チャイルドマインダーの年収・時給

職業:チャイルドマインダー

15views

 

チャイルドマインダーの年収・時給の相場は?

働き方によって年収は大きく変わる

 チャイルドマインダーの働き方としては、保育園などの施設型保育所で従業員として勤務すること、ベビーシッターなどシッター派遣業者に登録して働く方法、そして独立して家庭的保育を自宅等で行うという働き方などが考えられます。チャイルドマインダーは、その働き方を自分のライフスタイルにより選択でき、働き方によって収入の幅も広がってくるので、得たい報酬を目標に、活躍の場を選択してみるのもいいでしょう。

 

保育園などの施設型保育所に勤務する場合

 保育園やこども園、医療機関の託児ルームや企業内託児所などの施設で従業員として勤務する場合には、年収240万円~300万円程度が一般的と考えられますが、主任や施設長などの管理職になると年収400万円~600万円以上の場合もあります。

 

 株式会社や社団法人など、組織の一員として従事する場合、年収を上げていくことなどは企業ごとの規定や仕事の成果にも左右されますが、社会保障や休暇規定などが充実しているところもありますので、年収だけを判断基準として働く先を検討するのではなく、勤務地や勤務時間などを含め、様々な角度から自分に合った勤務先を選択するのが良いです。

 

ベビーシッターなど、派遣型・訪問型で働く場合

 ベビーシッターのように、ご家庭や指定された場所へ赴いて保育を行う場合、一般的には時給ベースで報酬が発生しますので、働く時間の長さにより年収は大きく変化していきます。地域や時間帯により条件は変わってきますが、時給は1,000円~1,300円程度が一般的と考えられます。

 

 ベビーシッター派遣会社を通して働く場合には、ベビーシッター紹介サイトなどに登録し、条件がマッチするご家庭に必要な時間だけお伺いして働くことが可能です。また、チャイルドマインダーとして独立し、個人事業主として訪問保育を請け負う場合には、ご家庭との直接契約により、月額での固定報酬を得られる場合もあります。

 

独立開業し、自分の保育ルームを持つ場合

 チャイルドマインダーは、独立開業し、自宅などに保育にふさわしい環境を整えられる場合は、そこに家庭的保育ルームを開設することができます。その場合、お預かりする子どもの人数や時間にもよりますが、年収400万円~1,000万円を程度稼ぐ人もいます。

 

 独立開業した場合、自分で保育料を設定することが可能ですので、お子さまの年齢や兄弟・姉妹でのお預かり、時間帯や時間数、また地域事情等も加味して、依頼してくださる保護者のニーズに合った保育を提供することにより、安定した報酬を得ることも可能です。

 

高年収・高時給のチャイルドマインダーの求人を探すには?

エリアから絞り込む

 高年収・高時給を期待できるチャイルドマインダーの求人を探したい場合には、まずエリア(地域)を絞り込むのがよいでしょう。雇用したチャイルドマインダーや保育士などの従業員に高い年収や時給を支払うことのできる団体は、それだけのお金を、子どもを預かる保護者から頂いている団体だということです。そうした保護者は子どもの教育・保育にある程度以上のお金をかけられる経済的余裕のある人たちです。

 

 そう考えると、そのような高所得者層・富裕層といわれる人たちが多く住まうエリア、東京でいえば港区・渋谷区・目黒区などにある保育施設も、相対的に高い給与水準を維持していることが多いということができます。

 

 また、別の側面から見ますと、一般的な認可保育園は、希望すれば誰でも受け入れられるわけではなく、入園するには審査を受けなければなりません。そのときに考慮される大きな要素の一つが、保護者の年収です。認可保育園は、年収の低い保護者の利便性に配慮して、そうした家庭の子どもを優先して受け入れるところが多く、高所得者の家の子どもは入園できないこともあります。また富裕層の多い地域には保育施設が少ない場合が多く、子どもを預けたくても受け入れ先が足りていない場合が多いのです。

 

プラスアルファの条件から絞り込む

 地域的特性に加えて、その保育施設が独自性のある保育体制やカリキュラムをもって子どもを預かっている場合、こちらがそれに見合う技能や特性を備えていれば、高い収入を得ることも可能です。

 

 ひとつは、預かる子どもの年齢です。0歳児から預かることを特色にしているとか、あるいは小学生まで預かって勉強を見てあげることで保護者の支持を集めている施設もあります。通常の保育施設で預かる1歳~5、6歳の子どもたちに加え、より幅広い年齢の子どもを預かることになれば、いっそう配慮も必要になりますし、労力もかかります。その対価として従業員の年収や時給のアップが図られるのです。

 

 もうひとつは、近年の傾向として、通常の保育にプラスアルファを求める保護者が増えており、それに対応することで年収・時給のアップにつなげるという方法です。たとえば、通常の学習指導に加えて、スポーツをやらせてほしいとか、音楽・絵画などの芸術や、英語に親しむようにしてほしいとか、幼稚園や小学校の受験対策までも保育施設に求める声が高まっており、それに対応するところも増えています。そうした施設は当然、子どもの預かり料金にもプラスアルファをしていますから、それが従業員の給与にも反映されるというわけです。自分で設定できる場合もあります。

 

 チャイルドマインダーの資格を持っていて、英語が話せたり、スポーツの経験がある、ピアノが弾けるなどの特技がある場合には、そうした保育を行っている施設の求人を探してみるとよいでしょう。

 

時間的制約から絞り込む

 近年は共働きの家庭も多く、保護者によっては夜間や週末も仕事などのために子どもを預けたいというニーズが増えています。夜間や土曜日・日曜日に子どもを預かる場合、必然的に平日の日中よりも施設がいただく預かり料金は高くなります。その結果、そこで働く従業員にも高い年収や時給が支払われることが多いです。

 

 夜間や週末の預かり料金が高くなることは全国的にいえることですが、とりわけ上述した富裕層が多い都市部になればベースとなる料金が高いため、より高い収入を得ることも期待できます。

 

チャイルドマインダーの年収・時給に関するまとめ

  • チャイルドマインダーの年収は働き方によって異なるが、例えば保育施設勤務の場合は200万代半ば~管理職で400~600万円程、訪問型の場合は時給1,000円~、独立開業の場合は数百万~一千万に達する人もいる。
  • 高年収・高時給を得たい場合は、高所得者が多いエリアで探す、預かる子どもの年齢層を広げる、通常の保育プラスアルファの要素(スポーツ・芸術・英語など)に対応する、夜間・土日の預かりに対応する、などの方法がある。

本記事は2018/01/31の情報で、内容はチャイルドマインダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する