作のためのスキルです。Webデザイナーとしての実務経験も重視されますが、未経験者ならなおの事、Web制作のための知識と技術を学んでから転職活動をしなければ採用されることは難しいです。

 

 Webデザイナーの転職時には、ポートフォリオで自分が作ったWebサイトを採用担当者に見せなければならないことがほとんどです。そして、自分はこれだけのものを作れます、ということを売り込まなければならないのです。未経験者でも転職用の見本として架空のお店などのWebサイトを作って面接に持ち込み、そのWebサイトが面接官の目に留まればとんとん拍子に話が進むということもよくあります。

 

 他にもコミュニケーション能力やリサーチ力など、Webデザイナーがアピールできるスキルはたくさんありますが、やはり第一関門の面接をクリアするということを考えたら、制作スキルを一番にアピールするに越したことはありません。Webデザイナーの人材は不足していますから、どの企業でも優秀な即戦力を欲しがっているのです。

 

  • 転職前にはWeb制作の技術をしっかり学び、面接官の目に留まるデザインセンスを身に付けて自己PRにつなげる。

 

本記事は2015/10/09の情報で、内容はWebデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する