Webデザイナーの年収相場

職業:Webデザイナー

265views

imasia_15428078_M_R

 

Webデザイナーの年収相場は?

 基本的にWebデザイナーの年収相場は低い傾向があります。20代から30代で年収200万~、高くても500万円といったところです。ある年齢に達して全く給料が上がらなくても責任だけが上がっていく場合も結構あります。デザイナー志望者というのも非常に多く、好きなデザインを仕事にしていけるなら給料面は我慢するという人もいるのが現実です。

 

 この中から頭一つも二も抜きん出た人が年収1000万円を超すのです。大手広告代理店のクリエイターなどがまさに良い例です。

 

Webデザイナーの希少性と年収

 Webデザイナーの就職先には、広告代理店や企業内での専属のWebデザイナーというものがあります。企業にもよりますが、基本はWeb制作中心の会社ではないのでWebデザイナーの雇用は1人か2人と少なめのことが多いです。この場合、普通の事務職よりは給料面で優遇しているところがほとんどです。社内でWebデザインができる人がいないという希少性から、必然的に給料面を高く設定しているということです。

 

 しかし、スキルアップという面を考えると相当頑張らなければ成長が止まってしまう可能性もあります。また、Web制作が会社のメイン業務ではないため評価がされにくく収入アップが見込めないというのも現実としてあります。生涯年収で見たらこんなはずではなかった、ということもあるので覚悟と注が必要です。

 

  • Web制作がメイン業務でない会社の場合、デザイナーの給与設定は高め。しかしスキルアップしにくい、評価されにくく年収アップが期待できないという可能性も。

 

Webデザイナーのキャリアプランと年収の関係

 Webデザイナーからキャリアアップして年収アップを目指すというのは、Webデザイナーをしている人の共通の通過点です。Webデザイナーとして一通り制作のノウハウが身に付いたら、次はWebディレクターとしてクライアントからどんなサイトを作りたいかをヒアリングし、Webデザイナーに的確な指示を出します。制作プラン表を作り全体の進行の管理を行うのもディレクターの仕事です。

 

 ディレクターの仕事内容も濃く大変ですがそれなりに評価もされやすいため、年収アップが期待できます。ここから独立して更なる年収アップを目指す人もいます。

 

  • 制作スキルを身に付けたら、次はWebディレクターとしてのキャリアを積んで年収アップを目指す人もいる。

 

本記事は2015/10/09の情報で、内容はWebデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する