チャイルドマインダーに多い悩みとは?

職業:チャイルドマインダー

7views

 

組織に所属する場合の悩み

正社員ではないことから生じる不満

 チャイルドマインダーはもちろんのこと、保育に携わる人も、ひとりの社会人であり、職業人であることについては、他の仕事と何も変わりはありません。さらに規模の違いはあっても、保育施設で働く場合、組織の一員であることも求められるのは当然のことです。また、組織の一員のなかでも、正社員なのか、あるいは派遣社員やパートタイマーなのかによって得られる利益が変わってくるのも、他の仕事と同じです。

 

 保育施設に非正規雇用で働きに行っているチャイルドマインダーを例にとると、正社員の人たちと比べて給与面や有給休暇などの福利厚生に差が出てくるのは仕方のないことではありますが、「日々やっている仕事は正社員とほとんど変わらないのに」と不満を抱く人も少なくありません。その人が有能で、よく正社員のミスをカバーしたり、一日のカリキュラムの流れをスムーズにするため神経を遣う場面が多かったりすると尚更です。

 

 また、チャイルドマインダーの資格のみでは、転職しようとしてもより良い条件でよそに移ることが難しいのも現実ですので、改めて保育士の資格を取る人もいます。

 

人間関係(同僚・保護者)に関する悩み

 もうひとつは、これも保育の仕事に限ったことではありませんが、保育施設で働く場合、職場の上司や同僚、つまり他の先生たちとの人間関係で悩まされることも少なくありません。性格的なこともそうですし、仕事に対する考え方や、お互いの「保育観」に違いがあるときは、なかなか歩み寄りが難しいものです。

 

 子どもとの触れ合いには問題がないものの、同僚と合わないことによるストレスがあまり仕事に影響するようではいけませんので、他に信頼できる先輩や仲間がいれば、相談するのもいいでしょう。また、そのようなときに役立つのが、チャイルドマインダー同士の組織を越えた横のつながりです。違う場所で、同じ仕事をしている人たちの意見やアドバイスは、とても参考になるでしょう。折りをみて話を聞いてもらうだけでも励みになります。

 

 さらに付け加えると、これは施設に勤める人と独立開業した人の両方にいえることですが、預かった子どもの保護者との人間関係で悩んだりすることもありますし(神経質な人がいわれのないことでクレームを言ってきたり、預かった子どもが他の子に乱暴するなど)、子どもの急な発熱やケガなどのトラブルがあったときにも表に立って対応するのは保育士やチャイルドマインダーですので、それで気疲れしてしまうこともあります。そのような時のためにも、日ごろから相談できたり助け合えたりする仲間がいると心強いものです。

 

独立・開業した場合の悩み

体力的にハードワーク

 組織に属さず、独立して開業する道を選んだチャイルドマインダーの悩みとして挙げられることは、体力面です。開業したチャイルドマインダーは、ひとりで何人かの子どもを預かり、面倒を見る毎日が続きます。時折近隣の仲間にピンチヒッターを頼むことがあるとしても、基本的には自分ひとりですべてを行わなければなりません。小さい子どもの場合、抱っこしてあげたり、ちょっとしたことでも介助してあげようとするときは意外に体力を使うものです。

 

 子どものなかには、大人しい子もいれば、活発な子もいます。当然ながらそれぞれに意志や好みがあり、年齢的にも歩いたり話したりするようになれば、ひとりで動くようになります。その個性の違う子どもたち数人を、数時間からときには一日中見ていなければならないのは、もちろん楽しさもありますが、想像以上にハードワークです。また、子どもから風邪などをうつされることもありますので、日ごろから体調管理に気をつけていなければなりません。慣れもあるのですが、体力面できついと感じてしまう人もいます。

 

お預かりする人数と、収益の兼ね合い

 同時に、収益を増やすためには預かる子どもの数を増やすのが近道ですが、ひとりでケアできる人数には限りがありますので、なかなかそうもいきません。逆に、地域によってはあまりに預かりの依頼が集まりすぎて、泣く泣くお断りするケースもあるのが悩ましいところです。

 

チャイルドマインダーの悩みに関するまとめ

  • 保育施設に勤務する場合、非正規雇用で給料や福利厚生面の不満を抱いたり、人間関係で悩むケースも。
  • 独立開業の場合は、一人ですべてをこなすことによる体力面の負担や、収入増とケアできる人数の限界で悩むこともある。

本記事は2018/02/01の情報で、内容はチャイルドマインダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する