リフレクソロジストの1日の流れ

職業:リフレクソロジスト

4views

pixta_9629178_M

 

連絡事項の確認は必須

 まずは出勤してきたら、店内の掃除をしてから、その日一日の予約状況や、前日までの出来事、連絡、情報などを確認します。一日を通して予約の多い日なのか、なにかイベントやキャンペーンを行っているのか、スタッフ同士での情報共有などを確認することで、その日一日をとおして無駄のない動きをとることができます。

 

 リフレクソロジストはお客様に施術をおこなっているときはゆったりとした時間の使い方をしていますが、その合間の隙間時間には意外とやることが多いものです。使用したタオルを破棄して次のタオルの準備をしたり手を洗ったり、お茶の準備をしたりなど、細かくやることが多いので、できることは時間に余裕のある時に済ませておいたり、手の空いているスタッフ同士で連携して助け合って仕事をしているので、事前の情報共有はとても大切です。

 

仕事前のボディーケア

 リフレクソロジストは体が資本です。特にお客様に直接触れる手指は、日ごろから手入れしておく必要があります。爪は短く丸く削って、お客様に当たっても不快に感じないように気遣う必要があります。そして、手先は常に温かく保つようにすることも必要です。指先を直接温めたり、ストレッチをして体全体を温めるようにするなどです。

 

 また、ストレッチで肩や腕の筋肉をほぐしておくことで、その日一日多くのお客様の施術を担当してもリフレクソロジストの体が疲れにくくなります。仕事前のボディーケアは、リフレクソロジストとお客を守るために必ず行わなければならないことです。

 

仕事後のボディーケア

 一日の勤務が終わってからのボディーケアをするかしないかで、体の回復に大きく関わってきます。特にリフレクソロジストになったばかりの頃は手も体も慣れていないので、腱鞘炎になったり指先が圧迫痛になったりしやすいです。アイシングで冷やしたり、ストレッチでほぐすことで回復が早まります。お風呂にゆっくりつかることも効果があります。

 

 ケアをしっかりしないと、忙しい時期には休むこともできず腱鞘炎などが悪化して、最悪の場合は退職をせざるを得なくなることもあります。ベテランリフレクソロジストは体を痛めることはあまりありませんが、そういう人こそ仕事後のケアは欠かさずにおこなっています。

 

本記事は2017/10/19の情報で、内容はリフレクソロジストとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する