Webデザイナーの仕事内容

職業:Webデザイナー

162views

Content Creativity Digital Graphic Layout Webdesign Webpage Concept

 

Webデザイナーの一般的な仕事とは

 Webデザイナーの主な仕事は、ディレクターが作ったWebサイトの構成を基に、美しくかつ機能的なWebデザインを作り上げていくことです。Webサイトの大まかな作り方として、描いたWebデザインを何度も修正を繰り返した後ブラウザ上で見えるようにするためにHTMLやCSSなどの言語を使って1つのWebサイトを組み立て、Web上で公開していくのです。

 

 このWebデザイン(デザイナー)をする人と、HTMLを使ってサイトを形作る人(コーダー)は、企業によっては別の人で作業を分担しているところもありますし、1つのサイトを一貫して1人のWebデザイナーが行うというところもあります。ただ、作業効率を考えてもやはりデザインとコードが書ける人の方が強いです。

 

  • Webデザイナーの業務内容の幅は企業によって違うので、事前に確認が必要。

 

制作するWebサイトの内容

 Webデザイナーとして主にデザインを中心にやっていきたいと考えている人が注意しなければならないのは、Webデザイナーとして働くうえで、自分の興味が有る無しに関わらず多種多様なWebサイトを作っていかなければならないということです。

 

 時代によってWebサイトのトレンドというものがありますから、自分もそれを取り入れたいと思うかもしれません。しかし、いくらトレンドといってもクライアントが気に入らなければ意味がありません。Webデザイナーとしてクライアントの求めるデザインを作り上げなければいけないのです。また、就職する企業によってWeb制作で取り扱うジャンルも異なります。ここは面接の時にしっかり聞かなければなりません。

 

  • Webサイト制作は芸術家ではないので、いつでも自分の好きなデザインができるとは限らない。

 

Webデザイナーは日々の勉強が必須

 Webデザイナーとしての就職にあたっては、WebデザインもHTMLスキルもある人の方が確実に有利です。当然ですが、Webデザインは多種多様なものを描きます。一方、HTMLでWebサイトを組み込むコーディングという作業は忍耐力が必要です。書き方が間違っていればデザインした通りに表示されず、書いたコードとにらめっこし続けなければなりません。

 

 また、コーディングという作業ではHTMLという言語以外にもCSSを扱い、JavaScriptというプログラム言語も使うことになるはずです。既に作り込まれているサイトやテンプレートをカスタマイズして新たなWebサイトを作るということもよくあります。これらの技術は日々、世界中から最新の情報が発信されています。常にアンテナを張っていなければついていけない業界なのです。

 

  • Webの技術は日々変化している。向上心がなければWebデザイナーとして生き残れない。

 

本記事は2015/10/09の情報で、内容はWebデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する