スタイリストになるには?

職業:スタイリスト

6views

 

スタイリストになるには

スタイリストへの近道

 スタイリストへの一番の近道は有名スタイリストのアシスタントになることです。

 

 現場にアシスタントとして入り、仕事を覚え、クライアントにも顔を覚えてもらいながら業務をこなしていきます。そして、ある程度の力がついてきたら、スタイリストとして現場を任せてくれるようになります。

 

 現場をこなしていき、自分に力をつけていけば、やがて独立の道が開かれていきます。

 

事務所所属のスタイリスト

 有名スタイリストのアシスタントが一番の近道ではあるのですが、狭き門というのが実情です。有名スタイリストのアシスタントだけではなく、事務所所属のアシスタントになるという道もあります。

 

 事務所であればスタイリストも多くいますし、アシスタントだけの現場を外注で頼まれるケースもあります。事務所の中で、切磋琢磨しながらアシスタントとして頑張っていけば、やがて一人前のスタイリストとして仕事を任されるようになっていきます。

 

 

スタイリストの適正

 

スタイリストに向いている人

 スタイリストは様々な人と接していく仕事です。 演者であるモデルをはじめ、ヘアメイク、カメラマン、ディレクター、プレス、クライアント企業といったように、常に様々な立場の人との関わりがあります。

 

 また、CMや広告など単発の仕事も多いので、いつも同じメンバーというのも少ない傾向にあります。 そのため、誰とでも打ち解けられるコミュニケーション能力は必須となってきます。

 

 スタイリストはコミュニケーション能力があり、現場を円滑に回していけるという人に向いています。

 

スタイリストに向いてない人

 スタイリストは多くの人と関わり、外に発信していく立場ですので、人と接することが好きじゃないという内向的な性格の人には難しい職業です。仕事を円滑に進めるために、コミュニケーションをとったり、雑談をしたりするのも必要な仕事です。ですので、人と話すことが苦手と感じる人には、当然大きなストレスがかかってきます。

 

 また、衣装を決める際も、自分発信で提案していかなければなりませんので、決められたことをやる方が性に合うという受動的な人はあまり向いていません。

 

スタイリストは柔軟さも必要

 撮影現場というのは生き物のようで、突然色々なことが変わったりします。トラブルだったり、天候だったりと、中々思い通りに進まないことも当然あります。

 

 そういった様々な場面に対応できる柔軟さも求められます。 決まりごとに固執していては仕事が進みませんので、どんな状況になろうと臨機応変に対応できる頭の柔らかさは必要です。

 

スタイリストを目指せる学校

 

服飾系の専門学校

 学生時代からスタイリストになりたいと思うのであれば、服飾系の専門学校に行くのが近道です。 有名な服飾系の専門学校のスタイリスト科に行けば、ある程度の基礎は学べます。

 

 既製服だけで、スタイリングをしたいのであればスタイリスト科でいいのですが、作り衣装をやってみたいのであれば、デザイン科がおすすめです。 デザインもスタイリングも両方出来れば、スタイリストになってからも仕事の幅が広がります。

 

服飾系の大学

 専門学校以外でしたら、服飾系の大学もおすすめです。 様々な角度から洋服について勉強が出来ますし、デザインや縫製、パターンなど洋服について学ぶことができます。

 

 さらに、大卒という肩書もつきます。 ただ、スタイリストになってからは全くと言って良いほど、学歴は関係しませんので、自分に行きたい学校に行くことが一番です。

 

美術系の学校

 美術系の学校もデザインであったり、色彩のことなどを学ぶことができます。 在学中に、色彩の勉強をして、色彩検定を受けるということも可能です。 デザインやカラーの基本が出来ていれば、スタイリストになった時に大いに役立ちますし、空間の事なども勉強しておけば、プロップの仕事が来たときにも対応できます。

 

 スタイリストでも洋服だけでなく、空間をスタイリング出来るようになれば、仕事の幅も広がります。 プロップの仕事をしてみたかったり、空間を作るスタイリングの仕事がしてみたければ、美術系の学校をおすすめします。

 

スタイリストになるには?のまとめ

  • スタイリストへの一番の近道は有名スタイリストのアシスタントになること。
  • スタイリストはコミュニケーション能力があり、現場を円滑に回していける人が向いている。
  • 学生時代からスタイリストになりたいと思うのであれば、服飾系の専門学校に行くのが近道。

本記事は2018/01/22の情報で、内容はスタイリストとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する