女性ホテルフロントスタッフの勤務事情

職業:ホテルフロントスタッフ

9views

 

女性ホテルフロントスタッフの勤務事情

女性ホテルフロントスタッフの産休・育休

 多くの女性がホテルフロントスタッフとして働いていますので、妊娠をして産休・育休を取得する女性スタッフは少なくありません。労働基準法に定められている最低限の産休・育休を取得することが出来ます。

 

 ただ、全体的に人手不足のホテルが多い中、理解のある上司ばかりではないことも事実です。「今休まれたら困る」といった嫌味を言われることもあります。産休・育休は取れますが、取りにくいと感じるかどうかは普段の同僚との関係性によります。

 

女性ホテルフロントスタッフの生理休暇

 生理の重さは、人によりますし、同じ人でも重い時もあれば軽い時もあります。ホテルによっては契約書を見ると、生理休暇について明記されている場合もあります。そういったホテルでは生理休暇が取得しやすいかと言えば、そうとも言えません。

 

 ホテルフロントスタッフは女性が多い一方、フロントマネージャーや支配人などの管理職は男性が多いです。男性に生理休暇をお願いすることに抵抗がある女性スタッフは少なくありません。生理休暇は権利としてあるものの、実際はあまり取得されていないのが現状です。

 

女性フロントスタッフの出世

 もちろんすべてのホテルではありませんが、ホテルフロントスタッフは比較的女性が多い職場です。パートとして働ける職場も多いので、時間に制限が出来る結婚・出産後も働くことが出来ます。しかし、そうなると出世は出来なくなります。

 

 管理職になると、休日出勤、出張や転勤がつきものです。実際、女性の管理職は男性ほど多くはありません。ホテル以外の会社でも同じでしょうが、結婚・出産をして管理職になることは難しい傾向にあります。

 

ホテルフロントスタッフの苦労や大変なこと

 

ホテルフロントスタッフは入れ替わりが激しい

 まず全国展開している大手チェーンホテルでは転勤があります。その為、一緒に働くスタッフだけでなくマネージャーや支配人が、1年がたつ頃には変わっているホテルも珍しくはありません。その度に仕事のやり方が変わったり、新しい人間関係をつくって行く必要があります。

 

 また、ホテルフロントスタッフは辞めていくスタッフも多く、常に求人が出ているホテルも少なくありません。スタッフが1人辞めれば、新しいスタッフが入ってきたとしても、辞めたスタッフと同じだけの仕事がこなせるようになるまでには時間がかかります。

 

 残されたスタッフは、その分責任と仕事量が増えることになり、それがまたスタッフが辞める原因の1つになってしまいます。

 

個性豊かなお客様との関係

 当然ですが、お客様とひと口にいっても様々な人がいらっしゃいます。思いもかけない要望やクレーム、忙しい中で話の長いお客様もいれば、やけによそよそしいお客様もいらっしゃいます。ホテルフロントスタッフと言っても人間ですから、どうしても合わないと感じるお客様もいます。だからと言って、それを態度で出すわけにはいきません。そんな時は少なからずストレスを感じます。

 

 働いていて辛いのは、クレームを言われるときです。フロントスタッフは一番「ありがとう」を貰えますが、一番クレームを言われるのもフロンスタッフです。そしてクレームの多くの原因は自分ではありません。「予約の時に聞いていない」「予約の時にはこう言われた」「設備が悪い」「わかりにくい」「~がなくなった」「隣がうるさい」そんなクレームは珍しくありません。

 

 慣れてもクレームを聞くのは辛い仕事です。ココで対応を誤れば、そのお客様はもう来ないだけでなく、口コミに書かれます。逆に良い対応が出来れば、いつまでも「あの時は~」と褒めてくださったりもします。接客は楽しさと辛さがある仕事です。

 

女性ホテルフロントスタッフの勤務事情のまとめ

  • 女性ホテルフロントスタッフは、労働基準法に定められている最低限の産休・育休を取得することが可能。
  • 生理休暇は権利としてあるものの、実際はあまり取得されていないのが現状。
  • 女性ホテルフロントスタッフは、結婚・出産をして管理職になることは難しい傾向。

本記事は2018/01/30の情報で、内容はホテルフロントスタッフとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する