病棟クラークの勤務時間と休日・1日の流れ

職業:病棟クラーク

56views

 

病棟クラークの勤務時間と休日

診療時間=勤務時間

 病棟クラークをはじめ、病院スタッフの勤務時間は、大体が外来の診療時間に合わせています。受付開始前に掃除をしたりカルテを整理したりする仕事もあるため、交代制で早番があったりしますが、病棟クラークについては特にないでしょう。

 

 クリニックのような個人病院だと、診療時間の間に中休みを2~3時間設けていると、勤務時間がシフト制の不規則となり、前半勤務であったり長時間勤務であったりします。中休みを設けていて、かつ医療事務と病棟クラークの兼任する病院であれば、こうした勤務体制となりますが、ほとんど数は少ないです。

 

残業はある?

 病棟クラークは特に残業もありませんが、医療現場では突然仕事が追加されることや、予定外の事態が起こり、事務処理が変更になることがよくあります。例えば、処置終了後に書類の説明をするはずが、処置が長引き、定時を過ぎてしまった。大部屋にいた患者さんが急遽個室に移ることになったので、ベッドメイキングをしなければならなくなった、などです。

 

 さらに患者さんにまつわることだけではなく、医師に今日中にサインをもらわなければならない書類があるが診察が終わらないなど、医師とコンタクトが取れず、待ち続けなければならないこともあります。

 

休日は病院の規模によってそれぞれ

 病棟クラークの休日も、基本的には勤務先の休診日に合わせています。公立や私立の大学病院など大規模な病院であれば、土日祝日が休みですが、小中規模の個人病院では、週1日の午後と日曜・祭日が休診日という体制がほとんどですので、4週6休制、もしくは4週8休制のシフト制になります。また、当番制で休日出勤がある病院も稀にありますが、その場合は休日手当や代休が取れます。

 

 お盆や年末年始、GWなど長期間休みの場合、その期間中も入退院する患者さんはいますので、1度は事務処理をするために出勤しなければならない病院が多いです。

 

病棟クラークの1日の流れ

 

 入院病棟には24時間365日常に患者さんがいます。そのため、医師や看護師は日中以外にも夜勤や早朝勤務をしているわけですが、前述の通り、病棟クラークは病院の診療時間に合わせた日勤がほとんどです。大まかな1日を午前と午後に分けると、下記のような流れとなります。

 

〈午前〉

●医師・看護師と打ち合わせ

 医師や看護師がミーティングをしている様子は何となく想像できると思いますが、病棟クラークが担当する業務の指示や連絡もあります。また診察が開始すると、医師はなかなか捕まりませんので、急ぎではなくても確認事項は打ち合わせ中にしておきます。

 

●緊急入院した患者さんの事務処理

 入院患者さんは、大抵が予定して入院してきますので前もって準備できますが、勤務時間外に緊急入院してきた患者さんに関しては翌日の早いうちに処理を行います。

 

●退院患者さんの手続き

 病院にもよりますが、患者さんの退院は多くが午前中のうちとなっています。支払いの案内や、退院後の初回通院日といった患者さんへの連絡はもちろんですが、退院当日に予定外の処置が施されたりすると、入院会計係にすぐ連絡をしなければならなかったりするので、非常に慌ただしいです。午前中はこの業務が大半を占めます。

 

●入院患者さんのカルテ整理や器材準備

 午前午後問わず、空いた時間で準備をしておきます。他の業務に夢中になっていたせいで準備が遅れると、その分診察も遅れてしまいますので、段取り良く行わなければなりません。

 

〈昼休み〉

 外来では診療時間が午前・午後に分かれているので、その合間に昼食をとります。ですが、病棟ではそういった訳にはいきません。大体は、退院患者さんの処理が全て終了したら昼休みになりますので、時間は不規則です。その日の退院患者さんが多ければ、昼過ぎということもあります。

 

〈午後〉

●予定入院患者さんの手続き

 午後になると、入院予定の患者さんが来院してきます。病室まで案内し、入院中の注意事項や過ごし方について説明します。

 

●翌日の業務の確認

 入院患者さんが翌朝、検尿の予定があれば採尿カップを病室に用意したり、検査や処置があればカルテを出しておいたり、前日のうちに予定されているスケジュールについて必要なものがあれば準備をします。また、翌日入院してくる患者さんを迎えられるよう、病室のベッドメイキングやネームタグ作成といった、看護助手のような業務もこなします。

 

 病棟クラークは基本的にはナースステーションで一日を過ごしますが、入院患者さんの書類やカルテを他部署へ運んだり、検査室へ案内したり、事務職とは言えどずっとデスクに座っていることはありません。また、作業の合間にしなければならない仕事も多いので、いかに効率よく業務を遂行するかが大切です。

 

病棟クラークの勤務時間と1日の流れに関するまとめ

  • 病院の診療時間に合わせて勤務時間が設定されているが、予定外の事態による事務処理の変更などは頻繁に発生する。
  • 午前中は退院患者さんの手続きに関する業務がメイン。午後は予定入院患者さんの手続きや翌日の準備などを行う。

本記事は2018/01/30の情報で、内容は病棟クラークとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する