チャイルドマインダーの仕事内容

職業:チャイルドマインダー

20views

 

チャイルドマインダーの仕事内容・役割は?

働き方を自分で選択できる保育のスペシャリスト

 チャイルドマインダーは、様々な保育の現場で活躍することができます。保育園をはじめ、小規模託児施設、医療施設、ベビーシッター、学童など、子どもたちを預かる様々な現場でその知識が生かされます。保育の仕事がしたい人が真っ先に思い浮かべるのは保育士ですが、チャイルドマインダーの資格取得のために学んだ知識は、多くの保育現場で役立てることができます。

 

 保育士との違いは、まず資格の種類です。保育士は国家資格であり、チャイルドマインダーは民間資格です。保育士は、主に保育所などの保育施設で集団保育を担う仕事であり、チャイルドマインダーは、独立開業し、自ら小規模託児施設を運営したり、訪問にて家庭的保育を行うことも可能であり、既存の保育施設では実践しきれない、自分らしい保育を実現したい人には非常に有効的な資格です。

 

 チャイルドマインダーは、働き方により報酬の得方も様々です。保育園や病院、学童、ベビーシッター斡旋会社など、民間企業が運営する施設に社員やパートとして働くことが可能です。また、独立開業し、保護者との契約のもと、子どもたちをお預かりして時間給を頂く方法もあります。チャイルドマインダーは、働く場所も幅広く、働き方も選ぶことができる、保育の仕事において保育士と変わらない強みを持った資格なのです。

 

子どもの年齢に応じた保育を実践する

 チャイルドマインダーは、0歳~12歳までの子どもを保育するのが仕事です。とても幅広い年齢層の子どもを相手にしますので、その仕事内容は保育する子どもの年齢に応じて様々です。

 

 0歳~2・3歳児を保育することは、おむつ交換から食事のお世話、寝かしつけ、遊びながら様々な生活習慣を身につけさせることを通して、言語発達を意識した、たくさんの優しい語りかけが必要です。3歳児~幼児については、トイレトレーニングや、より身体を動かす遊びやクリエイティブな遊びを提案したりと、保育により一層の工夫が必要となります。

 

 小学生になると、食事や身の回りのサポート以外に、宿題をみてあげたり、それぞれの子どもの興味関心に応じて一緒に楽しく遊ぶこと、生きていく上で大切な生活習慣、マナーを教え、その子の将来に役立つ社会性を養うことも重要な仕事となります。

 

 そして何より大切なこととして、どの年齢層にも言えることですが、子どもの安全を守ること、お預かりしている間、病気や怪我、事故などの発生に対して、責任を持って子どもを守ることがチャイルドマインダーには求められます。

 

チャイルドマインダーは、保護者の一番の味方

 子どもを預けて働きに出ている保護者にとって、預けている間の子どもの様子は何より気になることです。保護者はそれぞれに子どもへの思い、期待、育て方の理想を持っています。チャイルドマインダーは、自分の理想とする保育方法だけで、お預かりしている子どもに接してはいけません。保護者の意向を汲み取り、コミュニケーションをしっかりと取って計画を立て、保育にあたります。何より大切なことは、保護者との密なコミュニケーションです。

 

チャイルドマインダーの魅力とやりがいは?

子どもの成長を見守り、貢献できる

 子どもが好き、子どもをかわいいと思う、子どもと接する仕事がしたいと、多くのチャイルドマインダーが思っていますが、果たして自分にできるだろうかという不安も多くあるはずです。

 

 チャイルドマインダーは、子どもが好きな人や、毎日笑顔でいたい、いつも笑顔でいられる仕事がしたい、社会に役立つ仕事がしたい、そう思っている人たちの理想を実現できる仕事です。子どもたちは日々成長します。チャイルドマインダーは、その小さな成長のステップを間近で見守るとともに、その成長に貢献できる喜びがあります。保護者とその成長を共に喜べる経験が、自分の生きる糧となっていく仕事です。

 

学歴や年齢、子育て経験を問わず、何歳になっても続けられる

 チャイルドマインダーに学歴は関係なく、年齢制限もありません。いくつからでも始められ、続けられる限り頑張れる仕事です。18歳でもやる気のある人にはできる仕事であり、また、人生経験を積み重ねた60歳になっても、自分に合った働き方で子どもたちの笑顔に囲まれる仕事がしていたいという人には、その思いを叶えられる仕事です。

 

 チャイルドマインダーの中には、自らの子育て経験を生かし、活躍している人もたくさんいますが、子育て経験のない人も様々な場所で保育の経験を積み、子育て家庭の大きな力となっています。中には保育士、看護師、一般企業、教育現場など、様々な異業種からチャイルドマインダーの勉強を始め、より自分らしい働き方を見つけ出している人がたくさんいます。

 

 チャイルドマインダーは、多様なバックグラウンドを持つ人が参入しやすい仕事であり、保育の基礎をもとにしながら、それぞれが持つ経験や、今までに得た知識などを反映させることができる、他の業種に対して開かれた仕事だといえます。

 

働き方、働く場所を自分で選べる

 保育所や学童など、民間託児施設に正社員やパートタイム労働者として勤務することもできますが、自分のライフスタイルの変化に伴い、個人事業主となって自宅や訪問にて家庭的保育者となることも可能です。チャイルドマインダーは、働き方を自由に選べるとともに、幅広い活躍の場がある資格です。保育施設は全国どこにでも存在し、働きたい場所で就職先を探すことが可能です。

 

 また、昨今の保育所不足を背景に、急速にチャイルドマインダーの資格が生かされる職場が増えています。自分の働きやすい方法で、働きやすい時間や場所を選び、長く続けることのできる仕事なのです。

 

チャイルドマインダーの仕事内容に関するまとめ

  • チャイルドマインダーは、働く場所や働き方、対象となる子どもの年齢が幅広く、保育施設に勤務するほか、独立開業して自分らしい保育を実現することも可能。
  • 子どもの成長を保護者と共に見守り、成長に貢献できる、やりがいのある仕事。
  • 学歴や年齢、子育て経験も問わず、異業種からでも挑戦でき、自分の働きやすい方法で長く続けることができる。

本記事は2018/01/30の情報で、内容はチャイルドマインダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する