スタイリストの仕事内容

職業:スタイリスト

1views

 

スタイリストの仕事内容

打ち合わせとリース

 まずは、クライアントが求めるファッションスタイリングの方向性について打ち合わせをします。

 

 スタイリングの方向性はその媒体などによって様々なニーズがあります。 テレビに出る芸能人のスタイリングであれば、その方の好み、目指したい雰囲気、出演するテレビ番組の雰囲気など多角的な視点で打ち合わせをしてその方に最適なスタイルを提案します。

 

 他にはCM広告などの場合はクライアントの企業がイメージするモデル像があり、制作会社のディレクターとスタイリストでそのクライアントのイメージするモデル像について打ち合わせをします。

 

 そして、大まかなラインが決まったら次はリースです。リースというのはリースショップにお金を払って衣装を借りる場合と、ファッションブランドのプレスに行きブランド名を出すことで無料で借りられるパターンとあります。 後は買取など、一般の洋服のお店からプロパーで購入する方法です。

 

 まずは打ち合わせしたイメージに近い洋服を何点か写真に撮って制作会社のディレクターとクライアントの了承をもらいます。そしてオッケーが出たら衣装の確保です。衣装を全て用意出来たら後は撮影日を待つのみです。

 

撮影当日は大荷物!何もかもサポートするのがスタイリストの仕事

 撮影当日はその媒体にもよりますが、スタイリストはかなりの荷物量になります。車を所有して異動するスタイリストも多いですし、車が無い場合はタクシーなどで現場に行きます。

 

 現場に着いたらまずは衣装のアイロンがけから始まります、そして綺麗な状態の衣装を最終確認としてディレクターやクライアントから確認をもらいます。確認後には着替えに入り、モデルさんと2人になり着せ付けをしていきます。

 

 スタイリストは洋服の仕事だけしていればいいというものではありません。 現場によっては暑い時もありそのような時は扇子で演者を仰いだりジュースを進めたりするので、扇子やストローはスタイリストの必需品になります。 そして、撮影が進んでいる時は脇に構えていて、洋服の乱れがあれば入って直します。 演者にストールをかけたり、寒ければカイロを貼ったりするのもスタイリストの仕事です。

 

撮影終了したら返却、そして精算

 撮影が終了したら、後は衣装の返却になります、リースショップで借りている場合は衣装を返して精算をして領収書を貰います。 その領収書と請求書を制作会社に送って仕事は完結します。

 

スタイリストと他職種との関係

 

スタイリストが関わる人達って?

 スタイリストという仕事の中では様々なスタッフと関わりますが、やはり一番、関わる相手というのはモデルやタレントやアーティストなどの演者になります。 コーディネートを組むだけではなく、演者の着替えも手伝いますし、様々な事でフォローをします。

 

 例えば乾燥の強いスタジオであれば、演者の飲み物にも気をつかい、いつでも飲み物を出せるようにストローなども携帯しています。 寒い現場であれば、ガウンを着せてあげたり、カイロを貼ってあげたり、演者が最高の状態でパフォーマンスが出来るように、常に気を遣います。 反対に暑い現場であれば、扇子で演者を仰いだりと付き人のような動きをするのもスタイリストの仕事です。

 

 このように演者に一番良い状態で撮影に臨んでもらえるように、演者とのコミュニケーションなどはとても大切になってきます。

 

ヘアーメイク

 スタイリストとセットと考えられているのがヘアーメイクです。 楽屋も演者、スタイリスト、ヘアーメイクは同じ楽屋になりますので、ヘアーメイクとのコミュニケーションも重要になってきます。

 

 その日の衣装などを見て、ヘアーメイクもその日の化粧や髪型を決めたりします。 演者に対しても、スタイリストとヘアーメイクで2人係で様々なフォローをしていきます。 ですので、ヘアーメイクとのコミュニケーションもとても大切になっていきます。

 

ディレクター

 ディレクターとは全ての撮影においての総監督のような立ち位置の仕事です。 どんなにスタイリストがこのコーディネートがいいと言っても、ディレクターが違うと言えば、違う衣装になります。

 

 ディレクターは総合的な演出をする立場ですので、打ち合わせの段階でそのディレクターが意図するイメージ像を上手くくみ取り、そのイメージに合った洋服を選び形にしていく事が重要になってきます。

 

 その為にも、ディレクターとイメージを共有していくことは、洋服を選ぶときにも迷いが無くなっていきます。 そして、ディレクターから上手くイメージをくみ取れるスタイリストだと思われると、また次の仕事の発注にも繋がりますので、関係を良くしておくことが重要です。

 

スタイリストの魅力とやりがい

 

スタイリングには本人の全てが現れる

 スタイリングをするという事は、そのスタイリストのセンスや考え方、様々な姿勢のようなものが現れます。

 

 どんなスタイルを作ったかという事や結果が誰から見ても分かることですので誤魔化しはききません。 ですので、作ったスタイルで判断もされますし、スタイリストが手掛けたスタイリングがCMや広告などが世間で発表されたときには、すごくやりがいを感じますし、評価もされます。

 

 評価されるというのは、良い評価の時もあれば悪い評価の時もあります。 でも、そこでそういう評価のフィードバックがあれば、今後の仕事にもっと生かそうというプラス思考でも捉えられることなので、大きなやりがいも感じます。 何もない所から、発想とセンスでクリエイトしていける仕事ですので、やり切った後には何とも言えない達成感もあります。

 

人気スタイリストになれば道は広がる

 人気スタイリストになれば、撮影現場の仕事だけではなくて、様々な形で仕事が広がっていきます。

 

 アパレルブランドとコラボレーションをして洋服のデザインを手掛けることもありますし、ライティングが出来ればファッション記事を書く仕事も出来ます。 他にもそのセンスを生かしてアパレル企業のバイヤーとして活躍したりも出来ますし、ファッションを教えるセミナー講師にもなれます。

 

 このように、実力次第で様々なファッションにまつわる仕事に就けるので、大きなやりがいを感じられる魅力的な仕事です。

 

業界との繋がり

 芸能人の方の専属スタイリストになったり、制作会社と仕事をしたり、ファッションブランドと懇意になったりと華やかな世界に縁が出来ます。 そういう風になっていく事で、普通には接することの出来ない世界の方々との交流もこの仕事の魅力の1つでもあります。

 

 ファッションブランドのデザイナーと仲良くなり、展示会にはいつもお呼ばれするというのも楽しい交流なのです。

 

スタイリストの仕事内容のまとめ

  • 何もかもサポートするのがスタイリストの仕事。
  • スタイリストが仕事の上で特に関わるのは、演者、ヘアーメイク、ディレクター。コミュニケーションがとても大切になってくる。
  • スタイリストは、スタイリングが世に出た時や評価されたときにやりがいや達成感を感じる。そして、実力次第でさまざまなファッションに纏わる仕事をすることも可能。

本記事は2018/01/21の情報で、内容はスタイリストとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する