都市銀行(メガバンク)に向いている人

業界:都市銀行(メガバンク)

690views

imasia_15861663_M

 

営業職に向いている人

 都市銀行の営業職は、総合職の法人営業と地域総合職の個人営業があります。この2つの職種に向いているのは下記のような人です。

 

(1)目標に向かって最後までその仕事を粘り強く達成する意欲がある人

 

 営業職には必ずノルマが発生します。年間、月間、週間のノルマなど、部署でたくさんの目標を決められます。これを達成することが営業職の使命です。

 

(2)人の話をよく聞き、解決方法を考えることができる人

 

 営業職で大事なのは、人とのコミュニケーション能力です。人の話をよく聞いて理解することがとても重要なので、これが欠けている人は営業職には向いていません。

 

(3)周囲に合わせられる協調性と柔軟性を兼ね揃えている人

 

 営業職というものは、1人で案件をやり遂げることはほとんどありません。部署内の上司や先輩、本部の人やお客様など、周囲の協力があってこそ完遂できるのです。また、案件が進むにつれて思わぬハプニングが起きるかもしれません。そんな時でも柔軟に対応できる力を持っていることがとても大事になります。

 

(4)明るく元気に仕事に打ち込むことができる人

 

 特に営業職というのは、対人の仕事になりますので、明るい対応でお客様にも好印象を与えられる人が向いています。

 

(5)優先順位をしっかりと判断できる人

 

 都市銀行の業務は、毎日色々な案件が同時進行しているため非常に忙しいです。そのような場合、仕事の優先順位をしっかりと把握して行動することが必要になります。

 

(6)困ったことがあればすぐに誰かに相談できる勇気を持っている人

 

 例えば自分が悩みを抱えていて、それを誰にも打ち明けられないまま仕事をしていると、仕事や身体に支障をきたすことがあります。つまり、ストレスが溜まってしまって最終的に仕事を辞めざるを得なくなる人がとても多いのです。仕事の悩みからプライベートなことまで、誰かに相談する勇気を持っているというのはとても重要なことなのです。

 

  • 優先順位を考えながら高い目標を達成するために日々努力し、周囲の事も気遣いながら明るく元気に仕事に打ち込める人。

 

本部セクション(専門職)に向いている人

 都市銀行の本部セクションに向いている人というのは、営業職とは少し異なってきます。もちろん営業職の適性を兼ね備えていれば非常に良いですが、そのうえで専門職ならではの適性というものもあります。

 

(1)その分野の専門性をとことん極めていく向上心を持っている人

 

 専門職というのは、常に最先端の専門スキルが要求されます。そのため、常に向上心を持って仕事ができる人が向いています。

 

(2)その分野に興味を持って取り組むことができる人

 

 専門職の場合、どの分野を担当するかは人事部やその部署の上司が決めるので、自分の興味のない配属される場合がほとんどです。その際でもその道のプロとして仕事をしなければならないため、与えられた仕事に興味を持てるということが重要です。

 

(3)話が上手な人

 

 話が上手いというと、営業職に必要な要素だと思われがちですが、専門職にとっても非常に大切です。というのも、お客様が専門的なことを聞くのは、営業職ではなく専門職です。ほとんどのお客様は、プロというイメージを営業職ではなく専門職に対して抱いています。そのため、専門職の人の話や説明が上手でなければ、その分野のプロというイメージが崩れてしまい、それが銀行の印象や評価にもつながりかねないのです。

 

  • たとえ興味がない分野でも積極的に取り組む向上心と探求心、プロとしてお客様に説明できる会話力の高さを備えた人が良い。

 

一般職に向いている人

 一般職はほとんどが事務職ですので、営業職や専門職の適性とは異なってきます。

 

(1)丁寧に、親切に応対できる人

 

 窓口業務をこなす、あるいは厳しい環境で仕事をしている法人営業のアシスタント業務を主な仕事としていますから、丁寧かつ親切に応対できるということはとても重要なのです。これができなければ、一般職の仕事をこなすのは難しいです。

 

(2)周囲を見渡し、気が利く人

 

 特にアシスタント職の人とって重要な要素です。気の利かない人はその部署から必要とされません。常に周囲にアンテナを張り巡らし、気配りのできる人が向いています。

 

(3)正確に業務をこなすことができる人

 

 都市銀行の事務職にとって、正確さというのは大変重要です。1つのミスが大きなハプニングを発生させてしまうこともあるからです。正確さについて1番敏感になるべき職種は、営業職や専門職よりも一般職です。

 

  • 正確に仕事をこなせることはどの職種よりも重要。更に、常に周囲に気を配りながら、親切かつ丁寧に対応できる人が向いている。

 

本記事は2015/10/02の情報で、内容は都市銀行(メガバンク)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

都市銀行(メガバンク)に関連する転職者の声

  1. (海外)証券会社から銀行のディーリング部門へ
ページ上部へ移動する