葬儀会社の正社員求人事情

業界:葬儀会社

267views

Mourning People at Funeral with coffin

 

葬儀会社に正社員として登用されるには

 葬儀会社は、比較的正社員で入りやすい職場と言われています。これは、不況と言われる今の時代においても変わりありません。葬儀会社は転職―離職が多いため、慢性的に人手不足です。そのため、「それなりの収入を確保でき」「体力的にもそれほどきつくなく」「地元密着型の葬儀会社であれば転勤のリスクがほとんどない」という非常に優遇された条件を掲げている割には正社員登用がされやすいのです。

 

 「違う業界から転職してくる」という場合でも、知識や資格が問われることはほとんどありません。「普通免許(第二種があればベターだが、最低限第一種が必要。マニュアル車を運転できればより良いが、現在ではオートマ車限定免許でもあまり問題にならない)」「高卒以上の学歴」があれば、まず問題なく正社員に登用されるでしょう。

 

葬儀会社の正社員枠につきまとう問題

 葬儀会社の正社員枠の求人の場合、ほとんどのケースで、休日はシフト制になります。土日祝日に関わらず出勤する必要がある、と見ておくべきでしょう。会社によってある程度融通を利かせてくれたり、有給がとれたり、斎場の休み(地域による。1月1日は休み、というところも多い)にあわせたり、ということはありますが、基本的には「土日祝日=休み」という職場ではない、と心得るべきです。

 

 ただし、会社の性質上、土日祝日が特に忙しい、というわけではありません。そのため、子どもの行事などに出る、ということであれば、比較的融通は利きやすいでしょう。アルバイトやパートのように気軽に休むことは難しいのですが、1か月前に申告しておけば、通るケースが多いようです。

 

 男性の場合は、夜勤がある可能性もあります。また、お通夜などに関わる仕事であるため、夜勤でなくとも、帰宅時間は22:00を回ることもよくあります。葬儀会社の正社員枠での求人は、安定性がありますが、時間が不規則になる、という点がデメリットです。

本記事は2015/10/01の情報で、内容は葬儀会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する