英語力を活かせる葬儀会社の求人

業界:葬儀会社

120views

American Military Cemetery, Omaha Beach, Colleville-sur-Mer

 

英語力が活かせる葬儀会社はあるのか?

 結論から言うと、「英語力が活かせる葬儀会社の求人」というのは、まったくと言っていいほどありません。これにはいくつかの理由があります。

 

 まず、「葬儀」というのは、基本的にはとても「日本的な」概念にのっとって行われる、ということです。ほとんどが仏教や神道での葬儀であり、そこには英語力が入り込む隙間がありません。また、キリスト教の葬儀であっても、基本的には日本語で司会―進行が行われるため、英語力が必要となる場面がありません。

 

 クライアントとのやりとりにも、英語力が活きる場面というのはほとんどありません。葬儀屋がやりとりするクライアントというのは、花屋や料理屋、病院などです。外国語が必要とされるケースはほとんどなく、使いどころがありません。

 

 また、日本に住まわれている海外の方がなくなった場合も、国元で葬儀を挙げるケースも多く、ご遺体の搬送などが行われます。このときに英語力を活かせることもありますが、これも非常にレアなケースです。

 

英語力が活かせる場面はある?

 このように、日本の葬儀会社に勤める上では、英語力を活かした活躍というのはなかなか難しいのが現状です。日常会話だけでなく、専門的な会話をできる人であっても、「英語力があること=葬儀屋への転職が有利になる」ということは、ほとんどないでしょう。

 

 ただ、それでも、「葬儀の場面で英語力を活かしたい」と考えるのであれば、比較的外国の方が多く住まわれている地域の葬儀会社に転職する、という手があるかもしれません。母集団が大きくなれば、その分英語を使う機会というのは増える可能性が高いからです。ただ、いずれにせよ、「英語力を活かせる葬儀会社」というのは、選択肢が狭いことには変わりありません。

本記事は2015/10/01の情報で、内容は葬儀会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する