30代での葬儀会社への転職

業界:葬儀会社

187views

imasia_2058337_M

 

「一般常識」「学ぶ力」が求められる30代での葬儀屋への転職

 これは葬儀業界に限ったことではありませんが、30代での転職の場合、「一般常識」と「学ぶ力」が強く求められます。20代の場合は、「知らないこと」「一般常識で欠けている部分があること」「学習の方法がしっかりわかっていないこと」も、ある程度大目に見てもらえる部分があります。

 

 しかしながら、30代の場合はそうはいきません。葬儀に対して専門的な知識が無いにせよ、お通夜や葬儀に対して、「弔問客」として伺う際に必要とされる程度の知識は求められます。また、葬儀業界の場合、覚えることが非常に多いため、「学ぶ力」も必要となります。

 

 ただ、30代になってから転職してくる人の多くは、「今まではまったく畑違いの仕事をしていた」というケースが多いのも事実です。そのため、「未経験の分野に転職することの恐れ」は抱かなくてもよいでしょう。

 

仕事を覚えれば中心的な役割を担える

 30代で葬儀会社に転職してきた場合、ある程度の一般常識を持っています。そして、学ぶ力や成長の余地も十二分にあるため、仕事を覚えれば、葬儀会社で中心的な役割を担うことができるようになるでしょう。次々と新しい仕事を任されるようになるため、1年を待たず、葬儀全体を執り行う立場になることも珍しくありません。体力的に見ても、当直勤務や夜勤などが比較的つらくない世代ですから、どんどん給料はあがっていくでしょう。

 

 また、葬儀会社の平均年収は、30代男性のそれとほとんど変わりありません。また、業界自体が比較的安定しています。そのため、「20代で一人身だったころは、年収が300万円程度でも生きていけた。だが家庭を持ったので、少し給料の高いところに勤めたい。かといって、今の会社では頭打ちだし……」「シフト制で、勤務時間が入り乱れていた。若いときは大丈夫だったが、少ししんどさを感じるようになってきた」「業界全体の先行きが不安。家庭をもったから、リストラの危険性が少ない業界にいきたい」というように考える人の転職先としても人気があります。

本記事は2015/10/01の情報で、内容は葬儀会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する