トリマーの独立・開業・フリーランス

職業:トリマー

374views

 

トリマーは独立・開業・フリー転身は可能?

 トリマーとして働いている人の中には、「いつか独立したい」「開業して自分の店を持ちたい」「フリーランスで稼ぎたい」と思っている方も多いです。実際に独立している人も開業している人もフリーランスで活躍している人もいます。

 

 今後、ペットは今よりもさらに多くの家庭で家族の一員として暮らすことになると予測できます。そのため、ペット関連の事業はさらに拡大していくはずです。人間の美容室や理容室がとても多いように、ペットサロンも今後は増加することが予測できます。

 

 そうなった場合、現在のようにチェーンが経営する店から個人が経営するまで増えていくと予測できるのです。そうなれば、より独立・開業・フリーランスの可能性は広がりを見せていきます。そこを上手にチャンスに変えていけるかどうかが分かれ目となります。

 

必要な準備を済ませておくこと

 トリマーとして独立したいと思っていても、そう簡単にはいきません。開業する場合もフリーランスで働こうと思っている場合もそうです。まずは必要な準備を済ませていくことが必要となります。

 

 例えば、技術やスキル、知識などはあらかじめ培うことができるものです。トリマーとして働いている間に、そういうものを身に付けましょう。テクニックも何もない美容師や理容師のところには、誰も行きません。それと同じで、独立・開業・フリーランスとなる場合は、信用を獲得して利用してもらうことが必要です。そのためには、自分のトリマーとしての成長が何よりも欠かせません。

 

 さらに、費用が必要となります。おおよそサロンを開業する費用としては、500万円以上は目安として必要です。店舗を根本から作っていくとなると、さらに費用がかかります。ただ、安いテナントを見つけてやるという場合は費用も抑えられるはずです。そういう準備から経営までのノウハウも熟知しておくことが必要となります。初期費用がない場合はいきなり開業ではなくフリーランスでスタートするなどの選択が必要です。

 

競争率は今後さらに高くなる

 今後、ペットの増加に伴い、トリマーとしてフリーランスで働く人が多くなり、さらに独立や開業する人も増えていくと予測できます。すでにその傾向が強くなってきていますし、そうなると、競争率は激化していくのも予測できるはずです。

 

 もし、今後独立や開業、フリーランスの道を考えている方は、早めに行動しておくことが先手となります。先手必勝とは言いませんが、何事も早く準備しておくというのは、個人で稼ぐための戦術となるのです。競争がさらに激化する前に、準備を進めていく必要があります。

 

転職サイトランキング【2021年度最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

本記事は2017/12/06の情報で、内容はトリマーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する