リフレクソロジストの開業・独立

職業:リフレクソロジスト

14views

pixta_5234848_M

 

自分のサロンを持つ

 多くのリフレクソロジストがいずれは自分のお店を持ちたいと考えているものです。そのためには、リフレクソロジストとしての経験はもちろんですが、経営力も必要です。どのような人をお客様のターゲットにするのか、コース・価格設定、お店の場所などを見極めなければ、いくら人気のリフレクソロジストでも独立してからも人気リフレクソロジストにはなれません。

 

 自分の得意なお客様層を把握したり、独立してからもお客様になってもらえそうな人を見つけておくのも一つの手です。それでも新しいお客様も取り込まなくてはならないので、チラシをまいたり、ホームページを作ったり、来ていただいたお客様からの口コミでお店を広めてもらうなどの工夫が必要です。

 

 開業して軌道に乗るまではとても大変ですが、お客様が定着すると、雇われていたころよりも何倍も稼ぐことも可能となります。

 

独立しての働き方も多様化している

 独立というと不動産を借りて設備を整えて・・・と考えがちですが、自分のサロンで施術するだけでなく、出張することも働き方の一つとして増えています。

 

 出張先は、お客様個人の自宅であったり、企業や高齢者施設へ行ったりとあります。産婦人科で出産を控えた妊婦を対象に施術することもありますし、結婚式場では式を控えた新婦への施術などもあります。

 

 自分で営業をかけて、リフレクソロジーの良さを広めることで、出張先はどこまででも広がります。やる気次第でどんどんお客様が増やすことができるのが最大の魅力です。

 

独立で苦労すること

 独立することでメリットも多いですが、やはりデメリットや苦労も多く、まずぶつかるのは初期費用を準備することです。自分のサロンを持つのであれば、物件の費用(自宅を兼サロンにするとだいぶ違います)ベッドやリクライニングチェア、リネン、広告費などを揃える必要があります。

 

 お得意様を作ることに苦労する人も多いです。継続して安定した収入を考えるなら、お得意様、新しいお客様どちらも継続して増えるように常に営業をかけていかなければいけませんし、マンネリしないような新しい企画も必要です。このあたりで挫折してしまう人もいます。

 

 新しいことを始めるのが好きな人、リフレクソロジーだけでなく経営も楽しんでできる人が成功できる人でしょう。

 

本記事は2017/10/19の情報で、内容はリフレクソロジストとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する