携帯ショップへの転職に学歴は関係ある?語学力が求められる?

業界:携帯電話販売代理店

128views

携帯ショップへ転職するにあたって「学歴」は必要になってくるのでしょうか?また、持っていると有利になる知識・能力などはあるのでしょうか。その2点についてご解説していきます。

 

 

携帯ショップにおいては学歴は問われにくい

携帯ショップスタッフになるのに学歴は必要ありません。基本的には高校を卒業していれば入社する事が可能です。転職に限らず、高校卒業後すぐに新卒で入社する方も少なくありません。

 

また、転職してくる方の前職も千差万別です。居酒屋やカラオケ店など同じ接客業から転職する人もいれば、土木建築作業員から転職される人もいます。転職者に対する門戸が広いのも携帯ショップスタッフの特徴です。

 

ただし、同じ携帯ショップスタッフといえど所属する代理店の規模は大小様々です。株式上場しているような大手代理店に正社員として入社を希望する場合は、大卒以上の学歴が有利に働く場合もあります。あくまでも、転職を希望する会社の規模や雇用形態によるという点が重要です。

 

派遣スタッフとして働く場合や中小販売代理店で正社員として働く場合は、基本的には学歴は不問。しかし、大手の代理店での正社員を希望する場合は、学歴が有利に働くことも少なくない。

 

 

 

携帯ショップでは意外と語学力が重宝される

携帯ショップスタッフは、意外にも語学力が活かせる職業でもあります。2014年以降、中国からの顧客による爆買いが話題になりました。携帯電話業界も例に漏れず、高価なiPhone6s PlusやiPad Proを求める中国人顧客が多く来店されます。携帯電話業界で重宝されるのは主に以下の言語です。

 

  • 英語
  • 中国語
  • ベトナム語
  • タガログ語

 

上記の言語は日本に留学してくる外国人学生の母国語であることが多く、そのため顧客数も非常に多いのです。すでに日本で働いている外国人の方は日本語が通じるケースも多いですが、日本語を勉強中の留学生には母国語で対応したほうが話が通じやすいです。

 

また、語学力と携帯電話のサービス知識があれば、在宅コールセンターのスタッフとして働くキャリアも開けます。一部の携帯キャリアは携帯ショップスタッフが外国人顧客の対応に困った時、「通訳として間に立つ」コールセンターを用意しています。その方達はiPadを通じた「ビデオ通話」で翻訳を担当するのです。

 

語学力と携帯電話双方の知識があれば、将来的に場所にとらわれない働き方をする事も可能になります。

 

<トラブル防止にも役立つ語学力>

携帯業界の契約はもともと日本人に説明するのも難しい内容です。それを英語のできない人が英語で説明するのは到底無理な話です。「上手くコミュニケーションが取れない状態で契約し、後からトラブルになった」というケースも少なくありません。そんな時に英語ができるというだけで、クレーム防止にもなります。

 

トラブル防止という観点や、より突っ込んだ提案をするという観点から、英語が話せるスタッフは非常に重宝されます。

 

 

携帯ショップで役に立つ専門知識・スキルは?

携帯ショップにおいて、PC・スマートフォンに関する知識はもちろん役に立ちます。スマートフォンは小さなPCのようなもので、中に入っているパーツもPCの構成とよく似ています。特にAndroid端末はWindowsと相性が良い事もあり、ウインドウズPCの自作経験があればかなり役に立つことでしょう。

 

また、インターネット回線に関する知識も役に立ちます。インターネット回線は「ネットに接続する」というシンプルなサービスの割に深い知識が必要になる厄介な特徴を持っています。手のひらに収まる小さなスマホとは違い、顧客の家に設置する「設備」なので、少しのミスが大きなクレームにつながるのです。

 

もしインターネット工事会社で働いていた経験や、CATV会社などで働いていた経験があれば非常に役に立つでしょう。また、インターネット回線販売業の特徴として、話すことの90パーセントが「他社との比較」です。キャリアの所有するインターネット回線の知識があれば、販売もしやすいはずです。

 

そして、携帯ショップスタッフとして最も役立つスキルは「販売能力」です。営業職や接客業として商品を販売してきた経験があれば非常に役に立つでしょう。商品のメリットをしっかりと伝え、顧客に納得してもらったうえで購入してもらうスキルは必ず役に立ちます。

 

参考販売力を磨きたい方はご参考に

携帯電話の販売のコツ、教えてください

携帯電話会社に勤めています。新卒採用で入社しました。販売職なので、入社後は携帯電話のプランなどの基礎知識や、ビジネスマナー・接客マナーなどの研修を受け、その後お店へ配属となりました。みっちり研...

転職サイトランキング【2020年度最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

本記事は2018/04/20の情報で、内容は携帯電話販売代理店での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する