チャイルドマインダーの求人探し、転職・就職活動の進め方

職業:チャイルドマインダー

34views

 

チャイルドマインダーの求人を探すには?

認知度が向上したチャイルドマインダー

 チャイルドマインダーとは、70年以上前にイギリスで始まった家庭的保育者を指しますが、日本では1995年に初めて養成セミナーが開講されてから20年以上の歴史があり、今では多くの人にその名の知れるところとなっています。日本における保育従事者としては、保育士、ベビーシッター、保育ママなどがありますが、近年、保育分野の求人情報の募集要項のなかに求められる資格として、チャイルドマインダーを掲載し始めている企業も増えてきています。

 

保育士資格がない場合は、保育補助の募集を探す

 保育士資格は持っていないが、チャイルドマインダー資格は取得したという人が、集団保育の現場で働きたいと考えた場合、まずは保育補助の求人情報を探してみるとよいでしょう。

 

 チャイルドマインダーは、個人で家庭的保育を提供することが可能ですが、保育現場での経験も子育て経験もなく一人で始めるのはとても勇気の要ることです。資格を取ったばかりの人は、やはりある程度、集団保育の現場に身を置いて経験と知識を増やしたいと考えるでしょう。

 

 保育所や長時間託児施設では、保育士と一緒に働く保育補助の役割を担う人材が多く求められています。保育補助の仕事は、無資格でも始められる仕事ですが、実際の現場に入った場合、子育て経験も保育所勤務経験もない人でも、チャイルドマインダーの資格取得のために学んでいれば、そのことは非常に役立ちます。保育補助の募集には、登録派遣、正社員、パートタイムと様々な求人がありますので、自分の働きやすい方法での就職先を見つけることが可能です。

 

 また、集団保育の現場ではなく、家庭的保育に従事したいといった場合、ベビーシッター派遣会社への登録や、自治体の運営する保育ママの求人情報を探してみるといいでしょう。

 

保育園以外の幅広い保育現場をリサーチ

 保育所には、国が定めた基準に準拠した認可保育所、東京都が独自に定めた認証保育所、その他様々な理由で認可外として運営されている保育所、病院内に設置された院内保育施設や一般企業がその社員の子どもたち向けに設けている企業内保育施設などがあります。これら多くの保育所にて、チャイルドマインダーの資格は有効視されています。

 

 また、チャイルドマインダーは、0歳~12歳までの幼児・児童を保育することができる資格であり、いま注目されている就職先として、「学童施設」が挙げられます。近年、仕事を持つ母親が増え、小学生の放課後をサポートする学童の重要性が昨今大きく取り上げられています。学童の運営を新たにビジネスとして手掛ける民間企業の数もここ数年急速に伸び、募集採用者数も年々増え続けています。

 

 チャイルドマインダーというキーワードだけでは、幅広く様々な条件の求人情報にたどり着くことは難しいので、「保育士」、「保育補助」、「保育園」だけではなく、たとえば「学童」、「ベビーシッター」、「院内保育」などで情報検索してみるのも有効です。

 

チャイルドマインダー同士のネットワークを活用

 チャイルドマインダーの資格を発行している「NPO法人日本チャイルドマインダー協会」は、独自のネットワーク制度を持っているので、こちらのネットワーク会員となり(登録料がかかります)、独立開業しているチャイルドマインダーを紹介してもらうという方法もあります。条件が合えばその人のお手伝いから始めるのもいいですし、自らが独立開業する道を考えることもできます。

 

チャイルドマインダーの転職・就職活動の進め方

資格を取得したら、すぐに転職・就職できる?

 チャイルドマインダーは、資格を取得すればすぐに働くことができますが、保育施設での勤務やベビーシッターのように派遣型で働いたり、または独立開業して自分の保育ルームを開設し、家庭的保育に従事するなど、様々な働き方がありますので、まずは自分はどんな風に働きたいのかをしっかりと考える必要があります。

 

チャイルドマインダー+αの資格が有効

 チャイルドマインダー資格に加え、保育士資格、幼稚園教諭資格、看護師資格などをすでに取得している場合には、さらに就職先の幅は広がります。チャイルドマインダーの中には、保育士資格、幼稚園教諭資格、看護師資格を持っていて、家庭的保育ルームを自宅で開業するためにチャイルドマインダー資格を取得しようとする人も多数います。もちろんチャイルドマインダー資格のみで保育の仕事をすることは可能ですが、国家資格を有している場合、それがより就職や転職に役立つことはもちろんです。

 

チャイルドマインダー資格取得後に、保育士資格の取得を目指す

 チャイルドマインダー資格は、順調に学んで試験に合格すれば、約3か月~半年程度で取得可能ですので、保育士資格を取得する前に保育の経験を積みたい、またはすぐに保育の仕事がしてみたいという人にたいへん有効な資格です。

 

 保育士資格取得のためには、ある程度の年月や費用もかかりますし、資格試験に臨むにあたり幅広い範囲の勉強が必要ですので、すぐに保育現場で働きたい場合には、チャイルドマインダー資格取得のための実践的な学習を経てから、保育の仕事に就くことをお勧めします。また、保育士の国家試験を受験するための勉強にも、チャイルドマインダー講座で勉強したことには重複する分野が多くありますので、たいへん役に立ちます。

 

チャイルドマインダーの求人探し、転職・就職に関するまとめ

  • 保育士資格がない場合は、保育補助の求人からチャレンジするとよい。保育園以外の職場の求人を幅広く探すことも有効。最近は学童施設が注目されている。
  • 保育士や幼稚園教諭など、他の国家資格があるとやはり強い。チャイルドマインダー取得後に保育士を目指すルートもお勧め。

本記事は2018/01/30の情報で、内容はチャイルドマインダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する