20代での葬儀会社への転職

業界:葬儀会社

136views

imasia_13169571_M

 

葬儀業界の中心となる世代とは

 葬儀業界で働いている人の中心は、40代~50代の世代です。これはどこの葬儀会社でもほとんど同じで、10代~20代の若年層は極めて少ないのが現状です。もちろん、10代~20代は学生も多く、そもそも社会に出てきている人口が少ない、ということもその原因の一つです。

 

 ただ、それ以外にも、業界の特性上、「若い世代よりもある程度年齢がいった人の方が、遺族も安心していられる」「自分自身も肉親の死を体験したことのある人に任せたい」という気持ちが強くなる、ということも原因として挙げられます。

 

入ってくる人・出ていく人、20代は移り変わりが激しい

 20代の場合、業界への出入りが激しく、流動性が極めて高いという問題も挙げられます。20代前半で葬儀会社に転職をしてきても、30代になる前に違う業種に移る、という人も非常に多く、なかなか20代が居つきにくい職場である、というのが現状です。他の職種に比べて、力仕事などもそれほど多くなく、若いパワーが求められる機会もそれほどありませんので、20代が特に重宝される、ということもありません。

 

 ただ、「他の職場を辞めた20代だけど、葬儀会社では雇ってもらえないのだろうか」と心配する必要はありません。20代にしろ他の世代にしろ、葬儀業界は常に人手を求めています。そのため、「今まで他の業界に勤めていた20代」であっても、比較的すんなりと受け入れてもらえるケースがとても多いです。また、上記で述べたように、「20代は葬儀についての知識が乏しい」ということを会社側もよく分かっているため、30代以降の新入社員に対するときよりも、厚い教育を施してくれる会社が大半です。

 

 このようなことを考えると、20代での葬儀会社への転職も、不安に思うことやリスク要因は極めて少ないことが分かります。また、「今まで葬儀会社に勤めていたけれど、20代のうちに違う職場に移りたい」という場合でも、「葬儀会社にいたこと」がネックになる可能性はほとんどありません。

本記事は2015/10/01の情報で、内容は葬儀会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する